伴銀河

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
かつて銀河系の最も大きな伴銀河であると考えられていた大マゼラン雲

伴銀河(Satellite galaxy)は、重力の相互作用により、より大きな銀河の周囲を公転する銀河である。銀河は恒星、惑星、星雲等の互いに連絡し合わない多数の天体から構成されているが、それぞれの天体の重力の平均の場所に重心がある。

公転する銀河の組では、一方がもう一方に比べて極めて大きい時には、大きい方を「親銀河」、小さい方を伴銀河(または衛星銀河[1])と呼ぶ。両方が同じような大きさの時には、連星系を形成していると言う。なお、ほぼ同程度の質量を持つ銀河同士の合体をメジャー・マージャーと呼ぶのに対し[2]、伴銀河同士の合体をマイナー・マージャーと呼ぶ[2]

ある方向からお互いにぶつかった銀河は、崩壊し、融合し、引き裂かれたり、内部の天体を移転させる。このような状況では、一方の銀河の終わりと他方の始めを区別することは困難である。銀河のほとんどは空の空間であるため、銀河間の「衝突」は、必ずしも互いの中の天体同士がぶつかる必要はない。

銀河系の伴銀河

出典[編集]

  1. ^ 『クェーサーの謎 宇宙でもっともミステリアスな天体』谷口義明 P18
  2. ^ a b 『クェーサーの謎 宇宙でもっともミステリアスな天体』谷口義明 P139

関連項目[編集]