後巷説百物語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
後巷説百物語
著者 京極夏彦
発行日 2003年12月3日
発行元 角川書店
ジャンル 妖怪時代小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六判
ページ数 784
前作 続巷説百物語
次作 前巷説百物語
コード ISBN 4-04-873501-2
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示
巷説百物語シリーズ > 後巷説百物語

後巷説百物語』(のちのこうせつひゃくものがたり)は、角川書店から刊行されている京極夏彦の妖怪時代小説。「巷説百物語シリーズ」の第3作。妖怪マガジン『』のvol.0011からvol.0015まで連載された。第130回直木賞受賞作。

概要[編集]

江戸時代を舞台とした前作『続巷説百物語』とは趣を変え、明治時代に時代が移り、老人になった山岡百介の回想という形で数十年前に又市たちが実行した仕掛けが語られる。また、百介が自分から事件に関わるのではなく、4人の青年から怪事件の相談を持ちかけられるという形式に変わっている。

あらすじ[編集]

舞台は『続巷説百物語』から更に時代が流れた明治10年東京警視庁一等巡査・矢作剣之進が持ち込む奇妙な話や事件を笹村与次郎達友人は協力し解決を試みる過程で、毎度のように薬研堀の一白翁のもとを訪れ智慧を借りる。彼らは老人がかつて体験した奇妙な体験談を聞くうちに現在追っている事件の謎を見つけ出していく。

主な登場人物[編集]

主要登場人物は巷説百物語シリーズを参照。

一白翁(いつぱくおう)
薬研堀界隈に九十九庵という閑居を構え、遠縁であるという娘、山岡小夜と暮らす老人。歳の頃は80と幾つか、鶴の如くに痩せ細った色白の老爺で笹村達には「薬研堀のご隠居」と呼ばれている。
巷説百物語』、『続巷説百物語』に登場する山岡百介その人の晩年の姿であり、一白翁はである。
旧幕時代、笹村与次郎が仕えていた北林藩を救った恩人として恩賞金を月々届けられており、二人はそれで知り合っている。その後、明治に入ってから数年の没交渉を経た後、笹村の訪問により私的な交流が復活している。
非常に博識な上、若いころに経験したという不思議な体験談を豊富に持っており、与次郎達四人はその話を楽しみに訪問しており、その中で矢作巡査の持ちこむ不思議な事件の相談を持ちかけるようになる。詳しくは巷説百物語シリーズを参照。
山岡 小夜(やまおか さよ)
薬研堀・九十九庵で、一白翁こと山岡百介の面倒を見ながら一緒に暮らしている娘。与次郎達四人が密かに憧れている存在でもある。
戸籍上は百介の姪孫で、戊辰戦争で戦死した兄・軍八郎の息子の庶子とされているが、実は又市の仲間おぎんの孫である。サンカであった母・りんは元治元年に武士に殺されており、身寄りをなくし智弁禅師に保護された後、かつての縁で百介に引き取られた。容姿はおぎんに瓜二つである。
百介にとって彼女の存在は、何十年も前に不意に姿を消した又市達が確かに存在し自分と繋がっていたという証明でもあり宝である。
笹村 与次郎(ささむら よじろう)
貿易会社・加納商事職員で、元北林藩の江戸詰め藩士。旧幕府時代、一白翁に藩からの恩賞金を毎月届ける役を慶応2年から務めていた。奇異な出来事や不可解な事件には多少興味がある程度で、古い書物は好むものの歴史はからきし苦手。次第に1人で九十九庵を訪れることが多くなる。若いころの百介と感性が似ているため気に入られている。
矢作 剣之進(やはぎ けんのしん)
東京警視庁一等巡査で、元南町奉行所の見習い同心。珍談奇談が好きで、古典籍に精通し歴史に詳しい。童顔のたぐいだが、口ひげをはやしているのが不釣り合いに見える。笹村たち友人や一白翁の知恵を借りて怪奇な事件を何度も解決した事から、巷から妖物噺専門の官警「不思議巡査」とあだ名される様になる。
およそ10年後を描く「書楼弔堂シリーズ」にも登場。警察は退官しており、井上円了の門下となっている。
倉田 正馬(くらた しょうま)
父親が徳川方の重臣で旗本の二男。与次郎と同じ貿易会社に勤めていた同僚だが、働くのを嫌い3日で辞めて現在は無職。洋行帰りでもあり、知識をひけらかすきらいがある。どこか芒洋としたところがあって冴えを感じられず、風体も洒落ている訳ではないのに、顔に不釣り合いな洋装を好む。
渋谷 惣兵衛(しぶや そうべえ)
山岡鉄舟に剣の手ほどきを受けた強者で、猿楽町で剣術の道場を開いているが閑古鳥のため、警察の剣術指南もしている。与二郎と同じ北林藩の出身だが、幼いころに養子に出された。髭だらけで強面の山賊のような風貌だが、意外と合理主義者でもある。普段は倉田と言い争いばかりしているが不思議な出来事に関するスタンスは一致する事が多く、笹村を論破しようとする時だけ倉田と一致団結する。

