グリセリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グリセリン
{{{画像alt1}}}
{{{画像alt2}}}
{{{画像alt3}}}
識別情報
CAS登録番号 56-81-5 チェック
PubChem 753
ChemSpider 733 チェック
UNII PDC6A3C0OX チェック
KEGG C00116
ChEMBL CHEMBL692 チェック
ATC分類 A06AG04,A06AX01

, QA16QA03

特性
化学式 C3H8O3
モル質量 92.09382 g/mol
外観 無色透明の液体
吸湿性
匂い 無臭
密度 1.261 g/cm3
融点

17.8 °C, 291.0 K

沸点

290 °C, 563 K [1]

屈折率 (nD) 1.4746
粘度 1.412 Pa·s[2]
危険性
MSDS JT Baker
NFPA 704
NFPA 704.svg
1
1
0
引火点 160 °C (密閉式)
176 °C (開放式)
発火点 370 °C
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

グリセリン (glycerine, glycerin) は、分子式 C3H8O3、示性式 C3H5(OH)3分子量 92.09 で、3価のアルコールである。学術分野では20世紀以降グリセロール (glycerol) と呼ぶようになったが、医薬品としての名称を含め日常的にはいまだにグリセリンと呼ぶことが多い。

性質[編集]

無色透明の糖蜜液体で、甘味を持つ。

融点は約18°Cだが、非常に過冷却になりやすいため結晶化は難しい。冷却を続けると-100°C前後でガラス状態となり[3]、さらに液体空気温度まで冷却後1日以上の時間をかけてゆっくり温度を上げると結晶化する[4]

に非常に溶けやすく、吸湿性が強い。水溶液は凝固点降下により凍結しにくく、共晶点は66.7重量パーセントで-46.5°Cである。ほかにエタノールフェノールピリジンなど様々な溶媒に可溶であるが、アセトンジエチルエーテルジオキサンには溶けにくく、ミネラルオイルクロロホルムのような無極性溶媒には溶けない。[3]

生産[編集]

グリセロールは年間100万トン以上生産されている。そのほとんどが大豆油獣脂などの加水分解によっているが、プロピレンから化学合成することもできる。現在顧みられることはないが、発酵法も知られている[3]

油脂から[編集]

生物の油脂には大量のトリアシルグリセロール(トリグリセリド)が含まれている。これは脂肪酸とグリセリンのエステルであり、加水分解によりグリセリンと脂肪酸を生じる。例えば石鹸を生産する際に副産物として大量のグリセリンが得られる。

SaponificationGeneral.svg

またバイオディーゼル燃料の主成分は脂肪酸メチルエステルであるが、これは触媒を用いた油脂とメタノールエステル交換反応により得られ、その副産物がグリセリンである。

Transesterification of triglycerides with ethanol.png

こうして得られたグリセリンには不純物が多く含まれている。石鹸生産の副産物の場合、活性炭や、アルカリ処理、イオン交換などによって精製を行い、蒸留によって高純度のグリセリンを得ることができる[3]。バイオディーゼル燃料生産の副産物の場合は不純物が非常に多い場合があり、単に焼却されることが多い[5]

プロピレンから[編集]

プロピレンからエピクロロヒドリンを経由して合成するのが主であるが、ほかにもアクロレイン酸化プロピレンを経由する方法などが知られている。もっともバイオディーゼル燃料の普及にともないグリセリンは供給過剰になっており、こうした化学合成法はコスト的に見合わなくなっている。

生合成と代謝[編集]

グリセロールは生体内では中性脂肪リン脂質糖脂質などの骨格として存在しており、貯蔵した脂肪からエネルギーをつくる際に脂肪酸とグリセロールに分解される。生じたグリセロールはATPによって活性化されグリセロール3-リン酸となって再度脂質の合成に使われるか、さらにジヒドロキシアセトンリン酸を経て解糖系または糖新生に利用される。

アルコール発酵ではアセトアルデヒドが電子受容体となりエタノールが蓄積するが、このときジヒドロキシアセトンリン酸が電子受容体として働くとグリセロール3-リン酸が生じ、ついでグリセロールが生成する(グリセロール発酵)。たとえば培地がアルカリ性であったり、亜硫酸ナトリウムが添加されていたりすると、アセトアルデヒドが電子受容体として働くことができずグリセロール発酵が優勢となる。

利用[編集]

