ウイキョウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
フェンネルから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
ウイキョウ(フェンネル)
Illustration Foeniculum vulgare1.jpg
フェンネル
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 core eudicots
階級なし : キク類 asterids
階級なし : キキョウ類 campanulids
: セリ目 Apiales
: セリ科 Apiaceae
: ウイキョウ属 Foeniculum [1][2]
: ウイキョウ F. vulgare [3]
学名
Foeniculum vulgare Mill. (1768) [3][4]
和名
ウイキョウ
英名
Fennel[4]

ウイキョウ茴香学名: Foeniculum vulgare)は、セリ科ウイキョウ属に分類される、多年生草本植物である。ウイキョウ属唯一の種で、英語名からフェンネルともよばれている[5]。伝統的なハーブの一つとしても知られ、甘みのある香りと樟脳のような風味があり、古くから香辛料薬草などとして用いられ、栽培も行われてきた。

名称[編集]

中国植物名は茴香(ういきょう、ハイシヤン[6]、ホエイシャン[7])と書き[8]、その由来は、腐った魚に使うと香りが回復するから名づけられたといわれる[7]。和名ウイキョウ(茴香)の語源は、日本に伝わったときに「茴」を唐音で「ウイ」、「香」を漢音で「キョウ」と読んで名付けられたのだとする説が存在する[6]。別名として、ダイウイキョウ(大茴香)と呼ぶ場合のあるスターアニスに対して、ショウウイキョウ(小茴香)と呼ぶ場合もある[8][9][10]

また、英語名のフェンネル(Fennel)の名でも知られ[6][8]フェネルとも読まれる[7]フランス名からフヌイユ(fenouil)、イタリア名でフィノッキオ(Finocchio)とも呼ばれる[10]

属名 Foeniculum は、「小さな干し草」を意味するラテン語に由来し、中世ヨーロッパでは fanculum と呼ばれ、その後に FenkelFinule の名で広まっていった[5]種小名vulgare は、ラテン語で「普通の」という意味である。古代ギリシャ名ではマラトン(mararthon[注釈 1]と呼ばれており、「細くなる」という意味の maraion に由来する[11]

分布・産地[編集]

ヨーロッパ原産[8][12]、もしくは、地中海沿岸が原産とされる[6][10]インドアジアオーストラリア南北アメリカの各大陸に広く分布し、北米では野生化している[5]。セリ科の植物としては珍しく、海岸近くや川の土手の乾いた土壌でよく生育する[5]

古代エジプト古代ローマでも栽培されていた記録が残っており、ヒトが特に古くから栽培してきた植物の1つとされる。現在は世界各地で栽培されており、現代における主産地はエジプトだけではなく、シリアインドイギリスドイツイタリアフランスハンガリーレバノンブルガリア北アメリカ中国なども挙げられる[7]。日本には平安時代に中国から渡来した。なお、21世紀初頭の日本における主産地は長野県鳥取県である[12]

形態・生態[編集]

外見はイノンド(ディル)に非常によく似ているが[7]、ウイキョウは耐寒性の多年草である[6][12][13]。草丈は1 メートル (m) から2 m程度に達し[12][14]、左右には45センチメートル (cm) ほど広がる[13]は密生して全体が枝分かれし、中空で成長すると筋が立つようになる[13]は次第に分かれて糸状に細くなった羽状で、全草が鮮やかな黄緑色をしている[6][5]葉柄の根元部分は鞘状になっている[6]

花期は夏(7 - 8月)で[12]、頭花は茎頂に小花柄とよばれる単一茎から伸びる、20 - 50の黄色い小花からなる散形花序を形成し、傘形に多数咲かせる[6][11]。花にはかすかに、アニスのような芳香がある[13]

秋には7 - 10ミリメートル (mm) 程度の長楕円形をした麦粒状の緑がかった茶褐色の果実をつける[6][10]。くっきりした筋がついているところに特徴があり、表面が平らなものや膨らんだものがある[10]

歴史[編集]

健康全書』中のフェンネル(14世紀ごろ)

フェンネルは人類史において、数千年ほど前のもっとも古い時代から栽培されているハーブの一つである[13][10]。原産地の地中海沿岸では、古代ギリシア人が利用し、人々は空腹を抑えるためにフェンネルを食べた[13]古代ローマ人は野菜として食べ、ローマ軍の遠征によってヨーロッパ全土へと広まっていった[5]。胃腸の働きを整え、視力をよくする力があるとされ、古代ローマの戦士たちにも携帯されていたといわれる[10]。その種子と芽については、961年のスペインの農耕記録にも残されており、1066年ノルマン征服以前のアングロサクソンの料理法と薬用法について言及がなされている[5]。ローマのパン職人は、パンに風味を加えるために、パン生地の下にフェンネルの葉を置いてパンを焼いた[11]