赤えいの魚[編集]

「島が一夜にして海に沈むのか」という話をしていた与次郎たちは、薬研堀の一白翁のもとを訪ねる。そこで、老人は40年ほど前に自らが男鹿半島の向こうにあったという戎島(えびすじま)で体験した事件のことを話し出す。品川宿の旅籠の庭に聳える大柳に纏わる奇ッ怪な騒動が一段落し、江戸に戻る途中のことであった。(『怪』vol.0011 掲載)

登場人物[編集]

三左(さんざ)〈仁王の三左〉
2年前に一網打尽にされた茶枳尼組の盗賊。三人組の兄貴分。甲州から信州越後を抜けて出羽まで追われて来て、男鹿半島入道崎に潜伏していた。代官所の追手が北浦まで迫り切羽詰まっていたところ、物見遊山に現れた百介を人質に取り、偶然霧から姿を見せていた戎島を目指す。
弐吉(にきち)〈小走りの弐吉〉
元茶枳尼組。弟分。
与太 (よた)〈山猫の与太〉
元茶枳尼組。弟分。
戎 甲兵衛(えびす こうべえ)
戎島・島親戎家7代目当主。50過ぎの禿頭の色の浅黒い野卑な風貌の男。300年程前に島へ富を齎した六部の末裔で、島民に頼まれて領主を呪殺しようとしたのが領主に露見して、島民に裏切られて殺され、その際の遺言により代々島親に就いている。
250余名の島民を含む島のもの全てが島親の所有物であり、掟で島民は島親に絶対服従し、漂流して来た人間ですら例外ではない。黒鍬衆が作った穀物や福揚衆が海から陸に揚げた福材は凡て自分の元へ集まり、13歳から20歳までの女は側女の役目を果たす夜伽衆として御殿に召し上がるという特権階級にある。掟でどんなことをされても忤わず、厭と言わず笑顔で死んでいく島民達に苛立ち、島へ漂着し自らの所有物となった人々に残虐非道な行為をしては愉しんでいる。
満月の日にだけ出現する本土への道が沈んで以来、100年ぶりに「客」として歩いて島を訪れた百助を歓待する。
吟蔵(ぎんぞう)
御殿で島親に仕える、10人のお世話衆の一員。客である百介の世話をすることになる。
戎 亥兵衛(えびす いへえ)
戎島・島親戎家8代目当主。甲兵衛の息子。
寿美(すみ)
亥兵衛の産み親(夜伽衆の中で島親の子を産んだ女性)で、現在は吟蔵の妻。

天火[編集]

両国で起こった小火騒ぎが発展し、油商いの根本屋が全焼した。犯人は根本屋の後妻だとみられたが、彼女は5年前に死んだ前妻の顔をした火の玉が火をつけたと証言する。頭を抱える剣之進は、与次郎たちと共に一白翁のもとを訪れると、老人はかつて摂津で起こった怪火にまつわる事件のことを語る。京の帷子辻で起きた奇妙な事件の後、大塩平八郎の乱の翌年か翌々年のことであった。(『怪』vol.0012 掲載)

登場人物[編集]

