真・女神転生 デビルチルドレン 黒の書・赤の書

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
真・女神転生デビルチルドレン > 真・女神転生 デビルチルドレン 黒の書・赤の書
真・女神転生 デビルチルドレン
黒の書・赤の書
ジャンル RPG
対応機種 ゲームボーイ / ゲームボーイカラー(GB / GBC)
PlayStation(PS)
ゲームアーカイブス(GA)
ニンテンドー3DS / バーチャルコンソール(3DS / VC)
発売元 アトラス
発売日 GB:2000年11月17日
PS:2002年3月28日
GA:2010年10月13日
3DS VC:2013年11月13日
対象年齢 CEROA(全年齢対象)
売上本数 GB:22万4389本[1]
テンプレートを表示

真・女神転生 デビルチルドレン 黒の書・赤の書』(しん・めがみてんせい デビルチルドレン くろのしょ・あかのしょ)は、2000年11月17日に2本同時にアトラスより発売されたゲームボーイ / ゲームボーイカラーゲームソフト

概要[編集]

ゲームボーイ版の『黒の書』と『赤の書』を1本のソフトに統合した『真・女神転生 デビルチルドレン 黒の書・赤の書』が2002年3月28日プレイステーション用ソフトとして発売された。2001年9月に放送が終了したアニメ版『真・女神転生デビチル』を受けて、デビルチルドレンシリーズとしては初のリメイクと、携帯機以外への移植となった。ゲームボーイ版と異なり、イベントシーンにアニメ版と同じ声優を起用したり、新しいデビルが追加されたりしている。

ストーリー[編集]

2000年7月。世界的な経済不況に加え、地球は原因不明の大気物質に覆われ異常気象に見舞われていた。セツナ、ミライの住むハラジュクも7月だというのに雪が降り積もっていた。

そんなある日、セツナの元に差出人不明の小包が届く。中身はポケットパソコン「ヴィネコン」と、不思議な形の銃「デビライザー」、そして虹色に輝く不思議な角だった。その時、小包の中身を奪おうとデビル達が出現。しかし小包は不思議な力で護られており、デビル達は手を出せないでいた。小包強奪に失敗したデビル達はセツナの弟ナガヒサを連れ去り、セツナを暗殺しようと企む。不思議な声が聞こえたセツナは、その声に導かれるままデビライザーのトリガーを引く。召喚されたのは、ケルベロスのクール。クールの力でデビル達を撃退したセツナは、連れ去られたナガヒサを救うために魔界へと旅立つ。

セツナの旅立ちの翌日。学校帰りのミライは、ユーキという少年から赤い箱を渡される。中身はポケットパソコン「ヴィネコン」と、不思議な形の銃「デビライザー」だった。そこへ謎のデビル・ソウタが襲いかかり、ミライの持っていた母親の形見の虹色の宝石が奪われてしまう。ソウタから母親の形見を取り戻す為、デビライザーのトリガーを引くミライ。召喚されたのは、グリフォンのベール。ベールの力でソウタを撃退し、何とか宝石を取り戻す。そしてミライは、行方不明の父親を探す為に魔界へと旅立つ。

登場人物[編集]

メインキャラクター[編集]