中世ヨーロッパでは、村人が夏至祭の前夜に、災いや魔物から家を守る目的で、他のハーブと一緒に戸口に吊るしていたり[11]、虫を追い払うためにも用いられた[13]ピューリタン(清教徒)は「礼拝の種」と呼んで、長い礼拝の合間によくフェンネルの種子を噛んでおり、カトリック教徒も断食日の間の空腹を紛らわすために種子を食べた[11]。1657年、植物学者のウィリアム・コールズが、著書 “Adam in Eden, or Nature's Paradaise”の中で、フェンネルでつくったジュースやスープを肥満患者に食事で与えると、その患者はやせて細くなると言及している[11]。 19世紀のアメリカの詩人ロングフェローは、「低い草木の上に塔のようにそびえる黄色い花をつけたフェンネル」と歌っている[5]

栽培[編集]

ドイツのフェンネル畑

栽培は、種まきか株分けによって繁殖する。株分けによるものは収穫が多いが、株の劣化が早いという欠点があることから、一般には種まきによる方法が行われている[15]。種まきは春に行い20℃程に保つと、10日 - 14日ほどで発芽する[15][13]。夜間の気温が5℃を下回らなくなったら、新しく耕した場所に直播すると、14日 - 20日ほどで発芽する[13]。土壌は、温かい日なたで、水はけのよい肥沃な土地がよく、土の栄養分が不足して乾燥した状態で育てていると、苦くなる[13]。また、鉢植えにしても水はけのよい赤玉土などにすればよく育つ[13]

葉を目的に収穫する場合は花が咲く前に行い、花が咲きはじめたら花を摘み取るようにする[13]}。

果実を収穫する場合は、8 - 10月の果実期に、果実の表面が緑色から黄色に変わって縦縞の線が現れてきた果穂から、順次切り取って収穫する[15]。収穫後の果穂は天日でよく乾燥させてから脱穀して、種子だけを採取する[15]。フェンネルシーズは、手で揉むなど脱穀して採取した果実である[8]。1年目の収穫量は少ないが、2年目以降は増えて3 - 5年目が収穫量の最盛期になる[15]。種子を収穫したら、株を刈り込んでやると、新しい葉が出るようになる[13]。良い香りを持続させるためには、3 - 4年に一度は移植すると良いといわれている[13]。病害として、フェンネルはべと病にかかりやすく、悪くすると腐ってしまうため、しめじめした気候から守るために、植物体の周囲に肥料を施したらマルチングが行われる場合もある[13]

ウイキョウ(フェンネル)は、近縁のイノンド(ディル)と交雑しやすいため、雑種化すると質が劣化して香味が薄くなってしまうので、互いに近くに植えないように管理に注意を要する[15]。また、コリアンダー(コエンドロ)を近くに植えていると、ウイキョウの香りが悪くなってしまう[13]

利用[編集]

主に種子をスパイスとして利用するが、ヨーロッパでは生の茎葉も料理に利用する[7]。若い葉および果実は、甘い香りと苦みが特徴で消化促進・消臭に効果を有し、香辛料香料として、食用、薬用、化粧品用などに古くから用いられてきた。粉砕した果実を水蒸気蒸留して精油を採取する。収率は4パーセントから7パーセント程度とされる。

種子を乾燥した状態では、アニスやスターアニス(トウシキミ)に似た甘い香り、若干の苦み、樟脳のような香味が有る[7]ディルシードとよく似ている香りであるが、より甘く繊細な香りを有する[7]。芳香の主成分はアネトールtrans-anethole、C6H4(OCH3)C3H5)が精油の50 - 60%を占め、フェンコンの含有量によって芳香感が大きく左右され、フェンコンが多いと甘みが弱くなって苦味が強くなる[7]

食用[編集]

ウイキョウ, 鱗茎, (生)
100 gあたりの栄養価
エネルギー 130 kJ (31 kcal)
7.29 g
食物繊維 3.1 g
0.20 g
1.24 g
ビタミン
チアミン (B1)
(1%)
0.01 mg
リボフラビン (B2)
(3%)
0.032 mg
ナイアシン (B3)
(4%)
0.64 mg
パントテン酸 (B5)
(5%)
0.232 mg
ビタミンB6
(4%)
0.047 mg
葉酸 (B9)
(7%)
27 µg
ビタミンC
(14%)
12 mg
ミネラル
カリウム
(9%)
414 mg
カルシウム
(5%)
49 mg
マグネシウム
(5%)
17 mg
リン
(7%)
50 mg
鉄分
(6%)
0.73 mg
亜鉛
(2%)
0.20 mg
マンガン
(9%)
0.191 mg
%はアメリカ合衆国における
成人栄養摂取目標 (RDIの割合。
出典: USDA栄養データベース(英語)

