ねこ座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ボーデの星図に描かれたねこ座

ねこ座(ねこざ、猫座、Felis)[1]は、現在使われていない星座の1つ。うみへび座ポンプ座の間にあったが、現在の88星座には選ばれていない[1][2]

1799年ジェローム・ラランドが考案し、1801年ヨハン・ボーデ星図『ウラノグラフィア』に初めて描かれた[2]。ラランドはクロード・アントワーヌ・ギヨ・デゼルビエ(Claude-Antoine Guyot-Desherbiers) の詩に触発されたとしている[2]。その後、1878年にバチカン天文台のアンジェロ・セッキが作成した天球儀に描かれた以外は追随するものがなかった[3]

脚注[編集]

  1. ^ a b 原恵 『星座の神話 - 星座史と星名の意味』 (新装改訂版第4刷版) 恒星社厚生閣2007年2月28日、268-269頁。ISBN 978-4-7699-0825-8 
  2. ^ a b c Ian Ridpath. “Star Tales - Felis”. 2018年6月14日閲覧。
  3. ^ Richard H. Allen (2013-2-28). Star Names: Their Lore and Meaning. Courier Corporation. pp. 220-221. ISBN 978-0-486-13766-7. https://books.google.com/books?id=vWDsybJzz7IC.