ディルケー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
古代ローマ時代のポンペイの壁画 Dirce's punishment(アンティオペーの二人の息子により牡牛の角に縛り付けられて殺されるディルケー)

ディルケー古代ギリシア語: Δίρκη発音 [dírkɛː], 英語: Dirce)はギリシア神話に登場する女性で、テーバイリュコスの後妻[1][2]。牡牛の角に縛り付けられて死んだ[2]

リュコスの前妻アンティオペーエポーペウスに穢され、リュコスに追い出された後にゼウスに愛された。しかしリュコスの後妻ディルケーはアンティオペーとリュコスの関係を疑い、アンティオペーを捕らえた[3]。捕らわれたアンティオペーはリュコスとディルケーに虐待されたが、あるとき牢から逃げ出し、子供たちのところに来て助けを求めた。子どもたち2人(ゼートスアムピーオーン)はリュコスとディルケーを殺し王位を奪い返した[1]。このとき、ディルケーは牡牛の角に縛り付けられて殺されたとされる[4]

 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヒュリエウス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カドモス
 
 
ニュクテウス
 
ポリュクソー
 
 
 
 
リュコス
 
ディルケー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ポリュドーロス
 
ニュクテーイス
 
 
 
アンティオペー
 
ゼウス
 
 
 
 
タンタロス
 
ディオーネー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ラブダコス
 
 
 
ゼートス
 
テーベー
 
アムピーオーン
 
ニオベー
 
 
 
ペロプス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ラーイオス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ネーレウス
 
クローリス
 
 


参考文献[編集]

  1. ^ a b アポロドーロス、3巻5・5
  2. ^ a b 神田外語大学 図書館便り 第40号 http://www.kuis.ac.jp/toshokan/newsletter/40.html
  3. ^ ヒュギーヌス、7
  4. ^ ヒュギーヌス、8