NGC 3195

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
NGC 3195
ハッブル宇宙望遠鏡 (HST)で撮影したNGC 3195Credit: HST/NASA/ESA.
ハッブル宇宙望遠鏡 (HST)で撮影したNGC 3195
Credit: HST/NASA/ESA.
仮符号・別名 He2-44、Hen 2-44[1]、Sa2-57
PK 296-20.1、PN G296.6-20.0[1]
ESO 19-2[1]Caldwell 109
星座 カメレオン座
視等級 (V) 11.6
視直径 40" x 35"
分類 惑星状星雲
位置
元期:J2000.0[1]
赤経 (RA, α) 10h 09m 20.91s[1]
赤緯 (Dec, δ) -80° 51' 30.73"[1]
距離 5,500光年
Template (ノート 解説) ■Project

NGC 3195Caldwell 109)は、カメレオン座惑星状星雲である。明るい惑星状星雲の中では最も南に位置しており、北半球からは見ることができない。1835年、ジョン・ハーシェルによって発見された。

わずかに楕円で視直径40×35秒の大きさは、口径10.5cmの望遠鏡で低倍率で見ることができる。分光法により、NGC3195は秒速17kmで地球に近づいており、また星雲は秒速40kmで広がっていることが判明している。中心星の等級は15.3Vまたは16.1Bとして記載されており、眼視で観測することはできない。地球からの距離は約1.7キロパーセクだと推定されている。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f SIMBAD Astronomical Database”. Results for NGC 3195. 2012年5月3日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]