タイヤル語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
タイヤル語
Atayal
話される国 台湾北部
地域 台北南投県など
話者数 6.3万人(2006年)
言語系統
表記体系 ラテン文字
公的地位
公用語 なし
統制機関 台湾中央研究院 (Academia Sinica)
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-2 map
ISO 639-3 tay
消滅危険度評価
Vulnerable (UNESCO)
Status-unesco-vulnerable.svg
テンプレートを表示
タイヤル語
各種表記
繁体字 泰雅語
簡体字 泰雅语
拼音 Tàiyá Yŭ
注音符号 ㄊㄞˋ |ㄚˇ ㄩˇ
発音: タイヤー ユー
英文 Atayal
テンプレートを表示

タイヤル語(-ご)は台湾原住民タイヤル族の言語で、オーストロネシア語族のひとつである。

概要[編集]

台湾島内の山岳部を中心に分布は広く、北部の新北市烏来区から中部南投県まで分布する。 一般的にはタロコ族の使用するタロコ語タイヤル語族(Atayalic)とする。 学校教育が行われた日本語客家語ミン南語などからの影響も非常に大きい。

変種[編集]

  • Squliq(賽考利克語):もっとも広く分布する。桃園市復興郷など、北部横断道路沿道、新竹県尖石山地区、南投県仁愛郷の一部など。
  • C’uli(澤敖利語):新竹県尖石山地区に分布。
  • Wenshuei(汶水語):新竹県五峰郷苗栗県泰安郷宜蘭県の山間部などに分布する。
  • Kangke Atayal(寒溪泰雅語):日本語とのクレオールで、宜蘭県大同郷南澳郷の山間部で用いられている。
  • Wanda(萬大語):宜蘭県大同郷,南投県仁愛郷の親愛部落などで用いられている。
  • Taroko(太魯閣語):花蓮県。

発音[編集]

母音[編集]

前舌母音 中舌母音 後舌母音
閉母音 [i iː] [u uː]
中央母音 [e] [ə] [o]
開母音 [a]

子音[編集]

両唇音 唇歯音 後部歯茎音 硬口蓋音 軟口蓋音 口蓋垂音 咽喉音
破裂音 [p] [t] [k] [q] [ʔ]
破擦音 [ts]
摩擦音 無声子音 [s] [x] [h]
有声子音 [β] [ɣ]
鼻音 [m] [n] [ŋ]
側面音 [l]
はじき音 [ɾ]
半母音 [w] [j]