うさぎ座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
うさぎ座
Lepus
Lepus
属格 Leporis
略符 Lep
発音 [ˈliːpəs]、口語:/ˈlɛpəs/; 属格:/ˈlɛpərɨs/
象徴 the Hare
概略位置:赤経 6
概略位置:赤緯 −20
20時正中 2月6日
広さ 290平方度 (51位
主要恒星数 8
バイエル符号/
フラムスティード番号
を持つ恒星数
20
系外惑星が確認されている恒星数 1
3.0等より明るい恒星数 2
10パーセク以内にある恒星数 3
最輝星 α Lep(2.57
最も近い星 Gl 229;(19光年)
メシエ天体 1
流星群 無し
隣接する星座 オリオン座
エリダヌス座
ちょうこくぐ座
はと座
おおいぬ座
いっかくじゅう座

うさぎ座(兎座、Lepus)は、オリオン座の南に位置している星座で、トレミーの48星座の1つ。

比較的小さいながらもそこそこ明るい星があり、均整の取れた形で覚えやすく、古くから親しまれてきた星座である。

主な天体[編集]

恒星[編集]

  • α星:アルネブは、2.57等のうさぎ座で最も明るい恒星。固有名は、うさぎ座のアラビア名「アル・アルナブ」に由来している。
  • β星:ニハルは、2.84等でうさぎ座で2番目に明るい恒星。固有名は、α星・β星・γ星・δ星の4星で描く四辺形をアラビアで「アル・ニハル」(「のどの渇きをいやす(ラクダ)」の意)と呼んだことから来ている。
  • γ星:地球から約29光年の位置にある連星系であり、アメリカ航空宇宙局Terrestrial Planet Finderの候補天体の1つとなっていた。
  • R星:深紅色が印象的なミラ型変光星で、別名クリムゾン・スターとよばれる。
  • RX星:SRB型の半規則型変光星
  • HD 33283惑星を持つG型主系列星
  • SN 2002bj2002年NGC 1821銀河で発見された超新星2009年に新型の超新星(.Ia型)と確認された[1]

星団・星雲・銀河[編集]

神話[編集]

ヒュギーヌスにより以下の話が伝えられている。

ドデカネス諸島レロス島には、野ウサギがいなかった。あるとき、妊娠した野ウサギが連れてこられ、島の皆がそれを増やしに掛かった。すると今度は野ウサギが増えすぎたせいで作物は打撃を受け、飢餓により人口が減ってしまった。そこで島の人々はウサギを撲滅した。このことを忘れないように戒めとして、うさぎを星座とした[2]

またアラトスはその詩の中で、オリオンの足元で大犬に追われるウサギについて述べている[2][3]

出典[編集]

  1. ^ 学術誌「サイエンスアメリカ科学振興協会,2009年11月5日 発行
  2. ^ a b Ian Ridpath. “Star Tales - Lepus”. 2014年2月4日閲覧。
  3. ^ 安延尚文、藤井旭 『星と星座の大常識 (これだけは知っておきたい)』 ポプラ社、2006年12月ISBN 978-4591095331

座標: 星図 06h 00m 00s, −20° 00′ 00″