ニュクテウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ニュクテウス古希: Νυκτεύς, Nykteus, ラテン語: Nycteus)は、ギリシア神話の人物である。「夜の男」の意。

ヒュリエウスニュムペーのクロニエーの子で、リュコスと兄弟。あるいはスパルトイの1人のクトニオスの子であるともいわれる[1][2]ポリュクソーとの間に[1]ニュクテーイス、アンティオペーをもうけた[2]。一説にカリストーもニュクテウスの娘といわれる[3]。ニュクテーイスはカドモスの子ポリュドーロスの妻でラブダコスの母、アンティオペーは双子の兄弟ゼートスアムピーオーンの母。

神話[編集]

ニュクテウスとリュコスは、プレギュアース[注釈 1]を殺したためエウボイアから逃れ、ヒュリアーに住んでいたが、テーバイ王のペンテウスと親しかったのでテーバイに迎えられた[2]。後にニュクテウスはポリュドーロス王の死のさいに、ラブダコスの後見を頼まれたが[4]、娘のアンティオペーがゼウスの子を身ごもったときに激しく怒ったため、アンティオペーはシキュオーンに逃げてエポーペウスと結婚した。絶望したニュクテウスは兄弟のリュコスにアンティオペーとエポーペウスを罰するよう頼んで自殺した。そこでリュコスはシキュオーンを攻撃してエポーペウスを殺し、アンティオペーを連れ戻したが、アンティオペーは密かにゼートスとアムピーオーンを産んで捨てた[2][注釈 2]

一説にニュクテウスはアンティオペーとエポーペウスが結婚したとき、シキュオーンを攻撃したが傷ついて倒れ、テーバイに運ばれて死に、そのさいリュコスに引き続きラブダコスの後見をすることと、アンティオペーとエポーペウスを罰することを頼んだ。その後間もなくエポーペウスも死んだため、リュコスは戦争をすることなくアンティオペーをシキュオーンから連れ戻したという[6]

系図[編集]

 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヒュリエウス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カドモス
 
 
ニュクテウス
 
ポリュクソー
 
 
 
 
リュコス
 
ディルケー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ポリュドーロス
 
ニュクテーイス
 
 
 
アンティオペー
 
ゼウス
 
 
 
 
タンタロス
 
ディオーネー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ラブダコス
 
 
 
ゼートス
 
テーベー
 
アムピーオーン
 
ニオベー
 
 
 
ペロプス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ラーイオス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
クローリス
 
ネーレウス
 
 


脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ アポロドローロスはボイオーティアの女のドーティスとアレースの子という[2]
  2. ^ ジェームズ・フレイザーは、エウボイアはボイオーティアの地名とするが、不明[5]

脚注[編集]

  1. ^ a b アポロドーロス、3巻10・1。
  2. ^ a b c d e アポロドーロス、3巻5・5。
  3. ^ サモス島のアシオス(アポロドーロス引用、3巻8・2)。
  4. ^ パウサニアス、9巻5・4。
  5. ^ 高津訳注、p.221。
  6. ^ パウサニアス、2巻6・2-6・3。

参考文献[編集]