アメミット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アメミット。

アメミットアメミトアミマッドアムムト (Ammut)、アンムト[1](Ammut)、アーマーンAmmitAhemaitとも)は、古代エジプトに伝わる幻獣の一種である。 その名前は「貪り食うもの」を意味する[2]

冥界アアルの転生の事前の裁判にて、秤にかけられた真理の象徴マアトの羽根(真実の羽根)よりも重かった死者の心臓 (Ib) を貪り喰らう。喰われた魂は二度と転生できない。霊魂の不滅が信じられていた古代エジプトでは、それは永遠の破滅を意味していた[3]

頭は、鬣と上半身が獅子、下半身は河馬のものになっている[2]

『フネフェルのパピルス』の一部。

『死者の書』でのアメミット[編集]

フネフェルパピルス(紀元前1275年頃制作[4])にあるこの詳細に描かれた場面は、フネフェルの心臓が、ジャッカルの頭をもつアヌビスによってマアトの天秤で真実の羽根 (en) と重さを比べられる様子を表している。神々書記官英語版である、朱鷺の頭をもつトートがその結果を記録する。もしフネフェルの心臓が羽根より軽ければ、フネフェルは死後の生活に進むことを許される。もしそうでなければ、フネフェルは、待機しているアメミットによって喰われる。このような描写(ヴィネット英語版)は、エジプトの『死者の書』に普通にみられる図解であった[5]

脚注[編集]

パピルスに描かれたアメミット。
  1. ^ 『エジプト神話』p.288で確認できる表記。
  2. ^ a b 『エジプト神話』p.288。
  3. ^ 『古代エジプトを知る事典』p.90。
  4. ^ Page from the Book of the Dead of Hunefer”. 大英博物館 (British Museum). 2013年2月2日閲覧。
  5. ^ Egyptian Book of the Dead”. Egyptartsite.com. 2012年8月18日閲覧。

参考文献[編集]