GJ 1214

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
GJ 1214
GJ 1214の想像図
GJ 1214の想像図
星座 へびつかい座
視等級 (V) 14.71[1]
変光星型 りゅう座BY型 + トランジット[2]
位置
元期:J2000.0
赤経 (RA, α) 17h 15m 18.94s[3]
赤緯 (Dec, δ) +04° 57′ 49.7″[3]
視線速度 (Rv) 16 km/s[3]
固有運動 (μ) 赤経: 585.0 ミリ秒/[3]
赤緯: -752.0[3]
年周視差 (π) 68.71 ± 0.6 ミリ秒[3]
距離 47.4 光年
(14.55 パーセク
絶対等級 (MV) 13.9
物理的性質
半径 0.216 ± 0.012 R[4]
質量 0.150 ± 0.011 M[4]
表面重力 4.944 ± 0.013 (log g)[4]
スペクトル分類 M4.5V[3]
光度 0.00405 L[5]
表面温度 3,026 ± 150 K[4]
金属量[Fe/H] +0.39 ± 0.15[4]
年齢 6 ×109
別名称
別名称
LHS 3275, GJ 1214, NLTT 44431

USNO 256, GEN# +9.80139021,
LSPM J1715+0457, UBV M 53793,
[RHG95] 2724, G 139-21,
2MASS J17151894+0457496,

USNO-B1.0 0949-00280047.[3]
Template (ノート 解説) ■Project

GJ 1214グリーゼ・ヤーライス1214)は、へびつかい座の方角、地球からおよそ47光年の位置に存在するスペクトル型M4.5の赤色矮星である。

特徴[編集]

GJ 1214の視等級は、14.7と暗い[3]。この恒星のサイズは太陽のおよそ5分の1、表面温度は約2,700光度は太陽の0.4%程度と推定されている[4][5]

GJ 1214の明るさは、時間とともに最大1%程度変化しており、これは恒星黒点の存在と恒星の自転によるものと考えられる[1]

大きさの比較
太陽 GJ 1214
太陽 Exoplanet

惑星系[編集]

2009年12月17日ハーバード・スミソニアン天体物理学センターを中心とするグループが、太陽系外惑星であるGJ 1214b軌道上に発見されたと発表した[6]。この惑星は、組成のうち3/4がである可能性が示され、発見当時は、どの系外惑星より地球に似ている可能性があると言われた[7]

GJ 1214bは、系外のスーパーアースとしてはCoRoT-7bに続いて2番目に質量と半径が推定された惑星となった[6]。更に、系外のスーパーアースとしては初めて大気の存在が確認された[1]。中心星のスペクトルの惑星大気による吸収を観測することで、惑星大気の分析も進んでいる[8]

トランジットによる変光を詳細に分析した結果、2つ目の惑星の存在については、海王星サイズの惑星は中心星の近傍にはなく、地球サイズの惑星の場合も制限が加えられている[1][4]

GJ 1214の惑星[4]
名称
(恒星に近い順)
質量 軌道長半径
天文単位
公転周期
()
軌道離心率 軌道傾斜角 半径
b 0.0197 MJ 0.01411 1.580405 < 0.27 88.17° 0.254 RJ

参考文献[編集]

  1. ^ a b c d Berta, Zachory K.; et al. (2011-07), “The GJ1214 Super-Earth System: Stellar Variability, New Transits, and a Search for Additional Planets”, Astrophysical Journal 736 (1): 12, Bibcode 2011ApJ...736...12B, doi:10.1088/0004-637X/736/1/12 
  2. ^ VSX: Detail for GJ 1214”. AAVSO. 2017年3月2日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i GJ 1214 -- High proper-motion Star”. SIMBAD. Centre de Données astronomiques de Strasbourg. 2009年12月16日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h Harpsøe, K. B. W;. et al. (2013-01), “The transiting system GJ1214: high-precision defocused transit observations and a search for evidence of transit timing variation”, Astronomy and Astrophysics 549: A10, Bibcode 2013A&A...549A..10H, doi:10.1051/0004-6361/201219996 
  5. ^ a b Anglada-Escudé, G.; et al. (2013-03), “GJ 1214 reviewed. Trigonometric parallax, stellar parameters, new orbital solution, and bulk properties for the super-Earth GJ 1214b”, Astronomy and Astrophysics 551: A48, Bibcode 2013A&A...551A..48A, doi:10.1051/0004-6361/201219250 
  6. ^ a b Charbonneau, David; et al. (2009). “A super-Earth transiting a nearby low-mass star”. Nature 462 (7275): 891-894. Bibcode 2009Natur.462..891C. doi:10.1038/nature08679. 
  7. ^ Water World so near by”. T G Daily. 2009年12月18日閲覧。
  8. ^ Morley, Caroline V.; et al. (2013-09), “Quantitatively Assessing the Role of Clouds in the Transmission Spectrum of GJ 1214b”, Astrophysical Journal 775 (1): 33, Bibcode 2013ApJ...775...33M, doi:10.1088/0004-637X/775/1/33 

外部リンク[編集]

座標: 星図 17h 15m 18.94s, +4° 57′ 49.7″