真・女神転生 デビルチルドレン パズルdeコール!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
真・女神転生デビルチルドレン > 真・女神転生 デビルチルドレン パズルdeコール!

真・女神転生 デビルチルドレン パズルdeコール!』(しん・めがみてんせい デビルチルドレン パズル・デ・コール)は、2003年7月25日アトラスより発売されたゲームボーイアドバンスゲームソフト

概要[編集]

主人公達が強大な魔力を感じ取った無人の村に立ち寄ったのが物語の発端。今作はパズルゲームという形式を取っている。また、ボス戦では床にある星を全て取ることでクリアできる。

光の書・闇の書』と違いモンスターの数は全161体で比較的数は少ない。通信対戦が可能で、相手よりも早くパズルを解けば勝利。時系列としては、主人公達が帝国軍と戦っている最中の出来事となる。

ランドとゲイルを選んで遊ぶ「ストーリーモード」、二人対戦の「レースモード」、難易度「かんたん」「ふつう」「むずかしい」の3つで構成されているミッションを一人でクリアする「パズルモード」がある。

登場人物[編集]

用語[編集]

ミニチュア
帝国が作り上げたヴァルハラのデビル達が捕らえられている場所。そこではデビル達の魔力を吸い取っている。
アストラルボディ
本体に見えるが実際は偽の体。アストラルボディを使い帝国幹部とアズラエルはミニチュアでデビル達の魔力を吸収していた。

変更点[編集]

  • ランドの一人称が『ボク』に変更されている。
  • 『光の書・闇の書』に登場したラストボスを除くボスの属性が変わっている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]