ろくぶんぎ座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ろくぶんぎ座
Sextans
Sextans
属格 Sextantis, Sextansis
略符 Sex
発音 /ˈsɛkstənz/、属格:/sɛksˈtæntɨs/
象徴 the Sextant
概略位置:赤経 10
概略位置:赤緯 0
広さ 314平方度 (47位
主要恒星数 3
バイエル符号/
フラムスティード番号
を持つ恒星数
28
系外惑星が確認されている恒星数 2
3.0等より明るい恒星数 0
10パーセク以内にある恒星数 1
最輝星 α Sex(4.49
最も近い星 LHS 292;(14.8光年)
メシエ天体 無し
流星群 Sextantids
隣接する星座 しし座
うみへび座
コップ座
観測可能地域は+80°と−80°の間
21:00(午後9:00)に最も良く見えるのは4月の間

ろくぶんぎ座(六分儀座、Sextans)は、しし座の南、天の赤道上にある星座。5等級以上の明るさの星が1つしかない、目立たない星座である。

主な天体[編集]

恒星[編集]

  • α星:ろくぶんぎ座で最も明るい恒星(+4.49等)。

星団・星雲・銀河[編集]

由来と歴史[編集]

1687年ヨハネス・ヘヴェリウスによって設定された[1]。ヘヴェリウスは、天体の観測に天体望遠鏡を用いず、肉眼での天体観測に六分儀を愛用していた。1679年9月26日、ヘヴェリウスは火災によって自宅の天文観測装置や書物を失った。ろくぶんぎ座は、このとき失われた観測装置を偲んで設定したものである[1]

出典[編集]

  1. ^ a b Ridpath, Ian. “Star Tales - Sextans”. 2014年1月28日閲覧。