NGC 3115

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
NGC 3115
SPINDLE GALAXY[1]
NGC 3115.jpg
仮符号・別名 UGCA 199[1]、PGC 29265
Caldwell 53
星座 ろくぶんぎ座
視等級 (V) 9.9
視直径 7.2' × 2.5'
分類 レンズ状銀河
位置
元期:J2000.0[1]
赤経 (RA, α) 10h 05m 13.80s[1]
赤緯 (Dec, δ) -07° 43' 08"[1]
距離 3160万 ± 130万光年
Template (ノート 解説) ■Project

NGC 3115Caldwell53、スピンドル銀河[2])は、ろくぶんぎ座にあるレンズ状銀河1787年2月22日にウィリアム・ハーシェルによって発見された。銀河系の数倍の大きさがある。

1992年ハワイ大学のジョン・コーメンディ(John Kormendy )とミシガン大学のダグラス・リッチストーン(Douglas Richstone )はこの銀河内に超大質量ブラックホールを観測したと発表した。その質量は太陽の20億倍であり、当時発見されていたものでは最大規模のものであった。多くの星は年老いた星であり、ほとんどあるいは全く活動していないと思われる。また、ブラックホールの成長も止まっている。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e SIMBAD Astronomical Database”. Results for NGC 3115. 2012年5月4日閲覧。
  2. ^ 沼澤茂美・脇屋奈々代『星座の事典』ナツメ社 2007年。ISBN 978-4-8163-4364-3