ペリメーデー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ペリメーデー古希: Περιμήδη, Perimēdē)は、ギリシア神話の女性である。長母音を省略してペリメデとも表記される。同名の女性が複数知られており、主に、

が知られている。以下に順に説明する。

アイオロスの娘[編集]

この女性はアイオロスとエナレテーの娘で、クレーテウスシーシュポスアタマースサルモーネウスデーイオーンマグネースペリエーレースカナケーアルキュオネーカリュケーペイシディケーと兄弟[1][2]

河神アケローオスとの間にヒッポダマース、オレステースを生んだ[2]

クレオーンの姉妹[編集]

この女性はテーバイ王クレオーンの姉妹で、リキュムニオスの妻[3]オイオーノス[4][5][6]、アルゲイオス、メラースの母[7]

ヘーラクレースの父アムピトリュオーンは誤ってエーレクトリュオーンを殺してしまい、テーバイにやって来てクレオーンに罪を浄められた。このときペリメーデーはアムピクトリュオーンに同行してテーバイに来ていたリキュムニオスに妻として与えられた[3]

オイネウスの娘[編集]

サモス島アシオスによると、この女性はオイネウスの娘で、ポイニクスとの間に2女アステュパライア、エウローペーを生んだ。アステュパライアは海神ポセイドーンの子アンカイオスの母となった[8]。エウローペーはカドモスの兄妹のエウローペーと同一人物と考えられている[9][10]

脚注[編集]

  1. ^ ヘーシオドス『名婦列伝』断片(fr.10)。
  2. ^ a b アポロドーロス、1巻7・3。
  3. ^ a b アポロドーロス、2巻4・6。
  4. ^ ピンダロス『オリュンピア祝勝歌』第10歌65行-66行。
  5. ^ パウサニアス、3巻15・4。
  6. ^ シケリアのディオドロス、4巻33・5。
  7. ^ アポロドーロス、2巻4・6。
  8. ^ パウサニアス、7巻4・2。
  9. ^ 高津春繁『ギリシア・ローマ神話辞典』p.67a。
  10. ^ 高津春繁『ギリシア・ローマ神話辞典』p.260a。

参考文献[編集]