青木秀仁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

青木 秀仁(あおき ひでひと)

  1. 1970年 - 2002年ゲームミュージック作曲家。以下で詳述。
  2. 1976年3月8日 - )作曲家、編曲家、プログラマ。アイリッシュ・ポップスユニットOxalis(オキサリス)のメンバー(2011/02、解散)。現在、Shamrock Records株式会社代表取締役。

青木秀仁(あおき ひでひと、1970年 - 2002年)はゲームミュージックの作曲家。千葉県出身。

代表作は『魔神転生』、『魔神転生II SPIRAL NEMESIS』、『女神異聞録ペルソナ』など。

来歴[編集]

グラフィックデザイナーを経て作曲家に転向。株式会社アトラスに入社し、増子司らと共にサウンドチーフとして女神転生シリーズの音楽を支えた。スーパーファミコン版『真・女神転生II』のサウンドトラックに収録するアレンジバージョンを録音するために、増子と共にイギリスアビー・ロード・スタジオへ赴いた事もある(※この時の様子が同作サウンドトラックのブックレットに、増子司の日記という形で写真付きで収録されている)。

『女神異聞録ペルソナ』では、悪魔(敵)の声や「サトミタダシ薬局店のうた」を唄うなど多彩な才能ぶりを発揮した。また、1999年1月31日六本木ヴェルファーレ2007年現在閉店)で行なわれたアトラス主催の新作ゲーム(ペルソナ2 罪)発表会「闇のサバト」においては「サトミタダシ薬局店のうた」を観客の前で熱唱する姿も見受けられた。

2001年にアトラスを退社。ソニー・コンピュータエンタテインメントに籍を移したが、暮れも押し迫った2002年末に出張先で山道を車で走行中、路面凍結のためスリップ事故を起こし崖下に転落、帰らぬ人となった。享年32[1]

主な作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 音職人のつぶやき Vol.38,アトラス公式ポータルサイトにてサウンド担当・土屋憲一が故人について言及