アジ・ダハーカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アジ・ダハーカAži Dahāka)はゾロアスター教に登場する怪物。

概要[編集]

バビロン(古代メソポタミア地方)にあるとされているクリンタ城に棲む。3頭3口6目の容姿を持ち、竜のような体型をしている。悪神アンラ・マンユの配下であり、あらゆる悪の根源を成すものとして恐れられた。アジは「蛇」という意味だが、ダハーカの意味はよくわかっていない。インド神話の敵対的種族ダーサと同語源であるという説、「人」という意味で「人-蛇」を意味するという説[1]などがある。文献的には『アヴェスター』(前12~6世紀ごろ?)が最古のものだが、図像表現に限るならば紀元前2100~1800年のバクトリアにさかのぼる[2]

神話においては、千の魔法などを駆使して敵対する勢力を苦しめ、アフラ・マズダー配下の火の神アータルなどとも激しく戦った。 その後、英雄スラエータオナがアジ・ダハーカを退治しようとするが、剣を刺してもそこから爬虫類などの邪悪な生き物が這い出すため、これを殺すことができなかった。そのため最終手段としてダマーヴァンド山の地下深くに幽閉したといわれる。

比較神話学的には、アジ・ダハーカはインドの蛇の怪物ヴリトラに対応すると考えられている。ヴリトラの別名アヒ(ahi, 蛇)がアジ(aži)と言語学的に対応し、3つの頭という属性が、ヴリトラとセットになって神話に登場するヴィシュヴァルーパに対応するとされる

元来はゾロアスター教以前の古代ペルシャ神話に登場する人間や家畜を殺す怪物だった。

イスラム教化後のイランでは、フェルドウスィーの『シャー・ナーメ』に悪王ザッハークという名前で登場し、フェリドゥーン(ゾロアスター教におけるスラエータオナのこと)に退治される。

解き放たれた暗黒竜は人、動物の3分の1を貪るという。しかし神話的英雄であるクルサースパに倒され最終的には殺される運命にある。

脚注[編集]

  1. ^ Martin Schwartz, 1980, Manfred Mayrhofer, Iranisches Personennamenbuch. Band I... (review article), Orientalia (n.s.) 49(1):123-26.
  2. ^ G. Azarpay, 1991, The Snake-Man in the Art of Bronze Age Bactria, Bulletin of the Asia Institute(n.s.) 5: 1-10.

参考文献[編集]

  • 竹原威滋・丸山顕徳 『世界の龍の話』 三弥井書店 2002