フレデリック・デ・ハウトマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Frederick de Houtman

フレデリック・デ・ハウトマン、またはホウトマン(:Frederick de Houtman またはFrederik de Houtman、1571年 - 1627年10月21日)はオランダの探検家。航海士のペーテル・ケイセルと共に南半球の星についての観測結果を残した。オランダの東インドへの航海の先駆者コルネリス・デ・ハウトマンの兄である。

人物[編集]

1595年から1597年の、最初のオランダから東インド諸島インドネシア)への航海の間にケイセルの観測を手伝った。その後の航海でもケイセルの結果に新しく観測した星を加え、北スマトラのアチェスルタンによって投獄された2年の間にマレー語の勉強と天文観測を行った。1603年にオランダに戻った後、天文観測の結果を『マレー語とマダガスカル語の辞書と文法書(Spraeck ende woordboeck inde Maleysche ende Madagaskarsche talen)』に付記した。ケイセルとハウトマンのつくった12の星座は、ヨハン・バイエルによって作られた星図『ウラノメトリア』に掲載された。

1619年の東インド会社の船ドルトレヒト号に乗船したハウトマンは、同じくアムステルダム号に乗船したヤーコプ・デーデル(Jacob d'Edel)と共にオーストラリアのデーデルスラント(d'Edelsland 、現在のパース)の沿岸に到達した。ジェラルトンの80キロ西方の沖に位置する島々珊瑚礁の連なりであるハウトマン・アブローリョス(Houtman Abrolhos 、俗称:アブローリョス諸島)の名は彼にちなむ(アブローリョスは当時のポルトガル語で「沖合の岩礁」の意)。