一文字屋 仁蔵(いちもんじや にぞう)〈一文字狸の仁蔵〉
大坂の版元。百介の戯作を買い上げた。京都から来た又市や百介一行をしばらく滞在させる。上方で裏の渡世の元締めをしていた。
天行坊(てんぎょうぼう)
摂津国のとある村にふらりと現れ、村外れに住み着いた霊験あらたかな六部。村を悩ましている怪火退治を快く引き受ける。
茂助(もすけ)
村の総代。天行坊とともに怪火退治に向かった4人のうちの1人。
権左衛門(ごんざえもん)
土井藩領十五箇村の代表を務める庄屋。陣屋の代官からお呼びがかかり大忙しらしい。
権兵衛(ごんべえ)
先代の庄屋。隠居し、珍しい話が三度の飯より好きという。百介をしばらく逗留させる。
鴻巣 玄馬
陣屋代官。農政に造詣が深く、陽明学を学び、農民達とも分け隔てなく接していた。人格高潔だといわれるが、婿養子で、藩の要人の息女であった妻・雪乃が淫蕩の病にかかっていると噂されている。
美代(みよ)
両国界隈で頻発する小火騒ぎで店が全焼した油商売「根本屋」の内儀で考三郎の後妻。気丈な性格で合理的な考え方をする。警察から火付けの犯人ではないかと疑われているが、前妻・お絹の顔をした怪火が家に飛び込んで来るのを見たと証言し、火事の原因は前妻の怨念だと無罪を主張する。
考三郎(こうざぶろう)
根本屋の主人。お絹の婿養子として店に入るが5年前に死別し、美代と再婚した。臆病な性格。店が全焼した際に逃げ遅れて火傷を負う。

手負蛇[編集]

池袋村の旧家で起こった蛇塚の祠に入っていた毒蛇による死亡事故。「蛇はどれほど生きるのか」という話題を与次郎たちが一白翁のもとへ持ち込むと、老人は30数年前にその祠ができたとき自分もそこにいたとして、その時のことを話し始めるのだった。(『怪』vol.0013 掲載)

登場人物[編集]

塚守 伊佐治(つかもり いさじ)
近在でも指折りの大百姓として知られる池袋村の旧家、塚守家の先代家長。30数年前、天保のころに父が死んだ原因である祟りの言い伝えを確かめるためにくちなわ塚の函を開けようとしたとされ、近くの沼のほとりで二の腕を蛇に咬まれて死亡している。
塚守 伊三郎(つかもり いさぶろう)
伊佐治の父。元々流れ者で、怪我をして村にやって来たところを、当時口縄塚のお屋敷と呼ばれた塚守家の百姓に介抱され、養生するうちに屋敷の娘と恋仲になって村に居着き、恩を返すために懸命に働き一心不乱に村に尽くした。伊三郎を助けてからぐんぐん家運が増し、急に裕福になったので蛇憑き筋ではないかといわれていた。
70年前に村民が何名か亡くなったのを自分が取り殺したのだと因縁を付けられ、屋敷に乗り込んで来た大衆に追い詰められて、潔白を証明するため祟り塚の中に納められた石函を開け、中に入っていた蛇に頸を咬まれて亡くなる。
塚守 粂七(つかもり くめしち)
塚守家の現家長で、伊佐治の異父弟。伊三郎の死後、塚守家に養子に入った善吉の息子。兄の死後、家を切り盛りしていた。明治10年現在で60歳を超えているが、勤勉で無欲で実直なので評判。兄の伊佐治と兄嫁の死後、又市と百介の勧めで蛇塚に祠を立てた。
塚守 正五郎(つかもり しょうごろう)
粂七の息子。親譲りの生真面目ぶりで、世の中の乱れに負けず家を発展させて来た。
お里
伊佐治の妻。止めるのも聞かずに塚を暴いて死んだ夫の後を追うように、同じ沼のほとりで項を蛇に咬まれ亡くなる。
塚守 伊之助(つかもり いのすけ)
伊佐治の遺児。5、6歳の頃に両親を亡くして義父の粂七に何不自由なく育てられるが、何かにつけて主筋は自分だと言って粂七親子に食ってかかるうえ、全く働かなかった。重犯罪こそ犯さないが素行も著しく悪く、死ぬ前日には嫁入り前の小作人の娘に手を付けて、目に余ると小作人一同が決起が起こるという大騒ぎに発展した。縁付いても気に入らぬとすぐに離縁したり、乱暴を働いて女房に去られるので、いまだ独り身。
明治になって悪い仲間と蛇塚の祠を壊したところ、中に入っていたに首筋を咬まれて死亡した。

