インディアン座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
インディアン座
Indus
Indus
属格 Indi
略符 Ind
発音 [ˈɪndəs]、属格 /ˈɪndaɪ/
象徴 the Indian
概略位置:赤経 21
概略位置:赤緯 −55
20時20分正中 10月7日
広さ 294平方度 (49位
主要恒星数 3
バイエル符号/
フラムスティード番号
を持つ恒星数
16
系外惑星が確認されている恒星数 1
3.0等より明るい恒星数 0
10パーセク以内にある恒星数 1
最輝星 α Ind(3.11
最も近い星 ε Ind;(11.82光年)
メシエ天体 0
流星群 None[1]
隣接する星座 つる座
きょしちょう座
はちぶんぎ座
くじゃく座
ぼうえんきょう座
いて座(角で接する)
けんびきょう座

インディアン座 (Indus) は、南天の星座の1つ。日本からは星座の全域を見る事はできない。

主な天体[編集]

恒星[編集]

  • α星:ペルシアン、3.11等。インディアン座で最も明るい恒星。
  • β星:3.7等。
  • ε星:太陽から11.82光年の位置にあり、非常に近い恒星の1つである。

星団・星雲・銀河[編集]

由来と歴史[編集]

インディアン座は新しい星座なので神話がない。

ペーテル・ケイセルフレデリック・デ・ハウトマンが残した観測記録を元にペトルス・プランシウス1597年に作成した地球儀に残したものが最初である[2]ヨハン・バイエル1603年に発刊したウラノメトリアでそれを引用したことにより世に知られるようになった。ケイセルたちは、16世紀末にマダガスカルからスマトラジャワにかけて航海しており、この間に接したアフリカ南部からマダガスカル、東インド諸島原住民をモデルにしたものと考えられている[2]

呼称と方言[編集]

日本では、インドじん座印度人座[3][4]インデアン座[5]インデヤン座[6]と呼ばれた時代がある。

出典[編集]

  1. ^ Anonymous (2007年2月3日). “Meteor Showers”. American Meteor Society. 2008年5月7日閲覧。
  2. ^ a b Ridpath, Ian. “Star Tales - Indus”. Star Tales. 2014年1月28日閲覧。
  3. ^ 原恵 『星座の神話 - 星座史と星名の意味』 (新装改訂版) 恒星社厚生閣2007年2月28日、181-182頁。ISBN 978-4-7699-0825-8 
  4. ^ 理科年表 第22冊』 東京天文台丸善1949年、天 34頁。
  5. ^ 理科年表 第32冊』 東京天文台丸善1958年、天 33頁。
  6. ^ 原恵 2007, p. 44.

座標: 星図 21h 00m 00s, −55° 00′ 00″