NGC 2419

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
NGC 2419
ハッブル宇宙望遠鏡から見たNGC 2419credit アメリカ航空宇宙局 / 宇宙望遠鏡科学研究所 / WikiSky
仮符号・別名 GCl 12[1]Caldwell 25
星座 やまねこ座
視等級 (V) +9.06
視直径 6'
分類 球状星団[1]
位置
元期:J2000.0[1]
赤経 (RA, α) 07h 38m 08.51s[1]
赤緯 (Dec, δ) +38° 52' 54.9"[1]
距離 27万5000光年(8万4200パーセク[2](太陽から)
30万光年(9万1500パーセク[2](銀河核から)
物理的性質
半径 260光年[注釈 1]
Template (ノート 解説) ■Project

NGC 2419Caldwell 25)は、やまねこ座の方角にある球状星団である。

1788年12月31日にウィリアム・ハーシェルによって発見された[3]。V_HBは20.31である[2]。かつては銀河系の周囲を公転していないと誤って判断され、"the Intergalactic Wanderer,"(銀河間放浪者)というニックネームが付けられた。しかし実際にはマゼラン雲よりも遠くの軌道を公転しており、銀河系の一部をなすと考えられている。軌道距離が長いせいで、銀河系の周りを一周するのに30億年もかかる[4]

M13等の有名な球状星団と比べると暗い。NGC 2419は9等級であるが、良い気象条件ならば、102mm口径の望遠鏡で見ることができる。天文学者のLeos Ondraは、この天体はアンドロメダ銀河の観測者から見ると、銀河系のメインディスクの外側に位置し、「最も明るく見える」と述べている[4]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ distance × sin( diameter_angle / 2 ) = 260 ly. radius

出典[編集]

  1. ^ a b c d e SIMBAD Astronomical Database”. Results for NGC 2419. 2012年5月3日閲覧。
  2. ^ a b c Harris, W.E. (1996). “A Catalog of Parameters for Globular Clusters in the Milky Way”. AJ 112: 1487. doi:10.1086/118116. http://physwww.physics.mcmaster.ca/%7Eharris/mwgc.dat. 
  3. ^ http://www.seds.org/messier/xtra/ngc/n2419.html NGC 4189 at SEDS
  4. ^ a b Ferris, Timothy. Seeing in the Dark. 2002. p. 244

外部リンク[編集]

座標: 星図 07h 38m 08.51s, +38° 52′ 54.9″