がか座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
がか座
Pictor
Pictor
属格 Pictoris
略符 Pic
発音 [ˈpɪktər]、属格:/pɪkˈtɔərɨs/
象徴 the Easel
概略位置:赤経 4h 32m ~ 6h 51m
概略位置:赤緯 −43 ~ −64
広さ 247平方度 (59位
主要恒星数 3
バイエル符号/
フラムスティード番号
を持つ恒星数
15
系外惑星が確認されている恒星数 2
3.0等より明るい恒星数 0
10パーセク以内にある恒星数 2
最輝星 α Pic(+3.30
最も近い星 カプタイン星;(12.75光年)
メシエ天体 無し
流星群 無し
隣接する星座 ちょうこくぐ座
りゅうこつ座
はと座
かじき座
とも座
とびうお座
テンプレートを表示

がか座(がかざ、画架座、Pictor)は、南天の星座の1つ。18世紀にフランスの天文学者ラカーユによって考案された、比較的新しい星座である。Pictorラテン語で「画家」という意味だが、この星座のモチーフとなったのは画家ではなく画架である。

主な天体[編集]

恒星[編集]

ハッブル宇宙望遠鏡によるがか座β星と原始惑星系円盤の撮像。

国際天文学連合が認証した固有名を持つ恒星は1つもない。

星団・星雲・銀河[編集]

由来と歴史[編集]

1756年にラカーユが刊行した南天の星図に描かれたがか座。

フランスの天文学者ニコラ・ルイ・ド・ラカーユが考案した星座で、1756年にラカーユ自作の星座早見盤にその姿と名称を描いたことに始まる[4]。ラカーユは当初フランス語で「画架とパレット」という意味の le Chevalet et la Palette と記していたが、1763年にはそれをラテン語化した Equuleus Pictorius と改めた。ヨハン・ボーデ1801年に刊行した著書『ウラノグラフィア』の中で Pluteum Pictorisと名付けた。星座名が長くなり過ぎることから、1844年にジョン・ハーシェルはこの星座名をPictorと省略することを提案した。フランシス・ベイリーは翌年の1845年に刊行した British Association Catalogue でハーシェルの提案を採用し、それ以降Pictorという名称で定着した[4]。新しい星座のため、神話や伝承はない。

呼称と方言[編集]

明治期より「畫架[注 1]」のちに「画架」という訳名が使われており、明治末期以降数度行われた星座の訳名見直しでも他の呼び名が採用されることはなかった[5][6][7]。漢字の読みは一貫して「ぐゎか」または「がか」とされているが、1928年に天文同好会の編集により新光社から刊行された『天文年鑑』の第2号では「ゑかけ」という読みで紹介されていた[8]。これについて、天文年鑑の編集に携わっていた山本一清は、「耳に聞いただけでは解りかねる日本語や、漢語萬能時代の夢よりさめて、純粹な日本語(耳で聞いただけで解る日本語)を採用する」としている[9]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 「畫」は「画」の旧字体。

出典[編集]

  1. ^ "alp Pic". SIMBAD. Centre de données astronomiques de Strasbourg. 2022年11月20日閲覧
  2. ^ "bet Pic". SIMBAD. Centre de données astronomiques de Strasbourg. 2022年11月20日閲覧
  3. ^ "HD 33793". SIMBAD. Centre de données astronomiques de Strasbourg. 2022年11月20日閲覧
  4. ^ a b Ridpath, Ian. “Star Tales - Pictor”. 2022年11月19日閲覧。
  5. ^ 星座名」『天文月報』第2巻第11号、1910年2月、 11頁、 ISSN 0374-2466
  6. ^ 学術研究会議 編「星座名」 『天文術語集』1944年1月。doi:10.11501/1124236https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1124236 
  7. ^ 星座名」『天文月報』第45巻第10号、1952年10月、 13頁、 ISSN 0374-2466
  8. ^ 天文同好会『天文年鑑』2号、新光社、1928年6月、3-6頁。doi:10.11501/1138377https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1138377 
  9. ^ 山本一清「天文用語に關する私見と主張 (3)」『天界』第14巻第161号、東亜天文学会、1934年8月、 406-411頁、 doi:10.11501/3219882ISSN 0287-6906

座標: 星図 05h 00m 00s, −50° 00′ 00″