山男[編集]

野方村で山男に攫われた娘が、子供を連れて帰ってくる。「山男」とは実在するものなのか、という議論に行き詰った4人組は一白翁のもとを訪れると、老人はかつて遠州秋葉山で自らが体験した山男の話を始めるのだった。(『怪』vol.0014 掲載)

登場人物[編集]

蒲生 いね(がもう いね)
蒲生茂助の長女。北国の醤油商い業者と縁組みが決まっていたが、粉碾きに雇い入れた元長吏と元サンカのいざこざが大騒動に発展、縁談も雲散霧消し、関係者が解雇されて間もなく、明治6年の冬に失踪する(当時18歳)。3年後、見窄らしい身形で赤ん坊を連れて高尾山の麓附近の村外れを歩いていたのを土地の者に保護された。
蒲生 茂助(がもう もすけ)
武蔵国野方村の大百姓。元々広大な土地を所有する大百姓で、大根甘薯馬鈴薯などを手広く作って府内へ出荷、御一新を境に蕎麦の製粉業にも着手して財を成した。土地を有効活用するためにあらゆる身分の者を平等に扱い、特性が発揮出来るように配慮して人を使った。人柄も面倒見も良く、使用人達や取引先からも慕われ、商いも軌道に乗っていたが、長吏非人漂泊の民を使うことに酷く反発する者、妬んで快く思わない者もいた。
平左(へいざ)
茂助の元で働いていた、サンカと思われる青年。いねに懸想していたが、それがもとでけんかを起こし、解雇され山へ帰っていった。
山野 金六(やまの きんろく)
村の総代の息子。背は6尺に満たないが大柄な威丈夫。高尾山薬王院の信者で、頻繁に参拝に通っていた。
暴動の際に茂助に抗議した。いねを探す山狩りの最中、高尾山麓で鋭い刃物で刺殺される。
俣蔵(またぞう)
白鞍村出身。かつて谷底に落ち、足を骨折したところを、身の丈八尺か九尺はある山男に助けられたという。
伍作(ごさく)
俣蔵の従兄弟。若き日の百介と又市を白鞍村ませ道案内をする途中で行方知れずになっていたお千代を発見する。
義助(ぎすけ)
遠州織物の老舗問屋・檜屋の大番頭。隠居した大旦那・和三郎の腹違いの弟。山中で目撃された姪を探す山狩りに参加したが、白鞍村の村民2名と共に倒木に圧し潰されて死亡する。
和三郎(わさぶろう)
檜屋の大旦那。すでに隠居しており元番頭の婿養子である若旦那に店を任せていた。
お千代(おちよ)
和三郎の一人娘。婿養子の若旦那とともに、義母の見舞いに向かう途中で行方不明になり、1年後、白鞍村への道中でぼろぼろの衣服を着ておびえているのが目撃される。

五位の光[編集]

由良公房卿に「青鷺は光り、人に変ずるのか」と尋ねられた剣之進は、与次郎に質問するが明確な答えは得られず、一白翁のもとへ向かうこととなる。老人は又市と関わりを持った最後の仕掛けを話し出す。それは北林の大事件から4年ばかり後のことであった。(『怪』voi.0015 掲載)

登場人物[編集]

