高良倉吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
高良倉吉

高良 倉吉(たから くらよし、1947年10月1日[1] - )は、日本の歴史学者。琉球大学名誉教授。主に琉球王国史を専門としている。

人物[編集]

1947年沖縄県島尻郡伊是名村生まれ。同郡南大東村の小中学校を卒業[2]後、1966年琉球政府(現:沖縄県)立首里高等学校1971年愛知教育大学教育学部社会科卒業。1993年、「琉球王国史の基礎的研究」で九州大学から博士(文学)の学位を取得。

沖縄史料編集所専門員、沖縄県立博物館主査、浦添市立図書館長を経て、1994年4月より琉球大学法文学部国際言語文化学科教授。2013年3月定年退職し、同年4月より2014年12月まで沖縄県副知事を務めた。首里城復元の委員、NHK大河ドラマ琉球の風』の監修者でもある。

メディア出演[編集]

過去[編集]

テレビ
ラジオ

著作[編集]

単著[編集]

  • 『琉球の時代――大いなる歴史像を求めて』(筑摩書房、1980年/ちくま学芸文庫(新編)、2012年)
  • 『沖縄歴史論序説』(三一書房、1980年)
  • 『沖縄歴史への視点』(沖縄タイムス社〈タイムス選書〉、1981年)
  • 『御教条の世界 古典で考える沖縄歴史』(ひるぎ社〈おきなわ文庫〉、1982年)
  • 『おきなわ歴史物語』(ひるぎ社〈おきなわ文庫〉、1984年)
  • 『続・おきなわ歴史物語』(ひるぎ社〈おきなわ文庫〉1986年)
  • 『琉球から沖縄へ』(大塚勝久写真、ポプラ社〈沖縄の自然と文化シリーズ〉、1986年)
  • 『琉球王国の構造』(吉川弘文館、1987年)
  • 『琉球王国史の課題』(ひるぎ社、1989年)
  • 『琉球王国』(岩波新書、1993年)
  • 『切ない沖縄の日々』(ボーダーインク、1995年)
  • 『「沖縄」批判序説』(ひるぎ社、1997年)
  • 『アジアのなかの琉球王国』(吉川弘文館、1998年)
  • 『琉球王国史の探求』(榕樹書林、2011年)

共編著[編集]

  • 伊波普猷 沖縄史像とその思想』(金城正篤共著、清水書院〈センチュリーブックス 人と歴史シリーズ〉  1972年)
    • 新訂版『「沖縄学」の父・伊波普猷』 (清水書院〈清水新書〉、1984年/新版〈新・人と歴史〉、2017年)
  • 『図説・琉球王国』(田名真之共編、河出書房新社、1993年)
  • 『ペリーと大琉球』(玉城朋彦共編、琉球放送、1997年)
  • 『沖縄の自己検証 鼎談・「情念」から「論理」へ』(真栄城守定牧野浩隆共編著、ひるぎ社〈おきなわ文庫〉、1998年)
  • 『沖縄イニシアティブ 沖縄発・知的戦略』(大城常夫・真栄城守定共編著、ひるぎ社〈おきなわ文庫〉、2000年)
  • 『琉球・沖縄と海上の道 街道の日本史56』(豊見山和行共編、吉川弘文館、2005年)
  • 『「沖縄問題」とは何か 対論』(読売新聞西部本社文化部編、仲里効共著、弦書房 2007年)
  • 『日本の歴史 14 周縁から見た中世日本』(大石直正・高橋公明共著、講談社、2001年/講談社学術文庫、2009年)
  • 『沖縄問題 リアリズムの視点から』(中公新書、2017年)
編集委員
  • 『日米中トライアングルと沖縄クエスチョン』(同上、2010年)
  • 橋本晃和/マイク・モチヅキ『沖縄ソリューション 「普天間」を終わらせるために』り桜美林学園出版部、2015年) - 特別解説
  • 『東アジアの文化と琉球・沖縄 琉球/沖縄・日本・中国・越南 琉球大学人の移動と21世紀のグローバル社会』(上里賢一平良妙子共編、彩流社、2010年)

監修[編集]

  • 『沖縄の世界遺産』(監修、JTBパブリッシング、2013年)

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.326
  2. ^ 「琉球独立論の潜勢力・南大東島」琉球文化研究所客員研究員・仲村渠 克 | 論壇”. gendainoriron.jp. 2020年9月7日閲覧。