食品添加物として、甘味料、保存料、保湿剤、増粘安定剤などの用途がある。甘味料としては虫歯の原因となりにくいことや、エリスリトールやキシリトールが持つ清涼感を打ち消す効果がある。砂糖より甘さが弱いにかかわらず高カロリーである。

医薬品、化粧品には、保湿剤・潤滑剤として使われている。咳止めシロップ、うがい薬、練り歯磨き、石けん、ローションなど幅広い製品に利用されている。チンキの溶剤として、あるいは降圧剤としても使われている。

エチレングリコールプロピレングリコールと同様に、不凍液を作るのに使われる。自動車用としてはより低温まで凍結しないエチレングリコールに取って代わられたが、安全面から再評価する意見もある[6]。実験室では、凍結保護剤として生物の凍結保存や、酵素の低温保存に用いられている。

化学原料としては、爆薬の成分や狭心症の薬となるニトログリセリンの原料として有名であるほか、有機合成でつかうヨウ化アリルの原料である。

反応[編集]

ギ酸と加熱するとエステル化を経て脱離が起こり、アリルアルコールを与える[7]硫酸水素カリウムなどを作用させながら熱すると、脱水が起こりアクロレインに変わる[8]。酸触媒の存在下にアセトンと加熱すると、脱水して1,2位がイソプロピリデン基で保護された形の誘導体が得られる[9]

赤リンと臭素とともに反応させると1,3位が臭素化された誘導体が得られ[10]、酢酸中で塩化水素を作用させると、その当量により 1-モノクロロ体[11]もしくは1,3-ジクロロ体[12]が生成する。後者や 1,3-ジブロモ体をアルカリと加熱することにより、エピクロロヒドリン[13][14]、エピブロモヒドリン[14]が得られる。

アニリン誘導体と酸化条件で縮合させるとキノリン骨格が構築できる[15][16]。この手法はスクラウプのキノリン合成と呼ばれる。

危険有害性と法規制[編集]

摂取しても特段大きな害はないが、皮膚や粘膜に対して軽い刺激性がある。

可燃性の液体で、日本では消防法により危険物第4類(引火性液体)の第3石油類に指定されている。

歴史[編集]

1779年スウェーデンカール・ヴィルヘルム・シェーレオリーブ油加水分解物の中から発見[3]。1813年ミシェル=ウジェーヌ・シュヴルールが油脂が脂肪酸とグリセリンのエステルであることを見出し、甘味を持つことからギリシャ語γλυκυς(glykys、甘い)にちなんでglycérineと命名[3]。1846年にアスカニオ・ソブレロ英語版によりニトログリセリンが発見され、1866年にアルフレッド・ノーベルが実用化に成功[3]。1872年シャルル・フリーデルが、イソプロピルアルコールからの合成に成功し、グリセロールという名を提案。

結晶化に纏わる都市伝説[編集]

ライアル・ワトソン「生命潮流」に書かれたとする「間違った逸話」が、様々な引用・脚色を経て、シンクロニシティの代表的伝説となっている。

間違った逸話は以下のとおり。

  • 世界中の科学者がどのようにしてもグリセリンは結晶化しなかった。
  • 1920年代のある日、イギリス貨物船のある樽のグリセリンが一樽、偶然に結晶化した。
  • 世界中の研究所から、種結晶を求める申し出が殺到した
  • 熱力学に詳しいある二人の科学者が、入手した種結晶を使って結晶化に成功すると、実験室の全グリセリンが密閉容器内のものを含めて自然に結晶化した。
  • この日を境に、世界中のグリセリンが 17.8 °C で結晶化するようになった。

しかし「生命潮流」が参考文献とした、カリフォルニア大のギブソンとジオークが書いた論文(1923年)には、グリセリン結晶を作る際のコツが記述されているのみである[4][17]

  • グリセリンは世界中の科学者がどのようにしても結晶化しなかった。
  • ギブソンとジオークも、イギリスの偶然結晶化したグリセリンを入手した。
  • グリセリン結晶が到着した後であったが、ギブソンとジオークは温度管理をすることで種結晶なしでも結晶を作ることができるということを発見した。
  • グリセリンを −193 °C に冷却後、一日以上の時間をかけてゆっくりと温度を上げ、17.8 °C にすることで結晶化する。

要するに元来グリセリンは、種結晶がなくとも、上記の温度管理手順に従えば結晶化できるのである。なお、グリセリンではなくニトログリセリンにおいてこのような逸話が語られることもあるが、ニトログリセリンの場合でもこれは事実ではない。

参考文献[編集]

