赤色超巨星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

赤色超巨星(せきしょくちょうきょせい)とは、直径太陽の数百倍から1,000倍以上あり、明るさは太陽の数千倍以上(全エネルギー放射は太陽の3万倍以上)ある恒星のこと。

赤色巨星のうち光度・質量の大きいもの[1]、あるいは超巨星のうち表面温度が低いものともいえる[2]。不安定で脈動変光星となっているものが多いが、赤色超巨星の脈動変光星は規則性のあるものがSRC型、規則性のないものがLC型と分類されている。

赤色超巨星のうち質量が太陽の十倍以上のものについては、超新星爆発の後に中性子星もしくはブラックホールになると考えられる。

赤色超巨星の物理的性質については赤色巨星及び超巨星を参照のこと。

本項では主な赤色超巨星の一覧を掲げる。


赤色超巨星または赤色輝巨星の一覧[編集]

固有名 変光星 推定半径
R
推定質量
M
推定光度
L
備考
ベテルギウスオリオン座α星) SRC 950-1,000 [3] 20 135,000
ヘルクレス座α星 SRC 460
ガーネット・スター(ケフェウス座μ星) SRC 1,420 19.2[4] 350,000
いて座KW星 SRC 1,000-1,460 370,000
いて座VX星 SRC[5] 1,520[6] 7-11[7] 340,000 サイズは変化する。
おうし座CE星 SRC 600 8 43,000
カシオペヤ座PZ星 SRC 1,200 240,000-270,000
かに座RS星 SRC
くじら座T星 SRC くじら座τ星と混同されがちだが、こちらは黄色主系列星
ケフェウス座W星 SRC
ケフェウス座VV星 A SRC 1,050–1,900 25-40
又は100
275,000-
575,000
さそり座AH星 SRC 1,400±120 330,000
たて座UY星 SRC 1,708±192 7-10 340,000
はくちょう座RW星 SRC
はくちょう座AZ星 SRC
はくちょう座V1489星 SRC 1,650 25-40 270,000 2012年現在、はっきりとわかっている中では最も大きな恒星。
ふたご座IS星 SRC
ペルセウス座S星 SRC 780-1,230 88,000-
221,000
二重星団のメンバー[8]
ペルセウス座T星 SRC 490-530 9-12 42,000-
50,000
二重星団のメンバー[8]
ペルセウス座W星 SRC
ペルセウス座RS星 SRC 740-800 12-15 70,000-
87,000
二重星団のメンバー[8]
ペルセウス座SU星 SRC
ペルセウス座AD星 SRC
ペルセウス座BU星 SRC
ペルセウス座FZ星 SRC
りゅうこつ座CK星 SRC
りゅうこつ座EV星 SRC 1,100 200,000
りゅうこつ座IX星 SRC
りゅうこつ座V602星 SRC 1,000 20-25 138,000
アンタレス(さそり座α星) LC 700 [2] 15.5 57,500[9]
ほ座λ星 LC 200 9 10,000
ペガスス座ε星 LC 150 10-11 6,700
アンドロメダ座SU星 LC
おおいぬ座VY星 LC 1420[10] 30-40 500,000 最近まで宇宙最大の恒星で、1,800から2,100倍と思われていた[11]
カシオペヤ座TZ星 LC 800 15 98,000
カシオペヤ座WX星 LC
カシオペヤ座V595星 LC
ぎょしゃ座ψ1 LC 14 63,000
ぎょしゃ座NO星 LC 630 5 70,000 S型星にも該当する
ケフェウス座V354星 LC 1,520 360,000
はくちょう座KY星 LC 1,420–2,850 [12] 25 300,000 理論モデルと整合性があるのは下限値。上限はKバンドによる推定。
ペルセウス座KK星 LC
ペルセウス座PP星 LC
ペルセウス座PR星 LC
りゅうこつ座RT星 LC 1,090 200,000
りゅうこつ座BO星 LC
ケフェウス座RW星 SRD 1,260-1,610 40 770,000 極小時にはスペクトル型がM2Ia-0になり赤く輝く[13]
ウェスタールンド1-26 1,951-2,544 [14][15][16] 非常に不確実。
IRC-10414 1,200[17] 20-25[17] 160,000[17] 全天自動捜索システムによる観察では、半ば規則的に等級の変化が確認されたこともあり、[18]SRCに分類される可能性がある。[19]
いっかくじゅう座V838星 激変星 1,570±400 [20] この恒星は非常に低温のスペクトルL型超巨星であり、2009年時点で太陽半径の380倍となるなど、数年間で1/4に縮小している[21]
WOH G64 1,540[22] 16-22 280,000 大マゼラン雲最大の恒星であるが、ハローの大きさではっきりしない大きさである。最近まで太陽半径の2000倍と思われていた。
HV 2112 120,000 小マゼラン雲にあるM3-7.5e型の星。