セツナ / 甲斐 刹那(カイ セツナ/デフォルト名/変更可)
- 森久保祥太郎
本作の『黒の書』の主人公。原宿小学校の生徒。物事を深く考えず、面白そうか否かのみで行動を判断する癖があり、何かと後悔することが多い。何でもクールでスマートにキメるカッコつけたがりだが、恋愛方面が苦手でかなり純情。デビルにさらわれた弟のナガヒサを捜すため、デビルチルドレンとして魔界へと旅立つ。ゲーム版では冷静で弟思いだがアニメではお調子者、漫画では弱々しくも芯の強い少年とメディアにより性格が異なる。
クール(デフォルト名/変更可)
声 - 井上喜久子
魔界と人間界をつなぐゲートを守るケルベロス。セツナのパートナー。イヌ扱いされることを嫌う。
ミライ / 要 未来(カナメ ミライ/デフォルト名/変更可)
声 - ゆかな
本作の『赤の書』の主人公。普段は真面目でおしとやか。計算高く勉強も出来て、スポーツ万能で優等生だが怒ると口より先に足が出るタイプ。行方不明の父親が魔界にいると知り、父親に会うためデビルチルドレンとして魔界へと旅立つ。セツナとは同じクラス。
ベール(デフォルト名/変更可)
声 - 大沢千秋
魔界でも珍しいピンク色のグリフォン。ミライのパートナー。プライドが高く何事も仕切りたがる。
ナガヒサ / 甲斐 永久(カイ ナガヒサ)
声 - 竹内順子
セツナの弟。デビルに魔界へと連れ去られ行方不明になるが、後に天使達によってデビルチルドレンと対の存在であるエンゼルチルドレンに選ばれ、兄と対立し「粛清」と称した破壊活動を行う。
エレジー
声 - 津村まこと
大魔王アゼルの娘だが、父親のことを嫌っている。プライドが高く、他人を顧みない性格。
ゼット / タカジョー・ゼット
声 - くまいもとこ
魔界でセツナたちの行く先々に出現する謎の少年。魔界にくわしく、『黒の書』『赤の書』それぞれ行く先々で案内役として2人にアドバイスする。実はバール三兄弟の長男で、強力な魔力を備えた魔王・ゼブルの仮の姿。『白の書』でも登場した。

サブキャラクター[編集]

魔界関係者[編集]

アバドン
『黒の書』のみに登場。魔界将軍の肩書きを持つイナゴのデビルで、クールに怪我を負わせた。アニメ版ではフェンリルとともに、ルシファーの手先のやられ役として定着。
フェンリル
『黒の書』のみに登場。オオカミのデビル。ガルムを手下に持ち、クールの弟・オルトロスを封印した。アニメ版ではなぜかオネエ言葉で、アバドンと行動を共にする。
パイモン
『赤の書』のみに登場。魔界将軍の肩書きを持つ女デビル。ミライを妨害するため、ベールに怪我を負わせた。
フレスベルグ
『赤の書』のみに登場。オオワシのデビル。ラタトスクのソウタを手下に持ち、ベールの妹・ヒポグリフを封印した。
ルシファー
声 - 置鮎龍太郎
魔界を統治する大魔王で、デビルチルドレン(セツナとミライ)の実父。
アニメ版では単なる悪役で血縁関係はない。
アゼル
声 - 木内秀信
ルシファーになりすまして魔界を統治していたデビル。エレジーの父。漫画版ではルシファーの弟。

デビル達[編集]

ヘル
アイスランドの支配者。威張り屋でアイスランドの住人からは嫌われている。『黒の書』ではアゼルに命令によりセツナを牢屋に入れるが、ダイアナの手によってセツナが脱獄。『赤の書』ではセツナを捕らえるためミライに協力を求めた。
ダイアナ
アイスランドに居るデビル。体型はプチフロストに近いが、服装は違う。悪いデビルから金目の物を盗む盗賊団の一員で、ヘルもその標的。
ダスト
イエティ。ダイアナの仲間。
ジャックフロスト
声 - 氷上恭子
アイスランドに居るデビル。
ビビサナ
自分の知恵を持って争いを治めようとするラセツ族の王。ビビサナに会うとエレジーと話している所が見られる。
ヴリトラ
シュラ族の王。強さこそが全てと考えている。
インドラ
デーバ族の王。自分に必要な物は自分自身で取らなければならないと考えている。
イシス
サンドランドの女王。主人公達に魔界の言い伝えを教える。その後、デビルチルドレンにスフィンクスを預ける。
ベリアル
フォレストランドの支配者。性格は卑屈で、利用した者を倒そうとするが、逆に倒すと頭を下げる。エレジーの命により「金のパイ」を作るよう言われて、作れなかったら解任させられる。「金のリンゴパイ」の材料を採集するためにミライにたのむ。『黒の書』では「金のリンゴパイ」が何者かに盗られて取り乱してしまう。
ダハーカ
「まやかしの森」の主。『赤の書』では、「金のリンゴパイ」の材料の1つ「金のタマゴ」を持つ。
ニーズホッグ
「しつげんの森」の主。『赤の書』では、「金のリンゴパイ」の材料の1つ「金のリンゴ」を持つ。
クロークルワッハ
「ようじゅうの森」の主。『赤の書』では、「金のリンゴパイ」の材料の1つ「金のバター」を持つ。
マモン
声 - 石田彰
ファイアーランドの支配者。幼少の時のセツナとミライを知っている。セントラルランドに行くためのメシアのツノ(メシアのヒトミ)を持つが、10万マッカを要求する。

