アナーヒター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アナーヒターの像(イラン)

アナーヒターAnāhitā)は、ペルシア神話に登場する女神アヴェスター語形ではアナーヒター、パフラヴィー語ではアナーヒトAnāhit)といい、いずれも「清浄」を意味する。ナーキッドの別名もある。ゾロアスター教において崇拝され、ゾロアスター教神学では中級神のヤザタに分類されるが、主神アフラ・マズダー太陽神ミスラに匹敵する人気を誇る。

概要[編集]

本来はや水を司る水神である。この女神は世界の中央にそびえたつアルブルス山の頂から流れ出す川を守護するとされ、この川は、あらゆる水路・川・入江湖沼の源であると考えられているため、アナーヒターはそれら広くの女神とされている。

更に、この川の水が生命を育成する源泉と考えられ、アナーヒターは健康、子宝、安産、家畜の生殖・作物の豊穣の神ともされ、財産や土地の増大をも司る。その絶大な神徳から、サーサーン朝ペルシアの時代には極めて篤く崇拝された。

この女神はハラフワティー・アルドウィー・スーラーHarahvatī Arədvī Sūrā)すなわち「水を持つ者、湿潤にして力強き者」と呼ばれていた。このハラフワティーという名から、同じく川の女神であるインド神話サラスヴァティーと同起源と考えられている。

またペルシア7曜神では金星神とされる。

姿形[編集]

アナーヒターが彫られたサーサーン朝容器(4-6世紀)

アナーヒターは力強い色白の腕を持ち、四角い黄金耳飾りと、百のをちりばめた黄金のをかぶり、黄金のマントを羽織り、首には黄金の首飾りを身に付け、帯を高く締めた美しい乙女の姿をしているといわれる。

バビロニアではイシュタルと習合し、ここでは容貌、装束、性格、祭儀がバビロニア的となっている。

古代ギリシャ古代ローマの歴史学者はアナーヒターをアナイティス(’Αναϊ^τις)と同一視しており、また、パンテオンの神々の1人であるとしている。

ヘレニズム時代になるとギリシャでも崇められるようになり、アフロディーテとも習合した。

リュディアでは、キュベレーアルテミスと同一視された。

小惑星番号270番のアナーヒターはこの名前から名付けられている。

関連項目[編集]

ウィキメディア・コモンズには、アナーヒターに関するカテゴリがあります。