民間療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

民間療法(みんかんりょうほう、: Home remedy ) とは、古くから民間で見出され伝承されてきた方法によって行う治療法のことである[1]

民間療法の一部は、様々な観点から代替医療の一部と見られることがある。これについては代替医療の項目を参照のこと。

概要[編集]

民間療法は、主に経験則に基づいた医療(もしくは医療の類似行為)である。

伝染病負傷などの各種疾病や特定の症状や負傷に対応したものもあれば、慢性疾患更年期障害に対するものも存在している。

治療効果の程はまちまちである。よく効くものもある。あまり効かないものもある。反対に健康被害を招くものもある。


歴史[編集]

民俗学的分類[編集]

日本の民間療法を民俗学の観点から見た場合、古代には巫医僧医など医学知識を有した宗教者が医療行為を行っており(弓削道鏡孝謙上皇の治療を行ってその寵愛を受けた故事は彼が僧医としての性格を有していたことを示す)、

民俗学の観点からは、次の4種類の要素に分類可能である(ただし、実際には複数の要素にまたがるものも多い)。また、中には梅干を毎食食べると健康が増進するとか、臍に貼ると船酔い・車酔いに効くといったように予防保健思想を含むものもある。

今日でも「無病息災」を神社仏閣に祈るという形で信仰と医療との結びつきの残滓が残されている。

物理的療法
摩擦・圧迫・刺激・加熱・加湿・冷却など、物理的な力や温熱冷熱によるもので、薬物的療法(風邪や喉の痛みに生姜をおろしたものを服用したり布に伸ばして当てる)や信仰的療法・呪術的療法(神社・仏閣の湧水で目などの患部を洗ったり、灸治に適切な日が存在すること)など組み合わせて行われる場合もある。
発熱を感じたら患部を冷やす、傷口から血が出ているのに気づいたら傷口を押さえたり舌でなめる、体内に違和感を持ったらその付近を擦ったり揉んだりするなどの行為も物理的療法の初期的な段階と言える。また、鍼灸をはじめ、温泉サウナを含めた風呂などへの入浴行為やしゃっくりの時に息をせずに冷水を一気に飲むという慣習もその一種であると言える。
  • 瀉血もこの範疇に入ると思われるも、実際、有効な場合も、根拠がない場合もある。
薬物的療法
いわゆる草根木皮の類を用いていわゆる「民間薬」を服用することで、現代において未だに科学的な薬効の成分・原理が明らかにされていない場合でも、現実に効力の存在を認めざるを得ない事例もある。なお、古い時代の民間薬に下剤が多いのは、刺絡などと同じように体内の邪悪なものを病気ごと対外に排出しようとする古い医学観の表れと考えられている。
胃痛熊の胆センブリ煎汁(煎じたもの)を用いたり、下痢消化不良ゲンノショウコの煎汁を用いたり、漆かぶれサワガニを潰した汁をつける、蜂刺され小便里芋の葉の汁を塗る等というものである。また、夏バテを食べたり、スッポンを飲むという慣習もその一種であると言える。
信仰的療法
神社・仏閣に赴いて祈願したり、加持祈祷百度参りを行うもので、特定の病気などに対する霊験が伝えられる神社・仏閣及び関連する事物の存在(地蔵尊)などが知られ、巣鴨とげぬき地蔵のように観光名所となっている場所もある。また、古くは銭湯や温泉に神仏が祀られている例もあった。
呪術的療法
接触あるいは類似物を用いることで傷病を治癒させようというものである。脳病にの脳の黒焼きを飲む、肺結核に石油を飲む、イボをとるのに石の穴に溜った水をつけると石のくぼみとイボが相殺されて治癒する、ものもらいに藁の芯を目の前で結んで燃やす、喉に刺した魚の骨を除くのに魚網を頭から被る、紙の人形(ひとがた)で身をなでて穢れを移して川に流すと病などの災厄から避けられるなどが知られる。これらには科学的根拠が無いものが多いが、前述のようにシャーマンや祈祷師が巫医としての活動は長い歴史を有している。また、律令制典薬寮においても医学的な治療を行う部門と並んで道教医療の一環である呪禁を専門に扱う部署が存在していた。なお、今日においても風邪を他人にうつせば治癒するという慣習も風邪という形で露出した穢れを他者に移すという呪術的な意味を含んでいると考えられている。