食用に使える部位は幅広く、葉・茎・鱗茎・種子のように見える果実に至るまで食用になる[5]

スープシチュー肉料理などの香辛料として使用するフェンネル・シーズ(fennel seeds)は、種子のように見えるものの、正確には果実である[8]。魚料理との相性が良く、魚の臭い消しと脂っこさを感じさせない効果から、「魚のハーブ」「フィッシュハーブ」の異名がある[15][10]イタリア料理の代表的な食材の一つとして知られ[5]、西洋では魚料理で広く使われるほか、ピクルスの風味付けに用いられ、インドではカレー料理に、中国では五香粉の原料の1つとして用いられる。またアブサンの主要な三成分の一つであり[5]パスティス[16]アクアビットなどの酒類・リキュール類の香り付けにも用いられる。

葉・茎[編集]

生の葉はサバサケなどの魚料理でよく使われており、スープやサラダ、刻んでソースに入れたり、そのまま飾りつけに使われる[15][5]。若葉はオリーブ油やビネガーに漬け込んで、調味料として使われる[15]。イタリアの料理人は、茎をスープやサラダに入れる[5]沖縄料理においては、整腸作用のある島野菜として珍重されていた。魚汁やまーす煮などの魚料理の臭い消しとして用いられ、時にヒラヤーチーなどの薬味としても用いられた。

鱗茎(葉柄基部が肥大した部分)はフィノッキオ (finocchio) とも呼ばれ、パリッとした食感があり、主に野菜として煮込んだり、蒸したり、炒めたり、焼いたり、あるいは生のまま出され、玉ねぎのようにサラダ煮物、炒め物、スープなどに用いられる[15][5]。茎・葉は生食されるが、その他にも佃煮、シチューなど肉料理の香味野菜として使用される。

果実[編集]

フェンネル・シーズ

果実(フェンネル・シーズ)はアニスに似た爽やかな風味を持つ甘い芳香があり、菓子に向いている[15]。そのまま粒状のものは「ホールシード」ともよばれ、使用上必要に応じて粉砕し粉末にしたものは「ファンネルシードパウダー」とよばれている[10]ケーキペストリーなどの菓子のほか、パン、スープ、シチューピクルス魚料理ザワークラウトなどの香味付けに用いられ[5]、特にアップルパイビスケットキャンディーによく合う[15]。イタリアでは、種子をソーセージの風味づけに使う[5]。砕いた果実は、中国の五香粉の重要な構成要素の一つでもある[15][5]。インドの郷土料理や、パキスタンアフガニスタンイランの料理でも欠かせない[5]。インドとパキスタンでは、食後の口臭消臭剤として煎った種子を噛む習慣がある[5]。フェンネル・シーズを様々な色の砂糖でコーティングした物(ヒンディー語で「ソーンフ」。ウイキョウの意味。)が、日本のインド料理店で口直しとしてレジの横などに置かれている場合がある[10]

種子に含まれる栄養成分は、食物繊維が豊富で、ビタミンAビタミンB複合体・ビタミンCEのほか、カルシウムカリウムマンガンマグネシウムなどのミネラル類を含む[11]脂肪油を12パーセントから18パーセント程度含む[6]

ただし、種子に含まれる精油成分によって、食べ過ぎると痙攣を引き起こしたり、神経系が乱れることがあるとの指摘もされている[13]

薬用[編集]

昔から、腸内ガスによる膨満感、通風、さしこみ痛、胸焼け膀胱炎、コリック(疝痛)、けいれんなどの予防に使わてきている[11]生薬としては、ウイキョウの果実が使われる[12]。同じセリ科のイノンドと同様に、健胃、消化促進、抗酸化腸内ガスの排出(駆風)、抗膨満、去痰などの薬効が有るとされる[6][11][10]

フェンネルの芳香は女性ホルモン(エストロゲン)と同じ働きをするフィトエストロゲン(植物性エストロゲン)が豊富に含まれている[17][18]。北米更年期学会(NAMS)の研究班の調査から、女性の更年期障害のほてり(ホットフラッシュ)や不眠、不安の症状の改善に効果が出ると判明している[19][20][21]

中国薬物名として小茴香(しょうういきょう)と称する場合が有る[8]。日本列島では7月から9月にかけて果実を採取し、それを干した物が、日本で茴香(ういきょう)と称している生薬である[6]。和漢薬として用いられ、急性カタル脚気嘔吐腹痛などの症状に処方される[15]

漢方方剤の安中散(あんちゅうさん)に配合される生薬の1つとして知られ、また、太田胃散(漢方+西洋薬の処方)、口中清涼剤の仁丹などにも使われており、年間100トンが製薬原料として消費される[6]。漢方方剤では、例えば、安中散や丁香柿蒂湯に配合する[12]

