NGC 663

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
NGC 663
NGC663HunterWilson.jpg
星座 カシオペヤ座
視等級 (V) 7.1
視直径 16.0′
位置
元期:J2000.0
赤経 (RA, α) 01h 46.0m
赤緯 (Dec, δ) +61° 15′
距離 6850光年
別名称
別名称
Template (ノート 解説) ■Project

NGC633Caldwell 10、Melotte 11)は、カシオペヤ座の方角にある若い散開星団である。約400個の恒星からなり、視直径は約0.25°である。裸眼で観測されたとの報告があるが、詳しく観測するには望遠鏡が必要である。星団の最も明るい恒星は双眼鏡でも見ることができる。視等級は7.1とされているが、もっと明るいと評価する者もいる[1]

星間物質による赤方偏移を補正すると、距離係数は11.6と見積もられる。地球から約2100パーセク離れており、年齢は2000万から2500万歳と推定されている[2]。これは、スペクトル型B2以上の恒星では、主系列星としての最終段階にさしかかっていることを意味する[3]。星団は分子雲の前面に見えるが、両者は物理的な関係はないようである。分子雲は約300パーセク後方にあり、さらに後ろから来る光を遮っている[4]

この星団は、Be星を多く含むことから興味を持たれており、約24個が発見されている。これらはB型の恒星で、スペクトル中に水素の輝線を含むものである。この星団のほとんどのBe星のスペクトル型は、B0からB3までである[2]LS I +61° 235は約3年の周期を持つX線連星の伴星を持つBe星である[5]。また、この星団には、少なくとも5個の青色はぐれ星が含まれている。これらは、2つの恒星の融合により形成された[3]。また、周期0.6日と1.03日の2つの食連星の星系も含まれている[6]。NGC663は、どちらも外縁部に2つの赤色超巨星も存在する[7][8]

NGC663は、散開星団M103NGC 654NGC 659、及びそれらの間に散在する超巨星等とともに、ペルセウス腕の中でアソシエーションカシオペヤ座OB8を形成為ていると考えられている。これらは、全て同じような年齢と距離である[9][10]

出典[編集]

  1. ^ O'Meara, S. J. (2002). The Caldwell objects, Deep-sky companions. Cambridge University Press. pp. 50–51. ISBN 0-521-82796-5. 
  2. ^ a b Pigulski, A.; Kopacki, G.; Kolaczkowski, Z. (2001). “The young open cluster NGC 663 and its Be stars”. Astronomy & Astrophysics 376 (1): 144-153. Bibcode 2001A&A...376..144P. doi:10.1051/0004-6361:20010974. 
  3. ^ a b Marco, A.; Negueruela, I.; Motch, C. (2007). “Blue Stragglers, Be Stars and X-ray Binaries in Open Clusters”. ASP Conference Series 361: 388. Bibcode 2007ASPC..361..388M. 
  4. ^ Phelps, Randy L.; Janes, Kenneth A. (1993). “Young open clusters as probes of the star-formation process. 2: Mass and luminosity functions of young open clusters”. Astronomical Journal 106 (5): 1870-1884. Bibcode 1993AJ....106.1870P. doi:10.1086/116772. 
  5. ^ Reig, P.; Fabregat, J.; Coe, M. J.; Roche, P.; Chakrabarty, D.; Negueruela, I.; Steele, I. (1997). “The Be/X-ray binary LS I +61 235/RX J0146.9+6121: physical parameters and V/R variability”. Astronomy and Astrophysics 322 (1): 183-192. Bibcode 1997A&A...322..183R. http://aa.springer.de/papers/7322001/2300183.pdf. 
  6. ^ Pietrzynski, G. (1996). “Variable Stars in the Young Open Cluster NGC 663”. Acta Astronomica 46: 357-360. Bibcode 1996AcA....46..357P. 
  7. ^ Mermilliod, J. C.; Mayor, M.; Udry, S. (2008). “Red giants in open clusters. XIV. Mean radial velocities for 1309 stars and 166 open clusters”. Astronomy & Astrophysics 485 (1): 303-314. Bibcode 2008A&A...485..303M. doi:10.1051/0004-6361:200809664. 
  8. ^ Pandey, A. K.; Upadhyay, K.; Ogura, K.; Sagar, Ram; Mohan, V.; Mito, H.; Bhatt, H. C.; Bhatt, B. C. (2005). “Stellar contents of two young open clusters: NGC 663 and 654”. Monthly Notices of the Royal Astronomical Society 358 (4): 1290-1308. Bibcode 2005MNRAS.358.1290P. doi:10.1111/j.1365-2966.2005.08784.x. 
  9. ^ Negueruela, I.; Gonzalez-Fernandez, C.; Marco, A.; Clark, J. S. (2011). “A massive association around the obscured open cluster RSGC3”. Astronomy & Astrophysics 528. Bibcode 2011A&A...528A..59N. doi:10.1051/0004-6361/201016102. 
  10. ^ Humphreys, R. M. (1978). “Studies of luminous stars in nearby galaxies. I. Supergiants and O stars in the Milky Way.”. Astrophysical Journal Supplement Series 38: 309-350. Bibcode 1978ApJS...38..309H. doi:10.1086/190559. 

外部リンク[編集]

座標: 星図 01h 46m 16s, +61° 13′ 06″