エジプト神話

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
太陽神の天空の創造の瞬間に、原初の混沌の海から船を持ち上げるヌン

エジプト神話(エジプトしんわ)は、キリスト教イスラム教が広まる以前に古代エジプトの人々によって信仰されてきた神々の体系、宗教を指す。

概要[編集]

古代エジプト人の信仰は、おおよそ3000年に渡る長い期間続き、またその間に何度も変容を繰り返してきたので、一つの記事(それどころか、ある本をまるごと一冊)使っても、概要以上を示すことはできない。

一般には、ヘリオポリスで信仰されていたヘリオポリス神話をもとにして語られることが多い。他にもメンフィス神話、ヘルモポリス神話、テーベ神話などがある。これらは、当時のエジプト国内の勢力の趨勢とも密接に関連し、王朝の興亡と共に神々の信仰が変化し、神話も地域ごとにまとめられたためである。他にもエジプト国内に異民族が入り込む事で新しい神々が流入した。

エジプトがローマ帝国の属州となり、やがてイスラム教が流入すると主要な信仰は、途絶えたとされる。

信仰[編集]

[編集]

エジプト神話は、特定の開祖は、存在しない。多神教であり信仰される神々は、自然現象などを神格化した自然神である。一部に実在した王を神格化した人物神もいると言われるが断定的な説はない。多くの場合、動物の姿または、動物の頭を持つ人間の姿で表される。

また時代が下る毎に古い神は、他の神に役割を奪われたり習合して一つの神になったり神話から登場しなくなったりした。例えば代表的な太陽神であるラーは、後にアメンと習合した。逆に同じ役割を複数の神が持つこともあった。例えば後述されるように世界の創造神は、アトゥムプタハクヌムオグドアドなどが信仰された。

さらにエジプトがローマ帝国の属州となった後、エジプトの神は、ローマやギリシアの神々と共にローマ帝国内で同一視され習合された。その後、イスラム教の流入によりほとんどの神々は、信仰が途絶えた。

神殿[編集]

エジプトでは、各地に神殿が建てられて神々が崇拝されていた。神々の序列・関係性は、地方によって異なり代表的なヘリオポリスにおいては、ラー=アトゥムが主神として信仰されていた。その一方で地方によっては、プタハなど別の神を人類創造の主神として崇めていた地域もあった。そのため地方ごとで各々の地域で信仰する神の神殿が建造された。また神殿は、ただ奉られる神が変わるだけでなく建築様式も変化した。柱だけで天井のない神殿、畑や庭、池のある神殿などもあった。また場所も山岳部、川岸など変化した。

古代エジプトの君主ファラオは、「神の子」として君臨した。そのため国家によっても多くの神殿が建てられた。その代表格といえるのがアブシンベル神殿である。

国家や地方都市が大規模な神殿を作る一方で民間でも様々な形で神々が信仰された。護符、柱や道具の装飾品として神々がモチーフに用いられた。

ファラオ[編集]

エジプト神話は、神権政治によりエジプトの君主ファラオと密接に結びついた。ファラオは、様々な神の名前を自分の名前に組み込んで神の保護を得られると考えた。特に信仰する神の神殿を国家事業として建設させた。ピラミッドルクソール神殿、アブシンベル神殿など信仰の形態の変化により神殿の様式も変化した。中でも信仰と共に大きく美術様式が変化したアマルナ改革が有名である。

最初の転換点としてエジプト全土が統一されたことが挙げられる。この時、ヘリオポリス神話がまとめられ、ラー、オシリス、ホルスを中心とした物語が作られた。エジプト全土の君主は、ファラオと呼ばれる「神の子」、「ホルスの化身」と位置付けられた。次の転換点としてテーベの勢力がエジプトを統一して第11王朝を起こすとテーベの地方神アメンがラーと習合してエジプトの主神となった。アメンが主神となるとエジプト神話も新しいものに変わり、神々の役割や序列が大きく変化した。これは、プトレマイオス王朝の滅亡まで続いた。

