アジョワン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Trachyspermum ammi
Carom Flowers.jpg
Trachyspermum ammiの花
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 core eudicots
階級なし : キク類 asterids
階級なし : キキョウ類 campanulids
: セリ目 Apiales
: セリ科 Apiaceae
: トゥラキュスペルムム属 Trachyspermum
: T. ammi
学名
Trachyspermum ammi
(L.) Sprague ex Turrill
シノニム

[1][2]

  • Ammi copticum L.
  • Carum copticum (L.) Link
  • Trachyspermum copticum Link
  • Sison ammi L.
英名
Ajowan caraway、bishop's weed[3]、carom

アジョワン(Ajwain、ajowan[4])またはTrachyspermum ammiは、セリ科一年生草本である。種子のような果実の両方が人間によって摂取される。英語の俗称「bishop's weed英語版(司祭の草)」は他の植物も指す。「種子」(すなわち果実)はラベージの「種子」としばしば混同される[5]

記載[編集]

アジョワンの果実(分離果

アジョワンの小さく、卵形で、種子のような果実は薄茶色の分離果で、キャラウェイクミン、およびウイキョウといったセリ科のその他の植物の種子と似ている。苦味と刺激的な味を持ち、風味はアニスおよびオレガノと似ている。チモールを含むため、匂いはタイムとほぼ同じであるが、より香り高く、味はよりはっきりとしている。少数の果実でさえも料理の風味を支配しがちである[5]

栽培と生産[編集]

アジョワンは主にイランインドで栽培される[5]。インドのラージャスターン州が2006年のインドの総生産量のおよそ55%を生産した[6]

料理への利用[編集]

果実は生で食べられることはほとんどない。一般的には焙煎されるか、ギーで揚げられる。これによって、よりはっきりとして複雑な芳香が生まれる。インド料理では、Chaunk英語版(油またはバターで揚げた香辛料の混合物)の一部であり、これはレンズマメ料理の風味付けに付かわれる。インド料理やパキスタン料理のような南アジア料理で広く使われ、現地で実践される植物療法のための重要な素材である。アフガニスタンでは、果実はパンやビスケットの上に散らされる[7]

「インドボリジ」と呼ばれることもあるPlectranthus amboinicus英語版の葉は、時折「アジャワンリーフ」と呼ばれ、植物自身もアジャワンと呼ばれることがある。

伝統医学における利用[編集]

アジャワンはアーユルヴェーダにおいて、主に消化不良英語版腹部膨満英語版疲労腹痛鼓腸[5]下痢疝痛[8]といった腹部の症状と、呼吸困難および食欲不振英語版[9]にも使われる。シッダ医学では、粉砕した果実が湿布として使われる[10]

精油[編集]

アジャワン果実の水蒸気蒸留によって主にチモール、γ-テルピネンp-シメン、およびその他20種類の痕跡量の化合物(主にテルペノイド)からなる精油が得られる[11]

出典[編集]

  1. ^ "Trachyspermum ammi". Germplasm Resources Information Network (GRIN). Agricultural Research Service (ARS), United States Department of Agriculture (USDA). Retrieved 11 December 2017.
  2. ^ ITIS entry for Trachyspermum ammi
  3. ^ Bishop's Weed”. SPICES BOARD INDIA. 2015年8月14日閲覧。
  4. ^ ajowan - Definition of ajowan in English by Oxford Dictionaries”. Oxford Dictionaries - English. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  5. ^ a b c d Aliza Green (January 2006). Field Guide to Herbs & Spices: How to Identify, Select, and Use Virtually Every Seasoning at the Market. Quirk Books. pp. 116–117. ISBN 978-1-59474-082-4. https://books.google.com/books?id=oGaF5FZ-sMMC&pg=PA116+. 
  6. ^ Rajasthan Gov, Commissionerate of Agriculture.
  7. ^ Alan Davidson (2014). The Oxford Companion to Food. Oxford University Press. pp. 9–. ISBN 978-0-19-967733-7. https://books.google.com/books?id=RL6LAwAAQBAJ&pg=PA9. 
  8. ^ 1929-, Duke, James A. (2002). Handbook of medicinal herbs. Duke, James A., 1929- (2nd ed.). Boca Raton, FL: CRC Press. ISBN 978-0849312847. OCLC 48876592. 
  9. ^ Template:Cite journal pmid = 25089273
  10. ^ Bairwa, Ranjan; Rajawat, BS; Sodha, RS (2012). “Trachyspermum ammi”. Pharmacognosy Reviews 6 (11): 56–60. doi:10.4103/0973-7847.95871. PMC: 3358968. PMID 22654405. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3358968/. 
  11. ^ Singh, Gurdip; Maurya, Sumitra; Catalan, C.; de Lampasona, M. P. (June 2004). “Chemical Constituents, Antifungal and Antioxidative Effects of Ajwain Essential Oil and Its Acetone Extract”. Journal of Agricultural and Food Chemistry 52 (11): 3292–3296. doi:10.1021/jf035211c. PMID 15161185. 

外部リンク[編集]

  • Ajwain from The Encyclopedia of Spices