パセリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
パセリ
Parsley Curled.jpg
パセリ
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 core eudicots
階級なし : キク類 asterids
階級なし : キキョウ類 campanulids
: セリ目 Apiales
: セリ科 Apiaceae
: オランダゼリ属[1] またはオランダミツバ属[2]
Petroselinum
: オランダゼリ P. crispum
学名
Petroselinum crispum (Mill.) Fuss[3]
シノニム
和名
オランダゼリ[1]
オランダミツバ[2]
英名
parsley
パセリ
パセリの露地栽培

パセリ(和蘭芹、旱芹菜、旱芹、 : parsley [ˈpɑːrsli]、学名: Petroselinum crispum)は、セリ科の1種の二年草野菜として食用にされる。和名はオランダゼリ(和蘭芹)[7]。フランス語名はペルシ (persil [pɛʁ.si])、漢名は香芹(こうきん、拼音: xiāngqín シアンチン

品種改良によって葉が縮れているものがよく使われ、カーリーパセリ (curly parsley) 、またはモスカール種とも呼ばれる。イタリアンパセリ(学名:P. neapolitanum、プレーンリーブド種とも呼ぶ)は同属別種。中国パセリ(コリアンダー、学名:Coriandrum sativum)は同科別属。

特徴[編集]

二年草[7]カール・リンネはパセリの原産地をサルディニア島と主張したが、結論は出ていない[8]

草丈は30 – 60センチメートル (cm) で、さわやかな香りを持ち、鮮やかな緑色をしている。葉は濃緑色で表面に光沢があり、2 - 3回3出複葉をつける[7]

2年目の夏から秋に、60 cmほどの花茎を伸ばし、5 cm程度のセリ科特有の複散形花序をつける[8]。花序には、径2 - 3ミリメートル (mm) ほどの黄緑色の小さなが多数つく[7]。長さ3 mmほどの小さな果実は平たい楕円形または広卵形で、一般にはパセリの種と呼ばれている[8]

歴史[編集]

南イタリアおよびアルジェリアが原産といわれる[7]古代ローマ時代から料理に用いられており、世界で最も使われているハーブの1つでもある[9]。地質や気候への適応性に優れ、栽培が容易なため世界各地で栽培されているが、乾燥には弱い。なお葉が縮れているものは人間の品種改良によって生み出されたものであり、自然界では不利になる形質である[10]

日本には18世紀末にオランダ人によって長崎に初めて持ち込まれたとされ、長崎で栽培されていた[7][9]。このため、「オランダゼリ」「洋ゼリ」などの名でよばれていた[11]。本格的に日本で栽培が始められたのは明治初年以降である[7]

食用[編集]

食材としてのは冬(1 - 2月)で、葉の緑色が濃くて、みずみずしいものが良品とされている[11]日本では葉が縮れたパセリが一般的であるが、ヨーロッパでは葉が平たくて縮れていない同属別種のイタリアンパセリを使うことが主流で、こちらは香りや苦味は少ない[11]

日本では主に葉を料理の付け合わせや飾り(デコレーション)として使われるが、他にもそのまま食用としたり、ブーケガルニなどにして香りづけに用いたり、におい消し、飲用など多種多様の形で利用されている。また、パセリは精油成分を多く含むハーブの1つでもある。パセリは油分を中和する働きがあるとされているが、分解はされずそのまま吸収される。 根パセリも根菜としてヨーロッパでは広く流通している。太った根は近縁種であるニンジンに似た外観だが、爽やかな独特の風味がある。ユダヤ料理で特に用いられる。

栄養素[編集]

パセリ、生
100 gあたりの栄養価
エネルギー 151 kJ (36 kcal)
6.33 g
糖類 0.85 g
食物繊維 3.3 g
0.79 g
飽和脂肪酸 0.132 g
一価不飽和 0.295 g
多価不飽和 0.124 g
2.97 g
トリプトファン 0.045 g
トレオニン 0.122 g
イソロイシン 0.118 g
ロイシン 0.204 g
リシン 0.181 g
メチオニン 0.042 g
シスチン 0.014 g
フェニルアラニン 0.145 g
チロシン 0.082 g
バリン 0.172 g
アルギニン 0.122 g
ヒスチジン 0.061 g
アラニン 0.195 g
アスパラギン酸 0.294 g
グルタミン酸 0.249 g
グリシン 0.145 g
プロリン 0.213 g
セリン 0.136 g
ビタミン
ビタミンA相当量
(53%)
421 µg
(47%)
5054 µg
5561 µg
チアミン (B1)
(7%)
0.086 mg
リボフラビン (B2)
(8%)
0.098 mg
ナイアシン (B3)
(9%)
1.313 mg
パントテン酸 (B5)
(8%)
0.4 mg
ビタミンB6
(7%)
0.09 mg
葉酸 (B9)
(38%)
152 µg
ビタミンB12
(0%)
0 µg
コリン
(3%)
12.8 mg
ビタミンC
(160%)
133 mg
ビタミンD
(0%)
0 IU
ビタミンE
(5%)
0.75 mg
ビタミンK
(1562%)
1640 µg
ミネラル
ナトリウム
(4%)
56 mg
カリウム
(12%)
554 mg
カルシウム
(14%)
138 mg
マグネシウム
(14%)
50 mg
リン
(8%)
58 mg
鉄分
(48%)
6.2 mg
亜鉛
(11%)
1.07 mg
マンガン
(8%)
0.16 mg
セレン
(0%)
0.1 µg
他の成分
水分 87.71 g
%はアメリカ合衆国における
成人栄養摂取目標RDIの割合。
出典: USDA栄養データベース(英語)