また一神教のユダヤ教は、神格化した君主であるファラオを受け入れることが出来ず反発した。この結果、歴史上でモーセの出エジプトなどの様々な事件が発生した。

壁画[編集]

エジプト美術で特徴的なのが「横向きの姿」で描かれることである。他にもエジプト人の様々な信仰が彫刻や壁画に込められた。

またエジプト人は、描かれた事が描かれている限り永久に現実になり続ける。と信仰したと言われている。ここから不吉な内容を描くことは、好まれなかった。

神話[編集]

エジプトでは、地域ごとに神話が異なっていた。大きくラーを中心としたヘリオポリス神話とアメンを中心としたヘルモポリス神話の二つがある。これらは、ファラオと結びつき各地に大規模な神殿を残し、ギリシア人によっても文献で紹介されたため登場する神々も描かれた神話の内容も知名度が高い。それでも地方では、別の神話が信じられていた。このためエジプト神話は、一つではない。

ここで紹介されているのは、あくまで一部である。

創造[編集]

ヘリオポリス神話においては、原始の海原からラー(アトゥム)が誕生し、独力で神々と世界を形作っていたとされている(創造神話)。ヘルモポリスでは、八位一体の虚無を表す神々(オグドアド)が世界創生の中心的役割を担った。メンフィス周辺では、プタハが天地創造の主導的役割を果たした。彼は、言葉と思念によって世界のあらゆるものを作り出したとされる。エレファンティンでは、クヌムが主神として世界を形作った。またクヌムは、粘土から人間を作り出した神として知られる。

このように天地創造の神話も地方ごとに役割を果たした創造神も、その様子も異なる。

世界観[編集]

エジプトにおいて、天はヌトという女神であり、大地はゲブという男神であった。両者は夫婦で、最初は隙間なく密着していたが、父シュウ(空気)と母テフヌト(湿気)によって引き離され、世界は現在の姿になったという。ゲブはヌトに少しでも近づくため、山々を作り出したとされる。古代エジプト人にとって地は平面であり、ナイル川によって分断された二つの大地と、海によりできていると考えられていた。地の底には冥界があって、太陽は夜の間にここを通り、再び地上に東から現れるとされた。

ナイル川[編集]

エジプト人の生活においてナイル川は、重要な役割を果たした。そのため神話でも多く登場する舞台の一つとなっている。例えばオシリスセトに騙されて棺に封じ込められた後、ナイルに流されたという説話がある。またナイル川を神と捉え様々な神が信仰された。中でもナイル川の洪水は、サテトによって起こされると信じられていた。そのため彼女はエジプトで崇敬の対象となった。ナイル川の増水とシリウスの運行に一定の関連があることが知られており、シリウス(ソプデト)も神としての尊敬を受けた。シリウスは、イシスの魂と呼ばれており、このようなナイル川への関連性からサテトとソプデトは、後に習合されるに至った。

生死観[編集]

エジプト神話において人々は、毎朝、太陽が再び昇る様子から死後の再生を信仰した。人間は、名前肉体バー(Ba・)、カー(Ka・精霊)の5つの要素から成り立っていると信じられた。人が死ぬとバーは、肉体から離れ冥界へ行くが肉体が、そのままであればカーがバーと肉体の仲立ちをしてアアルで再生できるとされた。そのため肉体の保存が必要となり、ミイラ作りが盛んに行われた。一方で死後に再生できない「第二の死」を恐れた。ちなみにバーは、人間の頭をしたの姿で現される。

死者の書は、古代エジプト人が信仰した、この「第二の誕生」を得るための指南書と言われている。ピラミッド(墓ではないとされる。)も死後の世界に旅立つ太陽の船に乗るために作られたと言われる。神殿などに刻まれた名前も名前が再生に必要な要素と信じられたため出来るだけ多くを残そうとして数多く作られたと考えられている。

ヘリオポリス九柱神[編集]

神々[編集]

注:この一覧は英語版からの移植である。

参照:エジプト観光省の広範囲に渡るエジプトの神々の情報

歴史[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]