古琉球

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

古琉球 (こりゅうきゅう)は、琉球(現在の沖縄県および、しばしば鹿児島県奄美群島を含む)の歴史区分である。

農耕社会の成立(12世紀頃)から、琉球王国の成立まで。島津氏の進入(1609年)までとする場合もある。

伊波普猷1911年に出版した学術書『古琉球』に由来する。沖縄の言語歴史民俗文学などを研究した書で、『おもろさうし』・『中山世鑑』と並ぶ沖縄学の最重要文献と位置付けられている。現在は伊波普猷全集第一巻収録。岩波文庫にも収録 (ISBN 400381021X)。

関連項目[編集]