NGC 4449

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
NGC 4449
ハッブル宇宙望遠鏡で撮影したNGC 4449Credit: HST/NASA/ESA
ハッブル宇宙望遠鏡で撮影したNGC 4449
Credit: HST/NASA/ESA
仮符号・別名 UGC 7592[1]PGC 40973[1]Caldwell 21
星座 りょうけん座[2]
視等級 (V) 9.99[1]
視直径 6.2' × 4.4' [1]
分類 IBm[1]
位置
元期:J2000.0
赤経 (RA, α) 12h 28m 11.1s[1]
赤緯 (Dec, δ) +44° 05' 37"[1]
赤方偏移 0.000690 +/- 0.000013[1]
視線速度 (Rv) 207 +/-4km/s[1]
距離 1204万4940光年(369.3万パーセク[1]
Template (ノート 解説) ■Project

NGC 4449Caldwell 21)は、りょうけん座不規則銀河である。1200万光年彼方に位置し、銀河系を含む局部銀河群に比較的近い銀河群であるM94銀河群(りょうけん座I銀河群)の一員である。この銀河は、銀河系の伴銀河である大マゼラン雲と似た大きさで、よく研究・比較されている。NGC 4449は、大マゼラン雲でも特徴的な、若い青色星団を散りばめた棒構造を持つ。右写真の原子状水素ガスのピンク色の輝きは、大規模な星形成領域の形跡となっている。また、近くの銀河との相互作用は、NGC 4449での星形成に影響を与えたと考えられている。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j NASA/IPAC Extragalactic Database”. Results for NGC 4449. 2012年4月28日閲覧。
  2. ^ R. W. Sinnott, editor (1988). The Complete New General Catalogue and Index Catalogue of Nebulae and Star Clusters by J. L. E. Dreyer. Sky Publishing Corporation and Cambridge University Press. ISBN 0-933346-51-4. 

外部リンク[編集]