ナギナタコウジュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ナギナタコウジュ
Elsholtzia ciliata 070924b.JPG
ナギナタコウジュ
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: シソ目 Lamiales
: シソ科 Lamiaceae
: ナギナタコウジュ属 Elsholtzia
: ナギナタコウジュ E. ciliata[1][2]
学名
Elsholtzia ciliata (Thunb.) Hyl.[1][2]
シノニム

Elsholtzia cristata Willd.[3]

和名
ナギナタコウジュ

ナギナタコウジュ(薙刀香薷、学名:Elsholtzia ciliata [1][2])は、シソ科ナギナタコウジュ属に分類される一年生草本の植物。

日本では北海道から九州、またアジアの温帯に分布し、山麓、原野などの山の道端に生える[2][4][5]。全体に強い香気(臭気)がある[2][6][5]

形態[編集]

は四角形の断面で軟毛があり、分枝が多く高さ 30 - 60センチメートル (cm) になる[2][4]対生し、葉柄は 0.5 - 2 cm で、葉身は卵形から狭卵形から長卵形で長さ 3 - 9 cmになり、葉縁には鋸歯がある[2][5]

開花期は秋(9 - 10月)で、枝の頂や葉腋から花穂がでて、紫色のが一方向にだけ向いて着く[2][4][5]。開花のころ、花は穂の外側に向かい、薙刀の様になる[5]は扁円形で中央が最大幅となり、その背面はほぼ無毛となっていて[2][4]、縁に短毛がある[2]。花冠は約 5ミリメートル (mm) で淡紅紫色で毛が多い[2]。花は穂の下の方から咲き上がる[7]

利用[編集]

秋の開花期に、地上部の全草を刈り取って、風通しのよいところに吊して陰干ししたものは生薬になり、香薷(こうじゅ)と称されている[5]。薬効は、利尿や、血行をよくして発汗を促進する作用があり、感冒をはじめ、水腫吐き気下痢脚気暑気あたりに効用がある[5]。民間では、乾燥させた全草を1日量10 - 15グラム、水500 ccで半量になるまで煎じ、3回に分けて服用する用法が知られている[5]。口臭を除去するうがい薬代わりに、煎じ液を口をゆすいでもよい[5]浴湯料としては、香薷200グラムを布袋に入れて、煮出し汁と一緒に風呂に入れる[5]

アイヌはナギナタコウジュを「セパエント」と呼び、刈り取って乾燥させたものを煮出して茶のように飲用していた[8]


脚注[編集]

  1. ^ a b c 米倉浩司・梶田忠 (2003-) YList:ナギナタコウジュ 2011年8月15日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k 『日本の野生植物』 (1999)、p.84
  3. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-) YList:ナギナタコウジュ synonym 2011年8月15日閲覧。
  4. ^ a b c d 「植物雑学事典」 ナギナタコウジュ 2011年8月15日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i j 馬場篤 1996, p. 80.
  6. ^ 「植物雑学事典」 ナギナタコウジュ 葉 2011年8月15日閲覧。
  7. ^ 馬場篤 1995, p. 80.
  8. ^ アイヌ民族の有用植物 2011年2月26日閲覧。

参考文献[編集]

  • 佐竹義輔大井次三郎北村四郎 他『日本の野生植物 草本III合弁花』平凡社、1999年。ISBN 4-582-53503-8
  • 馬場篤『薬草500種-栽培から効用まで』大貫茂(写真)、誠文堂新光社、1996年9月27日、80頁。ISBN 4-416-49618-4

外部リンク[編集]