けんびきょう座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
けんびきょう座
Microscopium
Microscopium
属格 Microscopii
略符 Mic
発音 [ˌmaɪkrəˈskɒpiəm]、属格:/ˌmaɪkrəˈskɒpiaɪ/
象徴 the Microscope
概略位置:赤経 21
概略位置:赤緯 −36
広さ 210平方度 (66位
主要恒星数 5
バイエル符号/
フラムスティード番号
を持つ恒星数
13
系外惑星が確認されている恒星数 1
3.0等より明るい恒星数 0
10パーセク以内にある恒星数 2
最輝星 γ Mic(4.67
最も近い星 AX Mic;(12.87光年)
メシエ天体 無し
隣接する星座 やぎ座
いて座
ぼうえんきょう座(角で接する)
インディアン座
つる座
みなみのうお座

けんびきょう座顕微鏡座、Microscopium)は、南天の星座の1つ。

主な天体[ソースを編集]

恒星[ソースを編集]

  • γ星:けんびきょう座で最も明るい恒星だが、4.7等級である。
  • AU星変光星。周囲に惑星の元となるちりのディスクが観測された。
  • AX星変光星、太陽系との距離は約12光年

星団・星雲・銀河[ソースを編集]

由来と歴史[ソースを編集]

1756年ニコラ・ルイ・ド・ラカーユによって設定された[1]みなみのうお座の一部を切り取って作られたため、みなみのうお座2番星、みなみのうお座3番星は現在けんびきょう座に所属している。1798年にラランドが提唱したけいききゅう座は、けんびきょう座の領域に作られたが、定着しなかった。

けんびきょう座は新しい星座なので神話はない。

出典[ソースを編集]

  1. ^ Ian Ridpath. “Star Tales - Microscopium”. 2014年1月29日閲覧。