収穫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
農作物を収穫する風景。16世紀の油彩画
機械によるワタの収穫
観光客などに収穫の体験をさせる施設も存在する。画像は浜松市フルーツパークに於ける果物の収穫体験の模様

収穫(しゅうかく、harvest)とは成熟した農作物収集すること。

概要[編集]

一般的には農作物に使う言葉だが、漁業林業でも稀に使われる。類似の言葉に刈り入れがあり、こちらは穀物の収穫に使われる。

収穫期には次の作物を扱うための農地の整理や掃除、生産された作物の販売などのサイクルが含まれる。作物の生育の1周期の終わりを示すので、農繁期の終わりを示す指標となることもある。

収穫を行う時期は非常に大切であり、作物のちょうどよい成熟の程度を慎重に考えて行われる。その年の気候天候によって、収穫の時期が変わることも稀ではない。早期に収穫すればそれだけ天候の影響を避け農産物の傷みを避けることができるが、生産量や品質は劣り、収穫を遅らせれば大きく栄養価の高い農産品が出来上がるが、天候の影響を受けやすくなり、過度に遅れると傷んでしまう。

小規模農家では収穫は繁茂期で一番労働力がかかる季節であり、大規模農家では労働力代わりの機械を使うため一番費用がかかる。

古くから行われてきたものであるため、土着信仰民間信仰)の行事や、収穫祭などの文化慣習が残っていることも多い。

凶作あるいは不作[編集]

'凶作あるいは不作'(: crop failure)とは期待に反して作物収量 英語: crop yield が無いかまたは大きく減ることである。それは作物が損傷する、死滅する、破損する、あるいは、それらの期待される豊富さにおいて、その食用の果実、種、もしくは葉における失敗をする何らかの仕方において影響を被るようになることによって引き起こされる。

凶作あるいは不作は(ジャガイモ飢饉のような)作物の病気の発生、大雨、噴火洪水旱魃、のような壊滅的事象、もしくは排水、(灌漑のための)過剰汲排水 英語: overdrafting過肥化過利用 英語: overexploitationの通常の結果としての塩分不足英語版、大きすぎる塩害侵食砂漠化、のゆっくりした累積的な影響によっても引き起こされうる。

歴史上、凶作あるいは不作と続いて起きる飢饉人口移動人口流出、などが引き金となった。

作物多様性 英語: crop diversity における低下ならびに 人工肥料農薬の過剰使用への依存を伴う、モノカルチャー集約農業は、回復力のほとんど許容不可能な土壌の過剰利用につながる。数年にわたる、土地の 非持続可能な営農は土壌肥沃度を劣化させ作物収量を減らす。収穫のわずかな減少とちょうどの、世界人口と地域的人口過多 の恒常的増加は、すでに部分的な凶作あるいは不作と同等である。肥料は最初の段階で土壌回復 英語: soil regeneration の必要を不要にする、そして飢饉になる開発による地域的凶作あるいは不作を国際貿易は防ぐ。

関連項目 [編集]

外部リンク[編集]