渡邊敏夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

渡邊 敏夫(わたなべ としお、1905年6月 - 1998年11月6日)は、日本の天文学者東京商船大学名誉教授京都帝国大学理学部宇宙物理学科卒業。1955年「古代日食から導いたブラウンの太陰要素の改訂」で京都大学理学博士。東京商船大学助教授、教授、1969年定年退官、名誉教授、京都産業大学教授。

著書[編集]

  • 恒星社 1937
  • 『天文暦学史上における間重富とその一家』山口書店 1943 自然科学史叢書
  • 『暦の話』増進堂 1944
  • 『暦のなりたち 少年少女のために』朝日新聞社 1949
  • 『数理天文学』恒星社厚生閣 1951
  • 『こよみと天文』恒星社厚生閣・中学天文教室 1952
  • 『日本の暦』雄山閣 1976
  • 『日本・朝鮮・中国日食月食宝典』雄山閣出版 1979
  • 『暦のすべて その歴史と文化』雄山閣出版 1980
  • 『近世日本科学史と麻田剛立』雄山閣 1983
  • 『近世日本天文学史』恒星社厚生閣 1986-87
  • 『暦入門 暦のすべて』雄山閣出版 1994
その他

参考[編集]

  • [1]
  • 読売新聞訃報