民間療法では、胃痛・腹痛に果実1日量2 gから3 g程度を、400 ml程度の水で煎じて、それを1日3回に分けて、温かい状態で服用する用法が知られている[8]。食べ過ぎ、飲み過ぎ、胃もたれ、消化不良、食欲増進、痰切、膨満感などには、紅茶にウイキョウ数粒を入れて食間に飲んだり、そのまま充分に噛んで飲んでも良いとされる[22]。また、口臭を消す効果も有し、イノンドと効用がよく似る[22]。胃腸を温める作用も持つため、腹を冷やした際に起こした腹痛に良いとされるのに対して、胃に熱がある人には使用禁忌とされる[8]。種子の軽く煎じた液は、洗眼にも用いられる[13]

果実の代わりに、生葉を細かく刻み、スープの具として多めに入れた物を飲む方法も考えられ、駆風、たんきり、せき止めに役立つと考えられている[22]。また、果実を収穫した後に残された茎葉は、イノンドと同様に浴湯料として使用できる[22]

成分[編集]

フェンネルの精油には、アネトール(トランスアネトール)が多く含まれ[10]リモネンアニスアルデヒドピネンミルセンフェンコンカビコールシネオールなどの揮発性精油油化化合物が含まれていることがわかっている[11]。トランスアネトールには、去痰や鎮咳作用があるといわれている[10]

果実は、フェンコン、α-ピネンカンフェンなども含まれ[12]フリーラジカルの除去に役立つフラボノイド抗酸化物質ケンペロールケルセチンなど)も含まれている[11]。また、精油も3パーセントから8パーセント程度含まれており、精油成分は、アネトールが5割から6割を占め[6][12]、それに加えて、dl-リモネンも含まれる[12]

変種・栽培品種[編集]

フローレンスフェンネルの球根
  • フローレンスフェンネル (Foeniculum vulgare ver. dulce)
    全草が香菜として使われるイタリアの品種(変種)で、こちらは一年草である。根元は球根のように白く太っていて[10]、野菜として育てられており[13]、生け花の花材としても利用される[8]
  • ブロンズフェンネル (Foeniculum vulgare ‘Purpureum’)
    耐寒性の多年草で、草丈1.5 - 2.1 m、左右には45 cmほど広がる。夏に黄色い小花を散形花序に咲かせ、花後によい香りの種子ができる[13]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 長距離走のマラソン(英語:marathon)の語源で、ギリシャ語で “marathon” と呼ばれるフェンネルが咲き乱れていた丘の地名から名づけられている[11]

出典[編集]

  1. ^ 米倉浩司『高等植物分類表』北隆館、2010年、重版。ISBN 978-4-8326-0838-2
  2. ^ 大場秀章(編著)『植物分類表』アボック社、2010年、第2刷。ISBN 978-4-900358-61-4
  3. ^ a b 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Foeniculum vulgare Mill.” (日本語). BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2012年8月12日閲覧。
  4. ^ a b "'Foeniculum vulgare Mill.". Tropicos. Missouri Botanical Garden. 1700130. 2012年8月12日閲覧
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 日本メディカルハーブ協会監修 ハジェスキー 2016, p. 40.
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n 田中孝治 1995, p. 66.
  7. ^ a b c d e f g h i 武政三男 1997, p. 161.
  8. ^ a b c d e f g h i j 貝津好孝 1995, p. 12.
  9. ^ 日本薬学会 2004, p. 5.
  10. ^ a b c d e f g h i j k l m n 伊藤・野口監修 誠文堂新光社編 2013, p. 125.
  11. ^ a b c d e f g h i j k l 日本メディカルハーブ協会監修 ハジェスキー 2016, p. 41.
  12. ^ a b c d e f g h i j 日本薬学会 2004, p. 4.
  13. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t 吉谷監修 マクビカー 2013, p. 120.
  14. ^ 本山荻舟『飲食事典』平凡社、1958年12月25日、48頁。
  15. ^ a b c d e f g h i j k l m n 武政三男 1997, p. 162.
  16. ^ a b Société Ricard. “Ricard favorise la culture du fenouil en Provence”. 2012年8月12日閲覧。 (フランス語)
  17. ^ The Effect of Foeniculum Vulgare (Fennel) on Body Composition in Postmenopausal Women with Excess Weight: A Double-blind Randomized Placebo-controlled Trial 2017年12月29日 PMC - NCBI
  18. ^ Phytoestrogens - Oxford Journals - Oxford University Press
  19. ^ Fennel 'safe and effective' for easing menopause symptoms, study confirms 2017年5月17日 Health News - Medical News Today
  20. ^ Study confirms benefits of fennel in reducing postmenopause symptoms 2017年5月17日 sciencedaily
  21. ^ Menopause symptoms including hot flushes'can be reduced'by eating THIS plant 2017年5月17日 Express.co.uk
  22. ^ a b c d 田中孝治 1995, p. 67.

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]