天使達[編集]

ウリエル
声 - 岩崎征実
『黒の書』に登場する天使。鎧を装着して翼が生えている。
ラファエル
『赤の書』に登場する天使。白衣を着て眼鏡を掛けている。
ミカエル
天使達の長。GB版では仲間に加入する時のみ喋るが、PS版では自身がハルマゲドン発動の理由を述べる。

その他のキャラクター[編集]

ベリト
バール三兄弟の次男。赤い馬に乗る剣の達人。ゲームにのみ登場。『黒の書』・『赤の書』だけでなく、『白の書』にも登場した。
フェゴール
バール三兄弟の三男。黒いおまるに乗ったデビル。
謎の女性
サンドランドの墓で出会う女性。その正体は主人公の母である。『黒の書』ではセツナの母になっており、銀髪の女性。『赤の書』ではミライの母になっており、赤髪の女性。

舞台[編集]

地上世界[編集]

原宿
セツナとミライが住んでいる町。

魔界[編集]

アイスランド
雪が降る白い世界。町はジャックフロスト、プチフロスト、イチゴフロストなどのフロスト系で占められている。支配者はヘル。
マーブルランド
岩山が多い世界。デーバ族、シュラ族、ラセツ族による3つの部族が覇権を争っているため支配者がいない。
サンドランド
砂漠に囲まれた世界。支配者はイシス。
フォレストランド
自然豊かな世界。3つ森がありそれぞれの主が存在する。支配者はベリアル。
ファイアーランド
灼熱の世界。この世界に住むデビル達は堕落しており、天使達の攻め込む原因になっている。支配者はマモン。
セントラルランド
大魔王が住む世界。地上で言う都会的な世界。

その他の世界[編集]

ディープホール
悪事を働いたデビルが落ちる世界。強いデビルが多数存在する。
サンクチュアリ
ライトパレスが存在する世界。ライトパレスにはオルゴールルームと呼ばれる物語の鍵を握る部屋がある。

用語[編集]

デビライザー
デビルを呼び出す銃。欠点はキングクラスのデビルを呼び出すことができないこと。アニメに登場したものは形状がソウルハッカーズのGUMPに近いものとなっていた。
キングライザー
キングクラスのデビルも呼び出すことが出来る。デビライザーと違いキングライザーは仲魔を入れる数が少ないが、ダブルチェンバーを入手したらこれを解決できる。
ヴィネコン
小型パソコンで、仲魔のステータスを見たり、現在連れている仲魔の並び替えと別れをすることができる。また、デビダスと呼ばれる図鑑があるが、仲魔にしないと出会ったデビルの詳細が見られない。また、途中で得られるデビホンを接続することで、仲魔を管理するヴィネセンターにアクセスすることや、登録された相手と電話をすることができ、電話の内容によってシナリオが進むことがある。
メシアのヒトミ、メシアのツノ
ノルンのカギを作る必要なアイテム。世界を行き来する道具にもなる。数は7つある。
ノルンのカギ
メシアのヒトミとツノを合体させて作った物。世界を救う鍵になっている。数は7つある。

以下はヒトミ、ツノ、カギの特徴

  • 紫の〜 - 地上に行くことができる。
  • 青い〜 - アイスランドに行くことができる。
  • 金色の〜 - マーブルランドに行くことができる。
  • 白い〜 - サンドランドに行くことができる。
  • 緑の〜 - フォレストランドに行くことができる。
  • 赤い〜 - ファイアーランドに行くことができる。
  • 虹色の〜 - セントラルランドに行くことができる。

脚注[編集]

  1. ^ ファミ通.com / TOP30_2001年3月8日”. ファミ通.com (2001年3月8日). 2013年5月20日閲覧。

外部リンク[編集]