M87 (天体)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
M87
Messier 87
M87
M87
仮符号・別名 NGC 4486[1]
星座 おとめ座
視等級 (V) 8.63[1]
視直径 7'[2]
分類 E+0-1pec (楕円銀河)[1],
LINER[1], 活動銀河核[1]
発見
発見日 1781年3月18日[3]
発見者 シャルル・メシエ[2]
発見方法 望遠鏡による観測
位置
元期:J2000.0[1]
赤経 (RA, α) 12h 30m 49.42338s[1]
赤緯 (Dec, δ) +12° 23′ 28.0439″[1]
赤方偏移 0.004233[1]
視線速度 (Rv) 1266 km/s[1]
距離 6000万光年[2]
M87の位置
M87の位置
物理的性質
直径 12万光年[2]
別名称
別名称
おとめ座A[4]
Template (ノート 解説) ■Project

座標: 星図 12h 30m 49.42338s, +12° 23′ 28.0439″

M 87NGC 4486、おとめ座A)は、おとめ座にある楕円銀河である。

概要[編集]

M87と中心からのジェット

口径6cmの望遠鏡でやっと丸い光のにじみに見える。口径10cmの望遠鏡では丸く、周辺がしだいに暗くなっている様子がわかる。口径20cmでもあまり変化はないが、南西に銀河NGC4478、NGC4479が見えてくる。南に明るい銀河のNGC4486Aがあるが、ほとんど恒星状にしか見えない。おとめ座のこの領域には、M87の周囲にも多数の銀河が存在しており、それらの銀河を総称しておとめ座銀河団と呼ぶ。

天の川銀河と比較して、直径は比較的近いが、球に近い形状(タイプE0-1)をしているため、より多くの恒星を抱えている[2]。また、銀河を取り巻く球状星団も、天の川銀河の周囲が200個ほどであるのに対して15,000個にも上るものと考えられている[2]

1918年、ヒーバー・ダウスト・カーチスはこの銀河の中心から延びる宇宙ジェットを発見した。このジェットは口径の大きな望遠鏡であれば可視光でも確認することができる。M87の中心部から放出されているジェットの長さは7,000~8,000光年にも及ぶと推定されている[2]

また、M87は強い電波を放射している。おとめ座の領域から来ている強い電波源をおとめ座A (Virgo A) と呼んでいたが、観測機器の分解能が増したことで電波源がM87であることが分かっている。

高い活動性を持つことから、M87の中心には超大質量ブラックホールが存在しているのではないかと考えられてきた。1994年には、M87の中心に太陽の約30億倍の質量を持つブラックホールが存在するであろうという証拠が、ハッブル宇宙望遠鏡の観測により発見された。電波源の正体については、このブラックホールに由来する活動銀河核が考えられる。

観測史[編集]

1781年3月18日にシャルル・メシエによって発見された[2]。メシエはこの夜、球状星団M92と8つの銀河を発見している[2]

メシエは「星のない星雲。8等星に近い。M84M86と同じくらいの明るさ」と記している[3]。1864年にジョン・ハーシェルは「非常に明るく、かなり大きく丸い。中心部は急に明るくなりそこに核がある」と記した[3]ロス卿も同様な感想を記述している。

フィクションとの関連[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j SIMBAD Astronomical Database”. Results for NAME M87. 2016年1月11日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i Hartmut Frommert, Christine Kronberg (2007年8月22日). “Messier Object 87”. SEDS. 2016年1月11日閲覧。
  3. ^ a b c Hartmut Frommert, Christine Kronberg (2004年2月10日). “Messier 87 Observations and Descriptions”. SEDS. 2016年1月11日閲覧。
  4. ^ 超巨大ブラックホールは何処に? 噴出ガス源流の隠れ家を突き止める”. 国立天文台. 2016年1月11日閲覧。