  1. ^ Lide, D. R., Ed. CRC Handbook of Data on Organic Compounds, 3rd ed.; CRC Press: Boca Raton, FL, 1994; p 4386.
  2. ^ Viscosity of Glycerol and its Aqueous Solutions”. 2011年4月19日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g Christoph, Ralf; Schmidt, Bernd; Steinberner, Udo; Dilla, Wolfgang; Karinen, Reetta (2006). “Glycerol”. Ullmann's Encyclopedia of Industrial Chemistry. doi:10.1002/14356007.a12_477.pub2. ISBN 3527306730. 
  4. ^ a b G. E. Gibson , W. F. Giauque (1923). "The third law of thermodynamics. Evidence from the specific heats of glycerol that the entropy of a glass exceeds that of a crystal at the absolute zero". J. Am. Chem. Soc. 45 (1): 93–104. doi:10.1021/ja01654a014. 
  5. ^ Sims, Bryan (2011年10月25日). “Clearing the Way for Byproduct Quality: Why quality for glycerin is just as important for biodiesel”. Biodiesel Magazine. http://www.biodieselmagazine.com/articles/8137/clearing-the-way-for-byproduct-quality 
  6. ^ Hudgens, R. Douglas; Hercamp, Richard D.; Francis, Jaime; Nyman, Dan A.; Bartoli, Yolanda (2007). An Evaluation of Glycerin (Glycerol) as a Heavy Duty Engine Antifreeze/Coolant Base. doi:10.4271/2007-01-4000. 
  7. ^ Kamm, O; Marvel, C. S. (1921), “Allyl alcohol”, Org. Synth. 1: 15, http://www.orgsyn.org/orgsyn/orgsyn/prepContent.asp?prep=cv1p0042 ; Coll. Vol. 1: 42 .
  8. ^ Adkins, H.; Hartung, W. H. (1926), “Acrolein”, Org. Synth. 6: 1, http://www.orgsyn.org/orgsyn/orgsyn/prepContent.asp?prep=cv1p0015 ; Coll. Vol. 1: 15 .
  9. ^ Renoll, M.; Newman, M. S. (1948), dl-Isopropylideneglycerol”, Org. Synth. 28: 73, http://www.orgsyn.org/orgsyn/orgsyn/prepContent.asp?prep=cv3p0502 ; Coll. Vol. 3: 502 .
  10. ^ Braun, G (1934), “Glycerol α,γ-dibromohydrin”, Org. Synth. 14: 42, http://www.orgsyn.org/orgsyn/orgsyn/prepContent.asp?prep=cv2p0308 ; Coll. Vol. 2: 308 .
  11. ^ Conant, J. B.; Quayle, O. R. (1922), “Glycerol α-monochlorohydrin”, Org. Synth. 2: 33, http://www.orgsyn.org/orgsyn/orgsyn/prepContent.asp?prep=cv1p0294 ; Coll. Vol. 1: 294 .
  12. ^ Conant, J. B.; Quayle, O. R. (1922), “Glycerol α,γ-dichlorohydrin”, Org. Synth. 2: 29, http://www.orgsyn.org/orgsyn/orgsyn/prepContent.asp?prep=cv1p0292 ; Coll. Vol. 1: 292 .
  13. ^ Clarke, H. T.; Hartman, W. W. (1923), “Epichlorohydrin”, Org. Synth. 3: 47, http://www.orgsyn.org/orgsyn/orgsyn/prepContent.asp?prep=cv1p0292 ; Coll. Vol. 1: 233 .
  14. ^ a b Braun, G. (1936), “Epichlorohydrin and epibromohydrin”, Org. Synth. 16: 30, http://www.orgsyn.org/orgsyn/orgsyn/prepContent.asp?prep=cv2p025 ; Coll. Vol. 2: 256 .
  15. ^ Clarke, H. T.; Davis, A. W. (1922), “Quinoline”, Org. Synth. 2: 79, http://www.orgsyn.org/orgsyn/orgsyn/prepContent.asp?prep=cv1p0478 ; Coll. Vol. 1: 478 .
  16. ^ Mosher, H. S.; Yanko, W. H.; Whitmore, F. C. (1947), “6-Methoxy-8-nitroquinoline”, Org. Synth. 27: 48, http://www.orgsyn.org/orgsyn/orgsyn/prepContent.asp?prep=cv3p0568 ; Coll. Vol. 3: 568 .
  17. ^ 菊池誠 (2005年5月21日). “グリセリンの結晶”. kikulog. 2010年8月24日閲覧。

外部リンク[編集]