ガーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ガーゼ

ガーゼドイツ語: Gaze英語: gauze)とは、細い木綿糸(コットン)を漂白して目の粗い平織りにした柔かい布[1][2]。日本では綿紗(めんしゃ)とも呼ばれる。通気性に富み、吸湿性も良いので、のほか、手術時に血液を吸収させるのに用いられる。

語源[編集]

ガーゼという言葉が日本で使われるようになったのは明治時代に、ドイツ語から多く移入された医学用語の一つとしてである。ドイツ語ではゴーズとガーゼ両方の意味がある。元となったゴーズという言葉は、中東ガザから来たという説と、アラビア語の「qhazzah」またはペルシア語「qazz」から来たという説がある。この「qhazzah」「qazz」とも絹織物を指していたが、この絹織物は粗製の織物で、ヨーロッパに伝わった時に粗製織物全般を指す言葉になったとされている。

用途[編集]

精錬、漂白された粗布は衛生材料の保護ガーゼ(精製綿紗)にしばしば用いられ、消毒液を浸し創傷患部につけたり、肌着に用いたりする。救急箱の必需品である。ただし、昔から傷口にはガーゼを当てていたが、近年、傷を治すために分泌される体液をガーゼが吸収するため創傷の治療には害がある[誰?]とも言われている。以前は、日本薬局方にも収載されていたが(そのため「日局ガーゼ」「日局滅菌ガーゼ」は薬事法上の医薬品であった)、現在[いつ?]では項目が削除されている。

手術時においては滅菌ガーゼが大量に使用される。吸水性を生かして血液を吸収するのに用いるほか、組織を牽引する時に、組織が損傷しないように鉤と組織の間にガーゼを挟む用途もある。手術後に確実に回収するよう使った枚数を取り出したか計数(「ガーゼカウント」と呼ばれる)したり、X線撮影で確認したりすることが推奨されているが、実態として、体内に放置されたガーゼによる健康被害や死亡例も起きている[3]

ガーゼは、その他にタオルケットハンカチ、赤ちゃんの産衣管楽器結露を抜く際などにも用いられる。

なお、ワセリンに浸した製品はワセリンガーゼと呼ばれる[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b ステッドマン医学大辞典編集委員会『ステッドマン医学大辞典 改訂第6版』メジカルビュー社 p.761 2008年
  2. ^ 『看護学大辞典 第5版』メヂカルフレンド社 p.243 2002年
  3. ^ ガーゼ体内置き忘れ続発 管理甘く死亡事故も/12年以降、年20件上回る/日本医療機能評価機構が調査『日本経済新聞』夕刊2018年5月1日(社会面)

関連項目[編集]