M96 (天体)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
M96
Messier 96
渦巻銀河 M96
仮符号・別名 NGC 3368[1]
星座 しし座
視等級 (V) 9.25[1]
視直径 4.070' × 2.768'[1]
分類 SAB(rs)ab,
渦巻銀河[2]
発見
発見日 1781年3月20日[3]
発見者 ピエール・メシャン[2]
発見方法 望遠鏡による観測
位置
元期:J2000.0[1]
赤経 (RA, α) 10h 46m 45.744s[1]
赤緯 (Dec, δ) +11° 49′ 11.78″[1]
赤方偏移 0.00096[1]
視線速度 (Rv) 287 km/s[1]
距離 3800万光年[2]
M96の位置
M96の位置
物理的性質
直径 10万光年[2]
Template (ノート 解説) ■Project

座標: 星図 10h 46m 45.744s, +11° 49′ 11.78″ M96(NGC 3368)はしし座にある渦巻銀河である。

概要[編集]

右がM96、左がM95

M95M105を含むしし座I銀河群(M96銀河群)と呼ばれる銀河群の中で最も明るく見える銀河である[2]

口径10cmの望遠鏡で、条件が良ければ小さな光の光斑として見える。楕円形であることも確認できる。口径50cmでは腕の構造も見えてくる。

観測史[編集]

M95とともに、1781年3月20日にピエール・メシャンによって発見され、同年3月24日にシャルル・メシエのカタログに記載された。メシエは「しし座にある、星のない星雲で、M95に近いがM95ほどはっきりしない。おとめ座M84M86に似ている」とした[3]ジョン・ハーシェルは「非常に明るくまた大きい。やや楕円をしている。中央は急に明るくなっている。とした[3]ウィリアム・ヘンリー・スミスは「まるいがM95の方がはっきりしている。大きく青白い」とした[3]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h SIMBAD Astronomical Database”. Results for NAME M96. 2016年3月3日閲覧。
  2. ^ a b c d e Hartmut Frommert, Christine Kronberg (2007年9月2日). “Messier Object 96”. SEDS. 2016年3月3日閲覧。
  3. ^ a b c d Hartmut Frommert, Christine Kronberg (2006年5月21日). “Messier 96 Observations and Descriptions”. SEDS. 2016年3月3日閲覧。

参考文献[編集]