画像[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 宇宙情報センター / SPACE INFORMATION CENTER :赤色巨星
  2. ^ 超新星爆発を起こして姿を消した黄色超巨星
  3. ^ Jim Kaler. “Betelgeuse”. 2016年1月29日閲覧。
  4. ^ Tetzlaff, N.; Neuhäuser, R.; Hohle, M. M. (January 2011), “A catalogue of young runaway Hipparcos stars within 3 kpc from the Sun”, Monthly Notices of the Royal Astronomical Society 410 (1): 190–200, arXiv:1007.4883, Bibcode 2011MNRAS.410..190T, doi:10.1111/j.1365-2966.2010.17434.x. 
  5. ^ “SKY CATALOGUE 2000.0 Volume 2”、246頁。
  6. ^ Nicolas Mauron; Eric Josselin (2010年). “The mass-loss rates of red supergiants and the de Jager prescription”. arXiv:1010.5369 [astro-ph.SR]. 
  7. ^ Chiavassa; Lacour; Millour; Driebe; Wittkowski; Plez; Thiebeaut; Josselin et al. (2009年). “VLTI/AMBER spectro-interferometric imaging of VX Sgr's inhomogenous outer atmosphere”. arXiv:0911.4422 [astro-ph.SR]. 
  8. ^ a b c ロバート・バーナム・ジュニア; 斉田博訳 『星百科大事典』 (改訂版) 地人書館1988年2月10日、1215頁。ISBN 4-8052-0266-1 
  9. ^ van Leeuwen, F. (November 2007). “Validation of the new Hipparcos reduction”. Astronomy and Astrophysics 474 (2): 653–664. arXiv:0708.1752. Bibcode 2007A&A...474..653V. doi:10.1051/0004-6361:20078357. 
  10. ^ Fundamental properties and atmospheric structure of the red supergiant VY Canis Majoris based on VLTI/AMBER spectro-interferometry Astronomy & Astrophysics
  11. ^ [1]
  12. ^ Table 4 in Emily M. Levesque, Philip Massey, K. A. G. Olsen, Bertrand Plez, Eric Josselin, Andre Maeder, and Georges Meynet (August 2005). “The Effective Temperature Scale of Galactic Red Supergiants: Cool, but Not As Cool As We Thought”. The Astrophysical Journal 628 (2): 973–985. arXiv:astro-ph/0504337. Bibcode 2005ApJ...628..973L. doi:10.1086/430901. 
  13. ^ VSX : Detail for RW Cep - アメリカ変光星観測者協会公式サイト内のページ。
  14. ^ Clark, J. S.; Ritchie, B. W.; Negueruela, I.; Crowther, P. A.; Damineli, A.; Jablonski, F. J.; Langer, N. (2011). “A VLT/FLAMES survey for massive binaries in Westerlund 1”. Astronomy & Astrophysics 531: A28. arXiv:1105.0776. Bibcode 2011A&A...531A..28C. doi:10.1051/0004-6361/201116990.  編集
  15. ^ A bot will complete this citation soon. Click here to jump the queuearXiv:1209.6427v1. 
  16. ^ Clark, J. S.; Ritchie, B. W.; Negueruela, I. (2010). “A serendipitous survey for variability amongst the massive stellar population of Westerlund 1”. Astronomy and Astrophysics 514: A87. arXiv:1003.5107. Bibcode 2010A&A...514A..87C. doi:10.1051/0004-6361/200913820.  編集
  17. ^ a b c Gvaramadze, V. V.; Menten, K. M.; Kniazev, A. Y.; Langer, N.; MacKey, J.; Kraus, A.; Meyer, D. M.-A.; Kamiński, T. (2014). “IRC -10414: A bow-shock-producing red supergiant star”. Monthly Notices of the Royal Astronomical Society 437: 843. Bibcode 2014MNRAS.437..843G. doi:10.1093/mnras/stt1943. 
  18. ^ Pojmanski, G.; MacIejewski, G. (2005). “The All Sky Automated Survey. Catalog of Variable Stars. IV. 18^h-24^h Quarter of the Southern Hemisphere”. Acta Astronomica 55: 97. Bibcode 2005AcA....55...97P. 
  19. ^ Richards, Joseph W.; Starr, Dan L.; Miller, Adam A.; Bloom, Joshua S.; Butler, Nathaniel R.; Brink, Henrik; Crellin-Quick, Arien (2012). “Construction of a Calibrated Probabilistic Classification Catalog: Application to 50k Variable Sources in the All-Sky Automated Survey”. The Astrophysical Journal Supplement 203 (2): 32. Bibcode 2012ApJS..203...32R. doi:10.1088/0067-0049/203/2/32. 
  20. ^ B. F. Lane, A. Retter, R. R. Thompson, J. A. Eisner (April 2005). “Interferometric Observations of V838 Monocerotis”. The Astrophysical Journal Letters 622 (2): L137–L140. arXiv:astro-ph/0502293. Bibcode 2005ApJ...622L.137L. doi:10.1086/429619. 
  21. ^ Tylenda, R.; Kamiński, T.; Schmidt, M.; Kurtev, R.; Tomov, T. (2011). “High-resolution optical spectroscopy of V838 Monocerotis in 2009”. Astronomy & Astrophysics 532: A138. arXiv:1103.1763. Bibcode 2011A&A...532A.138T. doi:10.1051/0004-6361/201116858.  編集
  22. ^ Emily M. Levesque, Philip Massey, Bertrand Plez, and Knut A. G. Olsen (June 2009). “The Physical Properties of the Red Supergiant WOH G64: The Largest Star Known?”. Astronomical Journal 137 (6): 4744. arXiv:0903.2260. Bibcode 2009AJ....137.4744L. doi:10.1088/0004-6256/137/6/4744. 

関連項目[編集]