民間療法の具体例[編集]

様々な物が存在するが、代表的なものは高齢者が普遍的に知っている物が多い。

口内炎[編集]

口内炎には梅干の果肉を貼り付ける。梅干には殺菌効果のあるクエン酸が多く含まれるため、口内炎の原因となっている細菌を殺す効果が期待できる。[2]

水虫[編集]

足に湯を掛けてよく洗い、その後日光に当てて良く乾かす。患部を清潔にして直射日光に晒しながら乾燥させる事は、皮膚表面の軽度な水虫治療には効果があるとされる。ただし、ひび割れたり血が滲むような程に悪化している場合はこの方法での治療はまず不可能である。白癬菌の感染は皮膚の新陳代謝よりも早いため、感染後によく洗って清潔に保っても治癒することは無く、専用の抗真菌薬でなければ治らない。

爪水虫では患部へ薬液が浸透しにくいため民間療法でも市販薬でも治療は極めて難しいとされている。通常医療の専門医を受診した場合は一般的には経口抗真菌剤を中心とした治療が行われる。

足ごと食酢につけるという方法もあるが、逆に酢酸によって足の皮膚がただれることがあるため勧められない。

口角炎[編集]

口角炎は、カンジタ菌日和見感染でおこるが、民間療法も多い。例えば殺菌作用が期待されティーツリーから精製される油が用いられたり、保湿効果からアロエベラ、あるいは単純に皮膚の保湿効果を求めてワセリンオリーブオイル無塩バターが唇に塗布される。一般にはメンソレータムをはじめとするリップスティック型の軟膏も広く流通しているため、これらも利用される。

なおビタミンB群の不足で起こることも良く知られているため、これらを効果的に摂取できる食品を食べることも行われる。ただ軽度であればこれら民間療法や民間薬ないし一般用医薬品でも症状の軽減や治癒が期待できるものの、症状が重い場合では病院で処方される内服薬(処方せん医薬品)のほうが効果的である[3]

痛風[編集]

痛風は関節に尿酸結晶が蓄積する事で発生し得るが、水分を多く取る事で、症状の軽減が図れる事が知られている。また治療効果を期待して、利尿効果のある喫茶が盛んに奨励された。なお喫茶も度が過ぎれば症状の悪化を招いたり、別の意味で健康を害する可能性があるので、今日では注意が必要とされている。

水分を多く取るとよいというのは、尿酸が尿からしか排泄されないためである。ただし、痛風患者には、体内で尿酸が過剰に生成されるタイプと、排泄がままならないタイプとに分かれる。病院で最初に血液検査と尿検査をするのは、そのタイプを見極めるためである。したがって、無闇に飲めばいいというものでもない。なお、水分はアルカリ性のものだと尿酸が溶けやすくなり、排出しやすくなるといわれる。近年、アルカリ性温泉水が痛風患者に人気なのはそのためであるが、そもそも飲泉は万病に効く民間療法の王道である。

虫刺され・毒蛇の対処[編集]

虫(など)に刺された場合に、毒の中和のためアンモニアが含まれている尿を掛けると治るという話があるが、これはまったくの迷信である。排泄直後の尿にはほんの微量のアンモニアしか含まれておらず、アンモニアにも中和作用はない。虫刺されの場合は、刺さった針などを取り除いて流水で洗うなどして患部を清潔に保つべきだとされているが、山登りの最中では水が手に入りにくい事から、応急的に健康であれば無菌(もしくは、アンモニアが含まれている)である筈の尿で患部を洗った(中和した)という逸話があるものの、尿そのものには全く治療効果は無い。場合によっては患部を汚すだけなので避けるべきだとすら言われている。虫に刺された時は針を取り除いて水で患部を洗い清潔に保ち、軟膏を塗布せばよい、とされる。

