沖縄学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

沖縄学(おきなわがく)は、一つの独立した学問と言うより、沖縄県を巡る諸学問の総称。伊波普猷が1911年に『古琉球』を著して、学問として成立した。従って、伊波の学問を沖縄学の源流として見る必要がある。

概要[編集]

琉球処分による現在の沖縄県地域の日本併合以後、現在の沖縄県民を主とする琉球人とも呼ばれた人々は、社会的な差別を受けたとされる一方で、日本国内における社会地位向上のため、積極的に本土への同化に傾倒していた。こうした時代を背景に、那覇出身の伊波は、沖縄県で歴史的に蓄積されてきた言語、民俗、文化活動を研究、考証し、主に本土側の文化との対比を通じて、その学問的意義を論証する研究分野を開拓し、本土に対する自己認識の確立を促した。伊波はその論文の中で沖縄県民に琉球民族の文言を用い、民族意識を称揚する一方で、学問的には「日琉同祖論」と呼ばれる観点を提唱している。「日琉同祖論」とは、沖縄県民(伊波が認識するところの琉球民族)が大和民族と同源の支族であることを、学問の客観性に基づいて証明するものである(近年の人文科学社会科学では、「琉球人」や「日本人」と言う枠組みが本質的に実在するものではなく、作られた、構築されたものであると考えるのが主流である)。

総じて、伊波の研究は今日、日本国内における沖縄県のあるべき地位を論考し、提唱する思想的根幹として確立され、現在に至っている。

伊波が論拠を求めた学問は、琉球時代の最重要テキストおもろさうし』の研究にはじまり、歴史学言語学人種学人類学考古学宗教学神話学文化人類学(民族学)、民俗学文学などと多岐に渡る。学際研究が重要視される近年の諸科学の趨勢に鑑みるに、伊波のこのような研究は、総合科学の先駆をなすものとして再評価する向きがある。

沖縄学の担い手は、学者・研究者に限られたものではなく、沖縄県に関わる全ての人間に開かれたものである。文化的研究にのみならず、政治経済自然環境など、入り口は多くあり、沖縄県と日本、沖縄県から世界を考えることのできる分野である。(伊波の学問の詳細は、伊波普猷の項を参照のこと)

関連人物[編集]

参考文献[編集]

  • 『沖縄学への道』外間守善著。岩波書店[岩波現代文庫]。2002年発行。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]