SN 1054

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
かに星雲、SN 1054の残骸。NASA/ESA提供
かに星雲、SN 1054の残骸。NASA/ESA提供
仮符号・別名 SN 1054[1]
星座 おうし座
視等級 (V) -6[2][3]
分類 II型[3]
発見
発見日 1054年7月4日
位置
元期:J2000.0[1]
赤経 (RA, α) 05h 34m 31.93830s[1]
赤緯 (Dec, δ) +22° 00′ 52.1758″[1]
銀河座標 G.184.6–5.8[要出典]
銀河 銀河系[3]
物理的性質
残骸の部類 星雲[要出典]
別名称
別名称
おうし座CM星[1]
Template (ノート 解説) ■Project

SN 10541054年おうし座超新星、別称かに超新星)は、1054年7月4日に世界各地で広範囲に観測された超新星である。この超新星は、中国や日本、アラブにおいて、23日間にわたって日中でも見えるほどに輝いたと記録されており、また653日間にわたって夜空に見えた。[4]

SN 1054の雲状の残骸は、今はかに星雲として知られ、また、1774年にメシエカタログの最初に記載されたので、M1(メシエ1)とも呼ばれている。地球からの距離はおよそ7000光年

観測記録[編集]

中国[編集]

(参考)SN 1054 のイメージ("Stellarium" による)。中国の記録に基づき、北宋の首都開封におけるユリウス暦1054年7月4日午前4時半(『明月記』の記録とは時期が異なる)の空を描画。

中国の歴史書『宋史』(宋王朝についての正史。代の1345年完成)には、「客星」(突然現れた明るい星)に関する以下の記述がある。

【原文】
至和元年五月己丑、出天関東南可数寸、歳余稍没。(『宋史』「天文志」)

【原文】
嘉祐元年三月辛未、司天監言:自至和元年五月、客星晨出東方、守天関、至是没。(『宋史』「仁宗本紀」)

すなわち、北宋仁宗の治世である至和元年五月己丑(ユリウス暦1054年7月4日)、天関星(おうし座ζ星)付近に「客星」が現れ、2年近く経過した嘉祐元年三月辛未(1056年4月5日)に至って見えなくなったとある。南宋の歴史家李燾による『続資治通鑑長編中国語版』(1184年完成)の巻百七十六にも同種の記述ある。

宋代に編纂された会要宋会要中国語版』巻五十二には以下の記述がある。

【原文】
至和元年七月二十二日、守将作監致仕楊維徳言:伏睹客星出現、其星上微有光彩、黄色。謹案《黄帝掌握占》云:客星不犯畢、明盛者、主国有大賢。乞付史館、容百官称賀。詔送史館。嘉祐元年三月、司天監言:客星没、客去之兆也。初、至和元年五月、晨出東方、守天関、昼見如太白、芒角四出、色赤白、凡見二十三日。

これによれば、至和元年五月に現れた「客星」は金星のように明るく、昼間でも23日間にわたって観測できたという。

日本[編集]

藤原定家の日記『明月記』には、陰陽師が報告した過去の「客星」出現事例の一つとして、以下が挙げられている[5]

【原文】
後冷泉院 天喜二年 四月中旬以降 丑時 客星觜参度 見東方 孛天関星 大如歳星


【原文読み下し】
後冷泉院・天喜二年四月中旬以後の丑の時、客星の度に出づ。東方にあらわる。天関星にはいす。大きさ歳星の如し。

午前2時頃に、觜・参の星宿(おおむね現在のオリオン座にあたる)と同じ赤経にあたる、天関星(おうし座ζ星)付近に出現したとするもので、木星のように輝いていたというものである。ただし、時期については曖昧であり、旧暦四月中旬(1054年5月20-29日)ではおうし座が太陽方向にあたって超新星が観測できないため、「五月中旬」(1054年6月19-28日)の誤りであろうと考えられる[6]

また著者不詳の『一代要記』にも記録が残っている。

アラブ[編集]

アメリカ大陸[編集]

1000年頃にアメリカ・インディアンミンブレス族アナサジ族)によって描かれたアリゾナの壁画に残されている星の画を、この超新星とする説もある[7]

近代天文学において[編集]

『明月記』の記録を含む日本の「客星」記録は、1934年に『ポピュラー・アストロノミー』に掲載された[8]。1942年、ニコラス・メイオール英語版ヤン・オールトらは、『明月記』の記録などをもととして、1054年の「客星」が超新星であり、かに星雲がその残骸であることを明らかにする論文を発表した[9]

この天体からのX線が、米国海軍研究所英語版で開発されたX線探査機を積んだエアロビーAerobee )型の高高度ロケットで、1963年4月に検出された。このX線源は、おうし座X-1と名づけられた。かに星雲からX線の形で放出されるエネルギーは、可視光として放出されるエネルギーの約100倍になる。

1968年11月9日に、脈動する電波源かにパルサーが、プエルトリコにあるアレシボ天文台の300m電波望遠鏡の天文学者によってM1の中に発見された。このパルサーは、1秒間に30回転している。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e SIMBAD Astronomical Database”. Results for CM Tau. 2016年9月24日閲覧。
  2. ^ SEDS, Supernova 1054 – Creation of the Crab Nebula
  3. ^ a b c 『理科年表 国立天文台編』 丸善出版、平成25年 第86冊、117頁。ISBN 978-4-621-08606-3
  4. ^ 超新星1054―かに星雲の誕生 (英語)
  5. ^ 斉藤国治 『定家『明月記』の天文記録』 慶友社、1999年ISBN 4-87449-029-8 
  6. ^ 臼井正 2009, p. 12.
  7. ^ ペナスコ・ブランコPenasco Blanco )の偉大な家の近くのアナサジの断崖の絵画は、SN 1054を表現したものかも知れない。
  8. ^ 竹本修三 2015, p. 431.
  9. ^ 竹本修三 2011, pp. 1-2.

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]