チモール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
チモール
チモールの構造式 チモールのCPKモデル
識別情報
CAS登録番号 89-83-8
KEGG D01039
特性
化学式 C10H14O
モル質量 150.22
外観 無色結晶
密度 0.9699, 固体
融点

51.5

沸点

233.5

特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

チモール (thymol) は分子式 C10H14O で表されるモノテルペン誘導体。エタノールエーテルクロロホルム酢酸ベンゼンに易溶、グリセリン、水にやや溶ける。タチジャコウソウタイム)様の特有の香気を有する。舌をやくような味がある[1]

チモールを得る方法としては、タチジャコウソウなどの植物からのアルカリ抽出のほか、塩化アルミニウムの存在下での m-クレゾール塩化イソプロピルの反応が知られている。

チモールは防腐剤、殺菌剤として歯磨き粉、軟膏、石鹸などに用いられるほか、駆虫剤や呈色試薬としても用いられている。また、DL-メントールの合成原料ともなる。

鎮痛外用剤のサロメチールアンメルツ、洗口液のリステリンにはチモールが配合されている。

関連項目[編集]

  • 4-isopropyl-3-methylphenol、Biosol、p-Thymol。CAS 3228-02-2、PubChem 17395739、KEGG C14741。
  • 用途:殺菌剤。防腐剤。防黴剤。[2]

参考資料[編集]

  • 厚生労働省, ed. (2011). "チモール". 日本薬局方 (第十六改正 ed.). p. 888.

脚注[編集]

[脚注の使い方]