栄養価は極めて高く、可食部100グラム (g) あたり、ビタミンA のもとになるβ-カロテンを5054マイクログラム (μg) 、ビタミンCを133ミリグラム (mg) 、カルシウムを554 mg、を6.2 mg含んでいる[7]。そのほか、ビタミンB1ビタミンB2などのビタミンB群を含み、マグネシウムなどのミネラル食物繊維葉緑素カリウムなども豊富に含み、これら栄養素の含有量は他の緑黄色野菜の中でも群を抜いている[11]

香りの主成分アピオールは、食欲増進作用があり、消化を助けて口臭を予防する働きがある[11]。また防腐効果もあり、食中毒予防に効果的といわれている[11]

保存[編集]

乾燥させないように、湿らせたペーパータオルなどに包んでポリ袋に入れて冷蔵保存する[11]。冷凍する場合は、パセリを刻んで保存袋に入れてから冷凍庫に入れる[11]

薬効[編集]

消化不良や食欲不振の健胃や、病後の疲労回復、貧血、生理不順などに生の葉や青汁を飲むと効果があるといわれている[12]。青汁で飲むときは生葉1日量30グラムとし、水100 ccほどとレモン汁やハチミツなどを加えて、ジュースにして飲用する[12]。鉄分が多いため、貧血対策にも効果が期待できる[12]

民間療法で、打ち身くじき虫刺されに、生葉をすりつぶしたら患部に乗せて、ガーゼなどを当てて冷湿布すると効果があるといわれている[12]

堕胎効果を持つアピオールを多く含むため、中世では堕胎薬の原料とされた[13]。通常摂取される量では問題ないが、薬効を期待して過剰に摂取したり精油を摂取することは危険とされ、特に妊娠中と授乳中の女性は避けるべきとされる[14][15]。ドイツ保健省の薬用ハーブの審査を行う委員会コミッションEでは、パセリの根に腎臓結石の治療作用があるとして承認している[8]。米国ではGRAS (一般に安全と見なされた物質) に認定されている[16]

精油と種子[編集]

精油の独特の香りは、アピオールミリスチシンなどの精油成分によるものである。精油を経口摂取することは医学的に危険を伴うとされ、流産や腎障害や不整脈を起こす[17]。ミリスチシンは、過剰摂取によって、めまい、難聴、幻覚、低血圧、徐脈、錯乱、肝障害や腎障害を引き起こす[17]。授乳中は摂取を避けるべきとされ、またお茶に入れるのも危険性が示唆されている[17]。種子の抽出液もアピオールミリスチシンを多く含むために、皮膚に塗ることは、光線過敏性の皮膚炎を起こす可能性があり危険性が指摘されている[17]。種子にも堕胎作用、子宮および月経刺激作用があることも知られている[17]

注釈[編集]

  1. ^ a b 大場秀章(編著)『植物分類表』アボック社、2010年、第2刷。ISBN 978-4-900358-61-4
  2. ^ a b 米倉浩司『高等植物分類表』北隆館、2010年、重版。ISBN 978-4-8326-0838-2
  3. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Petroselinum crispum (Mill.) Fuss”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2020年7月25日閲覧。
  4. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Petroselinum hortense Hoffm.”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2020年7月25日閲覧。
  5. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Petroselinum crispum (Mill.) Fuss var. japonicum (Thunb.) H.Hara”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2020年7月26日閲覧。
  6. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Apium petroselinum L.”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2020年7月26日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g h 田中孝治 1995, p. 206.
  8. ^ a b c d ジョンソン et al. 2014, pp. 244-247.
  9. ^ a b 基金だより第175号”. 日本金属プレス工業厚生年金基金. 2019年12月2日閲覧。
  10. ^ 「かたち」と「はたらき」の生物進化-偶然か必然か(学術俯瞰講義) 第9回植物の<見かけ>はどう決まる:ヒトが選んだ姿塚谷裕一
  11. ^ a b c d e f g h 猪股慶子監修 成美堂出版編集部編 2012, p. 169.
  12. ^ a b c d 田中孝治 1995, p. 207.
  13. ^ Phillips DH; Reddy MV; Randerath K (1984年). “32P-post-labelling analysis of DNA adducts formed in the livers of animals treated with safrole, estragole and other naturally-occurring alkenylbenzenes. II. Newborn male B6C3F1 mice”. Carcinogenesis 5 (12): pp. 1623–8
  14. ^ ハーブ大全 小学館 R.メイビー
  15. ^ ハーブ大百科 誠文堂新光社 デニ・バウン
  16. ^ 国立健康・栄養研究所 情報センター 健康食品情報研究室 パセリの項
  17. ^ a b c d e 健康食品データベース 第一出版 Pharmacist's Letter/Prescriber's Letterエディターズ 編 (独)国立健康・栄養研究所 監訳 (2006298285) 日本皮膚科学会雑誌.2006;116(6):945

参考文献[編集]

  • 猪股慶子監修 成美堂出版編集部編『かしこく選ぶ・おいしく食べる 野菜まるごと事典』成美堂出版、2012年7月10日、169頁。ISBN 978-4-415-30997-2
  • 田中孝治 『効きめと使い方がひと目でわかる 薬草健康法』 講談社〈ベストライフ〉、1995年2月15日、206 - 207頁。ISBN 4-06-195372-9 
  • レベッカ・ジョンソン、スティーブン・フォスター、ティエラオナ・ロウ・ドッグ、デビッド・キーファー『メディカルハーブ事典』関利枝子、倉田真木訳、日経ナショナル ジオグラフィック社、2014年。ISBN 9784863132726

外部リンク[編集]