由良 公房(ゆら きみふさ)
伯爵尊王攘夷運動に邁進し、御一新後は参与から幾つかの要職を歴任、父の死を契機に政界から身を引いて身辺を整理し、都から府内に移住して、慣れない商売に手を出すこともなく、質素な暮らしを送る。49歳。
他の4人の兄弟は後添えとなった他家の姫の子で、生まれてすぐ鬼籍に入った実母については誰なのか記録に残っていない。若い頃は儒学より神道国史地誌の方に興味を持ち、諸国を旅して由来や祭神を聞くことを善くしていた。公卿の多くが貧窮する中で旅をするだけの余裕があったことから、魔物の子だという中傷めいた噂が流れていた。父が亡くなった際に家督をそっくり受け取らず、遺産は兄弟全部で分配し、加えて息子が私塾を開いた時の出費や孫と子がほぼ同時に生まれたことで、現在は相当苦しい。
50年近く前の天保の頃、3、4歳の頃に青白く光る女から父の元へ引き渡され、直後に女は光る青鷺に変じて飛び去ったという記憶を持つ。その20年後の安政のころに信州蓼科山の中で記憶の場所を発見し、同様の不思議な体験をした。このことから、前年に両国の怪火事件を解決した剣之進に、青鷺について質問した。
陰摩羅鬼の瑕」にも名前が登場。
由良 公篤(ゆら きみあつ)
公房卿の息子。一昨年、22歳で孝悌塾という私塾を開いた秀才儒学者。門人には外国の者も多い。
商事会社を興した末の叔父の公胤とは反りが合わず、分家の施しを受けて暮らす本家は物乞と変わらないと誹られたのが契機となり、学問で身を立ててやろうと発奮して塾を開く。ただ、塾自体の人気はあるものの、開塾した際の借金がまだ残っているので経営は厳しい。
「陰摩羅鬼の瑕」にも名前が登場。
由良 胤房(ゆら たねふさ)
公房卿の父。公房の記憶の中では、幼い公房を抱いた光り輝く女に土下座していたという。御一新前から病の床に臥せり、明治2年に死の間際で「宝を手に入れた」と言い残し亡くなっている。
山形(やまがた)
士族の青年。公篤が一時期学んだ儒者の内弟子、謂わば弟弟子であり、その後孝悌塾の門人となって番頭のようなことをしていた。
南方衆
信州で建御名方神を崇める一族。頭骨を御神体として崇める者どもらしい。八咫鴉のお告げにより日本中の御神体を探すことになる。

風の神[編集]

百物語をやり終えると本当に怪異が起こるのか」と公篤卿は弟子たちに尋ねられる。その話を公房卿から持ちかけられた剣之進は、それを検証するために百物語の怪談会の幹事をすることとなる。一白翁は、その会にある寺の住職を呼んでほしいと頼むのだった。(書き下ろし)

登場人物[編集]

和田 智弁(わだ ちべん)
鎌倉臨済宗寺院の貫首。書画作庭の大家でもあり、庭石などを求めて山野を訪ねることも多い。山科辺りを散策していた際に、山中で死にかけていた小夜を救った命の恩人。
和田 智稔(わだ ちねん)
智弁禅師の甥。智弁とともに九十九庵の百介の元を訪ねる。
鉄鼠の檻」にも名前が登場。
三遊亭 圓朝 (さんゆうてい えんちょう)
落語家。惣兵衛の師・山岡鉄舟のつてで、百物語に参加するよう頼まれ、本名の出淵次郎吉としてお忍びで参加することを快諾した。幽霊の絵を集めている。
国枝 慧嶽(くにえだ えがく)
千住にある真言系寺院の住職。元薩摩の密偵で、元の名は国枝喜左衛門。小夜の母・りんを殺した張本人。普段は普通だが度を超えた花癲で、興奮すると歯止めがなくなって女を無理矢理陵辱したり、抵抗すると乱暴したりして、幾度も相手を死に至らしめたという。お縄になって当然な危険人物だが、新政府の公に出来ぬ弱みを握っているので軽々しく手を出せない。新政府に登用されることを固辞し、出家した。加持祈祷に霊験あらたかとして有名になっている。
百介の推薦で、百物語に立会人兼お祓い役として百物語会に呼ばれる。
由良 公篤(ゆら きみあつ)
孝悌塾塾長。門弟とともに百物語会に参加する。由良公房の息子。
由良 公房(ゆら きみふさ)
伯爵。剣之進に百物語の件を持ちかけ、百物語会に参加する。
鬼原 俣吾(きはら またご)
『假名讀新聞』、通称かなよみの記者。怪談好きで、百物語会に参加し、江戸の随筆に材を取った怪談を巧みな語り口で披露する。
印南 市郎兵衛(いんなみ いちろべえ)
『東京繪入新聞』の記者。怪談好きで、百物語会に参加し、新聞記者として聞き集めた奇怪な実話を豊かな表現で披露する。

書誌情報[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]