さいだん座

半保護されたページ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

さいだん座
Ara
Ara
属格 Arae
略符 Ara
発音 英語発音: [ˈɛərə]、属格:/ˈɛəriː/[注 1]
象徴 the Altar
概略位置:赤経 17.39
概略位置:赤緯 −53.58
広さ 237平方度 (63位
主要恒星数 7
バイエル符号/
フラムスティード番号
を持つ恒星数
17
系外惑星が確認されている恒星数 4
3.0等より明るい恒星数 2
10パーセク以内にある恒星数 4
最輝星 β Ara(2.85
最も近い星 グリーゼ674;(14.8光年)
メシエ天体 0
隣接する星座 みなみのかんむり座
さそり座
じょうぎ座
みなみのさんかく座
ふうちょう座
くじゃく座
ぼうえんきょう座
テンプレートを表示

さいだん座(さいだんざ、祭壇座、Ara)は、南天の星座トレミーの48星座の1つ。

さそり座の南にあり、日本での観測は困難である。

主な天体

恒星

以下の恒星には、国際天文学連合によって正式な固有名が定められている。

その他、以下の恒星が知られている。

  • α星:3等星。
  • β星:3等星。
  • γ星:3等星。β星の真南にある多重星である。
  • ζ星:3等星。
  • HD 156411:太陽系外惑星が発見されている。
  • グリーゼ674:太陽系外惑星bが発見されている。

星団・星雲・銀河

さいだん座は北西の角で天の川と接するため、いくつかの散開星団散光星雲がある。

  • NGC 6397球状星団。さいだん座で最も明るい球状星団で、太陽からの距離8,200光年。この種の天体では最も近いと考えられる。
  • Westerlund 1:マグネターが存在する[3]

その他

由来と歴史

18世紀までは、主にラテン語で『香炉』を意味する「トゥリブルム」(Thuribulum) の名称で呼ばれていた[4][5]

紀元前3世紀頃の詩人アラートスは、著書『ファイノメナ (Phainomena)』の中で「THVRIBVLVM」としてこの星座を挙げ、「天の他の星々が雲に隠れてかすみ、この星座が輝いて見えるようであれば、船の帆をたたんで激しい南風に備えるように」と伝えている[6]エラトステネスマルクス・マニリウスによると、ゼウスとその兄弟たちがクロノスティーターン族の旧体制を打ち破ることを誓った祭壇であるとされる[4]

プトレマイオスアルマゲスト以来、星図では、この祭壇は南側に炎、北側に本体という姿で描かれている。また、ケンタウルス座おおかみ座を捧げるための祭壇として描かれる[4]

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ Random House Dictionary

出典

  1. ^ The ExoWorld”. 国際天文学連合. 2015年12月21日閲覧。
  2. ^ Approved names”. Name Exoworlds. 国際天文学連合 (2019年12月17日). 2022年7月16日閲覧。
  3. ^ かつてのパートナー発見、見えてきたマグネターの形成過程”. AstroArts (2014年5月16日). 2014年5月17日閲覧。
  4. ^ a b c Ridpath, Ian. “Star Tales - Ara”. 2022年7月16日閲覧。
  5. ^ 原恵 『星座の神話 - 星座史と星名の意味』(新装改訂版第4刷)恒星社厚生閣、2007年2月28日、147頁。ISBN 978-4-7699-0825-8 
  6. ^ 『グロティウスの星座図帳 : ゲルマニクス"アラトスのファイノメナ"の邦訳』千葉市立郷土博物館〈天文資料解説集〉、1999年3月、94頁。 NCID BA84126606OCLC 875885593 

座標: 星図 17h 23m 24s, −53° 34′ 48″