ジャッカル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャッカル
Black Backed Jackal Masaai Mara April 2008.JPG
セグロジャッカル
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: ネコ目(食肉目)Carnivora
: イヌ科 Canidae
亜科 : イヌ亜科 Canini
: イヌ属 Canis
階級なし : “ジャッカル” “Jackal”
和名
ジャッカル
英名
Jackal
   キンイロジャッカル(おそらくエジプトジャッカルを含む)   ヨコスジジャッカル   セグロジャッカル
  キンイロジャッカル(おそらくエジプトジャッカルを含む)
  ヨコスジジャッカル
  セグロジャッカル

ジャッカルジャコール(胡狼、英語: Jackal)は、哺乳綱食肉目イヌ科イヌ属 Canis の、キンイロジャッカルに似た中小型種3[1]–4[2]種の総称である。ただしこれらは、互いに最も近縁な関係になく、単系統ではない。

名称[編集]

語源は、サンスクリットキンイロジャッカルを意味するシュリガーラ (शृगालśṛgāla) であり、漢訳仏典では「野干」「悉伽羅」などと音訳された。

シュリガーラは、ペルシャ語のシャガール (شغالshaghāl)、トルコ語のチャカル (çakal) を経由して[3][4]英語に入った。

特徴[編集]

体長65〜106cm、尾20〜41cmほどで、オオカミに似るが耳は大きく、体は薄い金色〜黄褐色で、背と尾には黒色の毛が多い。アジア南部〜ヨーロッパ南東部、アフリカに分布。平原や林に1〜6頭で棲み、夜出て猛獣の食べ残しをあさるほか、ネズミウサギなどを襲い、サトウキビなども食べる。穴を掘るのが上手く、4〜9匹の子を生む。

種類[編集]

[編集]

キンイロジャッカル C. aureus
南アジア中央アジア西アジア東南ヨーロッパ北アフリカ東アフリカに生息[5]
アビシニアジャッカル C. simensis
エチオピアに生息。アビシニアオオカミなどとも呼び、ジャッカルに含めないこともある[1]
セグロジャッカル C. mesomelas
南部アフリカに生息。
ヨコスジジャッカル C. adustus
中部アフリカに生息。

旧亜種[編集]

アフリカオオカミ
エジプト、エチオピアに生生息。かつてはキンイロジャッカルの亜種エジプトジャッカル Canis aureus lupaster とする説が有力だったが、キンイロジャッカルではなくオオカミであると判明した[5]。現在はオオカミの亜種アフリカオオカミ Canis lupus lupaster とされている。

雑種[編集]

オオカミ(イヌ)と近縁なキンイロジャッカルとアビシニアジャッカルは、イヌと野生状態で交雑し[6]、繁殖能力を持つ正常な仔が生まれる。イヌ(イエイヌ)とジャッカルの交配種(品種又は雑種)をジャッカル・ハイブリッド(・ドッグ)と呼ぶ。

交配されたジャッカルの種によっては獰猛なものもいるが、狼犬と比べると小柄で、ペットとして飼育される国もある。しかし、日本ではジャッカルは特定動物に指定されているため、その交配種であるジャッカル・ハイブリッドも飼育には許可がいる。ロシアでは空港爆発物麻薬を捜索するための探知犬として、キンイロジャッカルシベリアン・ハスキーの交配犬種のスリモヴ・ドッグがいる。

系統関係[編集]

4種の類縁関係は完全には判明していないが、単系統群を作ることはない[6][5]

キンイロジャッカルとアビシニアジャッカルは、オオカミやコヨーテに近縁である。

セグロジャッカルとアビシニアジャッカルは、それら(下図の「※」)から若干離れている。※とは離れた系統である(別属のドールリカオンの方が※に近い)とする説もあった[6]が、やはり※に近縁かもしれない[5]



オオカミ(含 イヌC. lupus



キンイロジャッカル C. aureus



コヨーテ C. latrans



アビシニアジャッカル C. simensis




セグロジャッカル C. mesomelas



ヨコスジジャッカル C. adustus



ドール Cuon alpinus



リカオン Lycaon pictus



文化[編集]

死肉を漁るジャッカルの姿から、に関係する神と結び付けられる。

エジプト神話双子の冥界神(異説あり)アヌビスウプウアウトは、エジプトのイヌ属であるエジプトジャッカルの頭部を持つ半人半獣、あるいはエジプトジャッカルそのものの姿に描かれてきた。しかし、エジプトジャッカルは、実際はオオカミであることが判明した[5][7]

ヒンドゥー教では、女神チャームンダー(ドゥルガーの分身の七母神の1神)が、ジャッカルを乗り物(ヴァーハナ)とする。火葬場に住み、痩せ細った体でしばしば死体の上に立つ姿で表される。また、同じくドゥルガーの分身であるカーリーも、幾多のジャッカルに囲まれて火葬場に居住するとされる。動物の肉が供えられると、カーリーはジャッカルの姿で司祭者の前に現われるとも伝えられる[8]

仏教では、漢訳仏典で「野干」・「射干」(やかん)と音写され、ジャッカルのいない中国ではと混同された。そして日本にも野干は狐のこととして伝えられた。しかし、「ダーキニー(荼枳尼)の乗り物はジャッカル(野干)で、中国・日本に伝わったさいに狐に乗るとされた」というのは俗説である。漢訳仏典には荼枳尼が野干に乗るという記述はない。

脚注[編集]

[ヘルプ]