アジ・ダハーカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

アジ・ダハーカ(Aži Dahāka)はゾロアスター教に登場する怪物である。

概要[編集]

名前について、アジは「」という意味だが、ダハーカの意味はよくわかっていない。インド神話の敵対的種族ダーサと同語源であるという説、「人」という意味で「人-蛇」を意味するという説[1]などがある。文献的には『アヴェスター』(前12~6世紀ごろ?)が最古のものだが、図像表現に限るならば紀元前2100~1800年のバクトリアにさかのぼる[2]

比較神話学的には、アジ・ダハーカはインドの蛇の怪物ヴリトラに対応すると考えられている。ヴリトラの別名アヒ(ahi, 蛇)がアジ(aži)と言語学的に対応し、3つの頭という属性が、ヴリトラとセットになって神話に登場するヴィシュヴァルーパに対応するとされる[要出典]

現代では、「アジ・ダハーカ」はペルシア語で「ドラゴン」の意味で使われている[3]

伝承[編集]

アジ・ダハーカは、ゾロアスター教以前の古代ペルシア神話からすでに登場している[3]。3頭3口6目の容姿を持ち[4][3]、頭はそれぞれが苦痛、苦悩、死を表している。その翼は広げると天を隠すほどに巨大である。蛇とドラゴンの両方のイメージを備えた「有翼の龍蛇」だとみなされていた[3]

バビロン(古代メソポタミア地方)にあるとされているクリンタ城に棲むとされている[要出典]。 悪神アンラ・マンユの配下であり[5]、あらゆる悪の根源を成すものとして恐れられた。

神話においては、千の魔法などを駆使して敵対する勢力を苦しめ[6]アフラ・マズダー配下の火の神アータルなどとも激しく戦った[5][6]。 その後、英雄スラエータオナがアジ・ダハーカを退治しようとするが、剣を刺してもそこから爬虫類などの邪悪な生き物が這い出すため、これを殺すことができなかった。そのため最終手段としてダマーヴァンド山の地下深くに幽閉したといわれている。そして、終末の時にこの暗黒竜が解き放たれて人や動物の3分の1を貪ることも、最終的には神話的英雄であるクルサースパに殺されることも、すでに決まっているとされている[7][3]

時代が下ると、アジ・ダハーカの姿は竜から人間に変わっていく。そして、イスラム教化後のイランでは、フェルドウスィーの『シャー・ナーメ』に、両肩から蛇を生やした悪王ザッハークという名前で登場し[5]フェリドゥーン(ゾロアスター教におけるスラエータオナのこと)に退治される。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Martin Schwartz, 1980, Manfred Mayrhofer, Iranisches Personennamenbuch. Band I... (review article), Orientalia (n.s.) 49(1):123-26.
  2. ^ G. Azarpay, 1991, The Snake-Man in the Art of Bronze Age Bactria, Bulletin of the Asia Institute(n.s.) 5: 1-10.
  3. ^ a b c d e ローズ, 松村訳 (2004)、12頁。
  4. ^ 竹原 (1998)、118頁。
  5. ^ a b c 青木 (2013)、31頁。
  6. ^ a b 久保田ら (2002)、114頁。
  7. ^ 久保田ら (2002)、116頁。

参考文献[編集]

関連書籍[編集]

  • 吉村直子 「ヴリトラ龍退治の諸相、及びアジ・ダハーカ (ザッハーク) 退治との比較」 『神話・象徴・図像 3』 篠田知和基、GRMC編集委員会編、楽瑯書院、2013年。全国書誌番号:22345313NCID BB08648880

関連項目[編集]