なお毒虫や毒に刺されたり噛まれた際に、古くから言われている口を使ってを吸い出すという物もあるが、口内菌で傷口が汚染されるだけではなく、誤って毒を飲んでしまったり、口粘膜から速やかに毒が吸収される可能性もあるため、この方法は危険である。

クラゲ[編集]

クラゲの場合は、危険な毒をもつ物は、皮膚表面に刺胞と呼ばれる毒の詰まった組織片が残っている場合がある。古くはアンモニアで毒を中和できるとか、水道のでよく洗うべきだと言われていたが、今日では、これらは清潔な海水でよく洗い流して、患部を冷やしながら病院に行く事が勧められている。酢やアンモニアは、刺したクラゲの種類によっては効果が無かったり、逆に刺胞を刺激して、余計に毒液注入を促す危険性がある。

凍傷[編集]

軽度の凍傷凍瘡であれば、氷や雪で患部をマッサージすることで改善が促進される。大陸中央部で古くから使われている。理論的には血管交感神経麻痺による局所充血での循環障害を軽減させるものと考えられる。方法としては、氷塊の場合、滑らかな面で優しく患部をマッサージする。強く擦ると皮膚を損傷する恐れがある。は水分の少ない軟らかなパウダースノーで行なう。可能ならば速やかに医師の受診を受ける。中重度の凍傷は、治療が遅れると部分壊死など人体に対する致命的な損傷を与える場合がある。

突き指[編集]

突き指をしたとき、その指を強く引っ張れば即座に完治する、といわれているのは全くの迷信である。指を引っ張ることによって脱臼や神経破断の危険がある。

また田舎ではマムシの焼酎漬けが効くとの言い伝えがあり、傷をつけずに捕獲したマムシの毒を抜いて焼酎に漬けたものが常備されている家もある。

脚注[編集]

出典[編集]

  • 山下 弘『漢法薬と民間療法』金園社、1963、ASIN B000JAIWCO
  • 柿崎 泰賢『漢方薬と民間療法―病気と症状別』有紀書房、1966、ASIN B000JAA4P2
  • 上野勇『関東の民間療法』明玄書房、1976、ASIN B000J9ER8S
  • 佐々木哲哉『九州・沖縄の民間療法』明玄書房、1976、ASIN B000J9FEFI
  • 杉原丈夫『中部の民間療法』明玄書房、1976、ASIN B000J9F0Y8
  • 坂田 友宏『中国・四国の民間療法』明玄書房、1977、ASIN B000J8XBH2
  • 倉田 正邦『近畿の民間療法』明玄書房、1977、ASIN B000J8XBK4
  • 渋谷道夫『北海道・東北の民間療法』明玄書房、1977、ASIN B000J8XBEU


  • 波平 恵美子『病気と治療の文化人類学』海鳴社、1984、ASIN B000J78H72
  • 帝国女子医学薬学専門学校『日本民間薬草集覧―にっぽんの民間療法の原点』かのう書房、1985、ASIN B000J6QPEK


  • 蛸島直「民間医療」(『日本民俗宗教辞典』(東京堂出版、1998年) ISBN 978-4-490-10481-3
  • 細川いづみ「民間療法」(『国史大辞典 13』(吉川弘文館、1992年) ISBN 978-4-642-00513-5
  • 新村拓「民間療法」/吉岡信「民間薬」(『日本民俗大辞典 下』(吉川弘文館、2000年) ISBN 978-4-642-01333-8
  • 千葉徳爾「民間療法」(『日本史大事典 6』(平凡社、1994年) ISBN 978-4-582-13106-2

関連項目[編集]