NGC 3201

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
NGC 3201
ハッブル宇宙望遠鏡で観測したNGC 3201(視野角3.5′)credit:NASA/STScI/WikiSky
ハッブル宇宙望遠鏡で観測したNGC 3201(視野角3.5′)
credit:NASA/STScI/WikiSky
星座 ほ座
視等級 (V) +8.24[1]
視直径 18′.2
分類 X[2]
位置
元期:J2000.0
赤経 (RA, α) 10h 17m 36.82s[3]
赤緯 (Dec, δ) –46° 24′ 44.9″[3]
距離 16.3 kly (5.0 kpc)[4]
物理的性質
半径 40光年
質量 2.54×105[5]
金属量[Fe/H] –1.24[6]
年齢 102.4億歳[6]
別名称
別名称
GCl 15、[1] GC 2068、h 3238, Dun 445、Bennett 44、Caldwell 79、Melotte 99[7]
Template (ノート 解説) ■Project

NGC 3201Caldwell 79、Melotte 99は、ほ座にある球状星団である。中心部の恒星の集中度は非常に低い[8]。この星団は、1826年5月28日にジェームズ・ダンロップによって発見され、彼の1827年の天体カタログに収録された。彼はこの星団を「かなり大きく、かなり明るい、直径4′または5′の丸い星雲。中心に向って非常に少しずつ集中し、それぞれの恒星を簡単に見分けられる。形はいくらか不規則で、恒星はかなり南寄りに散らばっている」と記した[9]

この星団の視線速度は、既知の星団と比べて490km/sと異常に速い。これは特有速度240km/sに相当し、銀河系の脱出速度よりは低い値である[9]。太陽からは16,300光年離れており、太陽質量の254,000倍と推定されている[4]。この星団の年齢は、約102.4億歳である[6]

この星団に含まれる恒星は均質ではなく、核からの距離に伴って変化している。恒星の実効温度は、距離が大きくなるほど高くなり、赤く冷たい恒星は核に近い位置にある。2010年時点で、明確に不均質な恒星でできた星団は、この星団の他には、M4だけである[10]

出典[編集]

  1. ^ a b “SIMBAD Astronomical Object Database”, Results for NGC 3201, http://simbad.u-strasbg.fr/Simbad 2006年11月16日閲覧。. 
  2. ^ Shapley, Harlow; Sawyer, Helen B. (August 1927), “A Classification of Globular Clusters”, Harvard College Observatory Bulletin (849): 11–14, Bibcode 1927BHarO.849...11S. 
  3. ^ a b Goldsbury, Ryan et al. (December 2010), “The ACS Survey of Galactic Globular Clusters. X. New Determinations of Centers for 65 Clusters”, The Astronomical Journal 140 (6): 1830–1837, arXiv:1008.2755, Bibcode 2010AJ....140.1830G, doi:10.1088/0004-6256/140/6/1830. 
  4. ^ a b Paust, Nathaniel E. Q. et al. (February 2010), “The ACS Survey of Galactic Globular Clusters. VIII. Effects of Environment on Globular Cluster Global Mass Functions”, The Astronomical Journal 139 (2): 476–491, Bibcode 2010AJ....139..476P, doi:10.1088/0004-6256/139/2/476. 
  5. ^ Boyles, J. et al. (November 2011), “Young Radio Pulsars in Galactic Globular Clusters”, The Astrophysical Journal 742 (1): 51, arXiv:1108.4402, Bibcode 2011ApJ...742...51B, doi:10.1088/0004-637X/742/1/51. 
  6. ^ a b c Forbes, Duncan A.; Bridges, Terry (May 2010), “Accreted versus in situ Milky Way globular clusters”, Monthly Notices of the Royal Astronomical Society 404 (3): 1203–1214, arXiv:1001.4289, Bibcode 2010MNRAS.404.1203F, doi:10.1111/j.1365-2966.2010.16373.x. 
  7. ^ “NGC 3201”, Deep Sky Observer's Companion, http://www.docdb.net/show_object.php?id=ngc_3201 2012年4月28日閲覧。. 
  8. ^ Webb, N. A.; Wheatley, P. J.; Barret, D. (2005), XMM-Newton X-ray and optical observations of the globular clusters M 55 and NGC 3201, arXiv:astro-ph/0509085, Bibcode 2005yCat..34450155W, doi:10.1051/0004-6361:20053010. 
  9. ^ a b O'Meara, Stephen James (2002), The Caldwell Objects, Deep-Sky Companions, Cambridge University Press, pp. 314–315, ISBN 0521827965, http://books.google.com/books?id=3Hg6YHgx9nAC&pg=PA314. 
  10. ^ Kravtsov, V. et al. (March 2010), “Evidence of the inhomogeneity of the stellar population in the differentially reddened globular cluster NGC 3201”, Astronomy and Astrophysics 512: L6, arXiv:1004.5583, Bibcode 2010A&A...512L...6K, doi:10.1051/0004-6361/200913749. 

外部リンク[編集]

座標: 星図 10h 17m 36.76s, −46° 24′ 40.4″