網状星雲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
網状星雲
Veil Nebula
網状星雲
網状星雲
仮符号・別名 NGC 6992-5, NGC 6960
星座 はくちょう座
分類 超新星残骸[1]
発見
発見者 ウィリアム・ハーシェル
位置
元期:J2000.0
赤経 (RA, α) 20h 45m 38.0s[2]
赤緯 (Dec, δ) +30° 42′ 30″[2]
距離 1 470 - 1 860光年[3]
■Project ■Template

網状星雲Veil Nebula 、NGC6992-5、NGC6960)ははくちょう座ε星の3°から5°ほど南に東西に約3°の間隔で向かい合った半弧状の散光星雲である。

明るい東側がNGC6992-5 (C35) 、西側がNGC6960 (C34) であり、数万年前に爆発した超新星残骸のガスが毎秒100kmで広がっている姿だと考えられている。肉眼ではたいへん淡いがカラー写真にはよく写る。近傍のIC1340と併せてはくちょう座ループ[4]Cygnus Loop )と呼ばれることがある。

脚注[編集]

  1. ^ 『理科年表 国立天文台編』 丸善出版、平成25年 第86冊、131頁。ISBN 978-4-621-08606-3
  2. ^ a b SIMBAD Astronomical Database”. Results for Veil Nebula. 2015年6月22日閲覧。
  3. ^ William Blair. “Piercing the Veil: FUSE Observes a Star Behind the Cygnus Loop Supernova Remnant”. FUSE Science Summaries. 2015年6月21日閲覧。
  4. ^ 巨大画像で見る、巨大なはくちょう座ループ”. AstroArts (2012年12月21日). 2015年6月18日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『全天星雲星団ガイドブック』、藤井旭著、誠文堂新光社。