NGC 4889

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
NGC 4889
星座 かみのけ座
視等級 (V) +11.4
視直径 1′.49 × 17′.8 (3′)
分類 E4
位置
元期:J2000.0
赤経 (RA, α) 13h 00m 08.1s
赤緯 (Dec, δ) +27° 58′ 37″
赤方偏移 0.021665[1]
視線速度 (Rv) 6495 ± 13 km/s[1]
距離 308 ± 3 Mly (94.4 ± 0.8 Mpc)[2]
別名称
別名称
Caldwell 35
、UGC 8110、MCG 5-31-77、PGC 44715、ZWG 160.241、DRCG 27-148[3]
Template (ノート 解説) ■Project

NGC 4889Caldwell 35)は、かみのけ座にあるクラス4の超巨大[4]楕円銀河である。視等級は+11.4で、かみのけ座銀河団の中で最も明るい。近くには裸眼で見えるG型主系列星かみのけ座β星や同じ銀河団の[4]NGC 4874銀河北極がある。地球からは約3億800万光年離れている[2]。銀河団の大部分は約7000km/sで後退しているが[5]、NGC 4889自体は6495km/sで後退している。

NGC 4889内には、2011年12月時点で直接観測された最も大きいブラックホールが存在する。このブラックホールの質量は、太陽質量の60億から370億倍、恐らく約210億倍と推定されている[6]。これはOJ 287の180億倍よりも重いが、それと比べると数値の幅が大きい[7]

誤ってNGC 4884としても2重に登録されている。

脚注[編集]

  1. ^ a b NASA/IPAC Extragalactic Database”. Results for 3C 147. 2010年5月2日閲覧。
  2. ^ a b Distance Results for NGC 4889”. NASA/IPAC Extragalactic Database. 2010年5月1日閲覧。
  3. ^ Revised NGC Data for NGC 4889
  4. ^ a b Jacobsen, Den (2006年). “Abell 1656, NGC 4889, NGC 4874”. astrophoto.net. 2008年8月9日閲覧。
  5. ^ Block, Adam (2003年2月22日). “Best of AOP: Coma Cluster (NGC 4889 and NGC 4874)”. NOAO - AOP. 2008年8月9日閲覧。
  6. ^ McConnell, Nicholas J. (2011年12月8日). “Two ten-billion-solar-mass black holes at the centres of giant elliptical galaxies”. Nature. 2011年12月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月6日閲覧。
  7. ^ A massive binary black-hole system in OJ287 and a test of general relativity arXiv

出典[編集]

  • Pasachoff, Jay M. (2000). “Atlas of the Sky”. Stars and Planets. New York, NY: Peterson Field Guides. ISBN 0-395-93432-X. 
  • Eicher, David J. (1988). The Universe from Your Backyard: A Guide to Deep-Sky Objects from Astronomy Magazine. AstroMedia (Kalmbach Publishing Company). ISBN 0-521-36299-7. 

外部リンク[編集]