M30 (天体)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
M30 (NGC 7099)
M30
星座 やぎ座
観測データ
種別 球状星団
赤経 (RA, α) 21 h 40.4 m (J2000.0)
赤緯 (Dec, δ) -23° 11' (J2000.0)
距離 26100 光年
視等級 +7.2
視直径
物理的性質
直径 _ 光年
絶対等級 _
特性 _
その他の名称

M30
NGC 7099

Capricornus constellation map.png

M30 (NGC 7099) は、やぎ座に有る球状星団。距離26100光年。

1764年シャルル・メシエによって発見された。メシエは「41番星に近い星雲で、3.5フィートの望遠鏡でどうにか見える」としている。1783年ウィリアム・ハーシェルは「2つの星の流れがあり、4~5個の星がその流れの中にあるが、おそらく星団に属しているのだろう」として、星にまで分解した。

明るく双眼鏡でまるく小さな星雲状に見える。中心部が明るく密集しており、周辺が5'ほど拡散している。周辺の微星の見え方は、フェーレンベルクは「10cmの160倍で周辺の微星が見える」としたが、マラスは「10cm屈折望遠鏡で外側が不規則で微星が見えるが、条件が悪いと見えない。12.5cmならばいつでも見える」とした。口径20cmからは周辺にかなりの微星と星の流れが見えてくる。中心部が南にかたよっていて、北側に3本の角のような星の流れが見えるが、その星の流れは長時間露出をした写真では、はっきりとは確認できないという。

M15と同様に、中心部分が密集して、星の重力の相互作用で中心部が崩壊しているとも思われている。