M90 (天体)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
M90
Messier 90
M90
M90
仮符号・別名 NGC 4569[1]
星座 おとめ座
視等級 (V) 9.54[1]
視直径 6.917' × 2.767'[1]
分類 SAB(rs)ab、
渦巻銀河[2],
セイファート銀河[1]
発見
発見日 1781年3月18日[2]
発見者 シャルル・メシエ[2]
発見方法 望遠鏡による観測
位置
元期:J2000.0
赤経 (RA, α) 12h 36m 49.816s[1]
赤緯 (Dec, δ) +13° 09′ 46.33″[1]
赤方偏移 -0.000784[1]
視線速度 (Rv) -235 km/s[1]
距離 6000万光年[2]
Virgo constellation map.png
M90は図のM89のわずかに北に位置する
■Project ■Template

座標: 星図 12h 36m 49.816s, +13° 09′ 46.33″ M90(NGC 4569)はおとめ座にある渦巻銀河である。おとめ座銀河団に属している。

概要[編集]

M89とM90は同じ視野に入る。M90はM89の北40にあり、両者の間はジグザグの微星でつながるという。

双眼鏡では恒星状にしか見えない。口径5cmの望遠鏡では光のシミにみえ、口径8cmの望遠鏡では米粒状の中心角とそれを取り巻く光芒が見えてくる。口径10cmの望遠鏡では、M89と同一視野に見えM90はかなりつぶれた楕円形、M89は丸い円形に見えて、区別できる。口径30cmでは腕の構造のような暗黒帯が見えてくる。

観測史[編集]

1781年3月18日にシャルル・メシエによって発見された[2]。メシエはこの夜、球状星団M92と8つの銀河を発見している[2]

メシエは「星のない星雲。M89より微光」と記した[3]ジョン・ハーシェルは「かなり大きく中央が明るい。核がある」とした[3]ハインリヒ・ダレストは「すてきな星雲だ。中心部は楕円で7'x90"の範囲が光り、11等星がきらめく。核はほんとうの星で、他に光る点はない」としたが、1864年には「非常に大きく12等級に囲まれた楕円形の星雲で、大きさは7'x2'。核は星雲を通して輝く星のようである」と追加した。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h SIMBAD Astronomical Database”. Results for NAME M90. 2016年1月17日閲覧。
  2. ^ a b c d e f Hartmut Frommert,Christine Kronberg (2007年9月2日). “Messier Object 90”. SEDS. 2016年1月17日閲覧。
  3. ^ a b Hartmut Frommert, Christine Kronberg (2005年10月21日). “Messier 90 - Observations and Descriptions”. SEDS. 2016年1月17日閲覧。

参考文献[編集]