高良倉吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

高良 倉吉(たから くらよし、1947年10月1日[1] - )は、沖縄県歴史学者琉球大学名誉教授。専門は琉球史。特に琉球王国の内部構造、アジアとの交流史を研究する。

人物[編集]

沖縄県島尻郡伊是名村出身。1966年琉球政府立首里高等学校1971年愛知教育大学教育学部社会科卒業。1993年「琉球王国史の基礎的研究」で文学博士九州大学)。沖縄史料編集所専門員、沖縄県立博物館主査、浦添市立図書館長を経て、1994年4月より琉球大学法文学部国際言語文化学科教授。2013年3月定年退職し、同年4月より2014年12月まで沖縄県副知事を務めた。首里城復元の委員、NHK大河ドラマ琉球の風』の監修者でもある。

メディア出演[編集]

過去[編集]

ラジオ

著書[編集]

  • 『琉球の時代──大いなる歴史像を求めて』筑摩書房、1980/ちくま学芸文庫(新編)、2012 
  • 『沖縄歴史論序説』三一書房 1980
  • 『沖縄歴史への視点』沖縄タイムス社 タイムス選書 1981
  • 『御教条の世界 古典で考える沖縄歴史』ひるぎ社 おきなわ文庫 1982
  • 『おきなわ歴史物語』ひるぎ社 おきなわ文庫 1984
  • 『続・おきなわ歴史物語』ひるぎ社 おきなわ文庫 1986
  • 『琉球から沖縄へ』大塚勝久写真 ポプラ社 沖縄の自然と文化シリーズ 1986
  • 『琉球王国の構造』(吉川弘文館、1987)
  • 『琉球王国史の課題』(ひるぎ社、1989)
  • 『琉球王国』(岩波新書、1993)
  • 『切ない沖縄の日々』ボーダーインク 1995
  • 『「沖縄」批判序説』(ひるぎ社、1997)
  • 『アジアのなかの琉球王国』(吉川弘文館、1998)
  • 『琉球王国史の探求』榕樹書林 2011

共編著[編集]

監修[編集]

  • 『沖縄の世界遺産』監修 JTBパブリッシング 2013

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.326